今回の記事においては、周囲へバレないためのカードローンの申し込み方や使い方などについてまとめています。

自分の周囲の方へ、何らかの事情により知られたくないといった方もいると思います。

そういった多くの方にも、この記事を大いに役立ててもらいたいと願ってやみません。

人それぞれの周囲へバレない・知られたくない理由

個人事業主や零細企業事業者などのような小規模事業者の方の場合には、消費者金融事業者や銀行などが扱う、各種貸付カードローンのサービスによる借り入れなどは資金繰りの面で必須といえる存在であり、周囲へ知られても職業柄、特に恥ずかしい事や不利益などを被ったりするようなことはありません。

ところがそれ以外の、ある程度、基本的に収入が安定をしている方の場合とかでは、職業柄あるいは家柄、地位的事情、家庭的な事情その他、様々な人それぞれの理由といったものが考えられ、それらにより周囲へバレない、あるいは知られたくないなどといった方も多いといった実状があったりします。

基本的にそういったような類の方の場合には、一見すると、どうも自分自身の人前でのメンツなどをあまりにも考え過ぎたりしているような感なども否めませんが、本人としては意外にも、深刻であったりするような心理的状態、あるいはその他の都合なども考えられたりしますので、場合によってはただ事では無いような事態とも受け取れるような面も、大いに考えられます。

しかし、それでもそうだからといっても、自分がカードローンの借り入れをしたりする事を、100%周囲にいる方へ内緒にしたりするような事は、物理的にもほぼ不可能であるといったような現状があります。

そのような実際のあり方などを考えたりしてみても、郵送物などでの利用をした通信手段によるものなどは、一見すると不可避的であるような感じもしないではありません。

この事を考えてみると、そうした物のカタチ以外での、申し込み方法や連絡によるような手段が必要になってくるものと思われます。

そこで、商品を扱う消費者金融事業者や銀行なども、やはりこうした問題を深刻に捉えて、全ての手続きをインターネット上においてのやり取りのみで完了が可能なシステムといったものの開発に、真剣に取り組んだりしているような状況でもあります。

このため、郵送物や電話応対などが不要なうえに、全ての手続きをWEB上で可能な、インターネット申し込みというサービスのコーナーが設けられたりしてはいますが、これについては後の段落で詳しく触れます。

自分自身で可能な、周囲へ知られないようにするための工夫

郵送物が不要なインターネット申し込みのサービスシステムに触れる前に、ここではそれ以外での方法で、周囲にバレないカードローンの扱い方全般について、触れてみます。

経済的あるいはそれ以外の何らかの事情で、パソコンなどでの光ファイバーなどをはじめとする固定電話回線とかの利用が不可能である申し込み希望者や利用者などの方の場合についてですが、これらのケースに該当したりする方の場合には、やはり、どうしても郵送物や電話でのやり取りは回避出来ません。

そうした事を踏まえると、自営業者などの方の場合には、郵送先を自分の事務所宛にして自分以外の人間の目に届かないようにしたりする工夫なども可能かもしれません。しかしこの方法は、事業規模が大きなところなどにおいては困難がありますので、中々大変かもしれません。また、モバイル機器やパソコン上での操作が難しいなどといったような方の場合には、どうしても電話音声や郵便物などの紙面でのやり取りが不可欠になりますので、家族の方や被用者の方などに対して内緒にしたりするような事には困難さを伴います。以上のような限界がありますので、どうしても、インターネット申し込みサービスでない限りは、完全に秘密にしたりする事には無理があるものといえます。

ネット申し込みをフル活用していく方法

2.の段落においても話したように、物理的な方法では100%内緒にしてカードローンの利用や関連するやり取りなどをしていく事は不可能なのは間違いがありません。そこで、先程も話した、各消費者金融事業者や銀行などが、各自に運営をしているインターネット上にある公式サイトでやっている、インターネット申し込みサービスの完結システムについて、今から詳しくこの段落で述べてみます。これは多少、それぞれの公式サイトの運営者である消費者金融事業者や銀行、組合などにより異なりますが、それらの公式サイト上のサイト画面に設置がなされている連絡あるいは申し込み用のフォームから、申し込みのための入力作業などが出来るような仕様になっており、その指示通りに初心者の方でも操作が分かりやすく可能になっています。そこで、全ての関連項目などへの入力を最後まで完了して、そのうえでしばらくの間の時間、借り入れ希望先による審査に入りますので、それまで待機をする事になります。その間の審査による待ち時間なども、最短で30分から1、2時間といった早さですので、本当に驚きです。そのうえ、審査結果なども電話や郵便物などではなくてメールでその日中に送られてくるような仕組みですので、プライバシー保護の面としては大変効果があり、周囲へバレないように手続きを最後まで完結出来ますので、そうした面でとても優れているシステムといえます。そして、無事に審査が通過した場合には、通過通知のメールに表記をされた時間に、自分の口座へ借入金が入金されるといった流れであり、返済も月々口座からの引き落としで済みますので、専用ATMや店舗窓口などへ出向く必要が無く、完全に秘密を守る事が可能です。こうしたインターネット環境を利用した完結システムといったものは、借り入れ自体に関しての秘密を守るという面において大変優れた仕様であり、本当に周囲へ知られたくない願望がある方にとっては、とても大助かりする存在である事には間違いがありません。これからもこのような借り入れのためのシステムは、大いに発達していくものと考えられます。

借り過ぎなどに注意をする配慮

自分自身と借入先あるいは借り入れ希望先である金融業者や銀行、組合などとのみとのやり取りが出来るといった点で、自分に近い方に対して知られたくない秘密を守れるといったメリットがある事になりますが、決してこれで安心できるものとはいえません。今度はその借入先や借り入れ希望先などが恣意的に、申し込みをした利用者本人に対して、例えば増額による50万円以上の金額での貸付けであるのにも関わらず、最初の18%の金利のまま貸し付けをしてくる恐れなども考えられます。これなどはそこの借入先等が最初からの金利設定をイイことに、最初の設定のままの金利分のお金を取るための明らかに違法な利得行為ですので、利息制限法や貸金業法などの規定に違反をする行為に該当します。こうした様相を借入先等が見せたりし始めた場合には、なるだけ早いうちに、弁護士や司法書士の先生が運営をしている法律事務所などへの相談を行い、調停などが可能であるかについての確認をする事をオススメします。たとえ、インターネット上のみでのやり取りのトラブルでも、それらの法律の専門家の先生であれば、十分に取り上げてくれますので、安心して相談申し込みが可能です。ただし、相談の際には同じように困っている相談者の方などもいたりしますので、順番は慌てずに、必ず守る事が原則です。そして、それらの弁護士や司法書士の先生ばかりに任せきりにせずに、進んで他にも協力者を集めながら、それらの方々や先生方との協力をし合いながら、全員団結で調停の準備などに備えたりしていく事が、とても大事です。やはり、相談者である利用者本人が借り始めたお金に関しての問題ですので、幾ら今話した法律家の先生方などがいたりしても、他人事とは決して考えずに苦しいかもしれませんが、協力をし合いながら解決を目指していくやり方がベストである事は間違いがありません。

これからのプライバシー保護のあり方

やはり思うに、先程も話したインターネット上のみでの完結システムは、身近にいる方に対しての秘密を守るという面においてはとても優れた申し込みシステムの機能であると考えます。

ただ、これは先程の4.の段落でも話したように、利用者本人と貸主である金融業者や銀行、組合などとの2当事者間のみでのやり取りといったような構図になり、貸主側の体質が悪どいところなどであったりしたような場合には、何らかの問題が起きたりするような可能性は、決して否定は出来ません。

そのような点からしても、完全に安全なシステムとは言えない面がある事がわかります。

こうしたケースなどについて考えてみると、やはり自分の借金に関しての情報を身近な方にまで秘密にしておく事自体は、危険な面があるような感じもします。

身近にいる方が相談やアドバイスなどに乗る事により、インターネット上での検索結果のみでは解決が困難な問題などにも対応が可能な情報を手に入れたり出来るような可能性なども大いにありますので、そうした面を考えてみたりすると、借金に関しての事を周囲へ秘密にしたりする事自体には限度がある程度あるものと思われます。

ここでは我を張らずに、やはり正直に家族や信頼できる部下や上司、同僚、知人などへ借金に関しての事を話して、安心感や危機感などをバランスよく伝えながら、注意を喚起したりしてもらえる環境を作っておいた方が良いような感じがします。

人間、所詮は一人きりでは生きてはいけませんので、借金自体も生きる手助けのためにある存在であり、正しく用いれば役に立つ存在です。

それをそうしていくためにも、秘密にしていく限度も必要かもしれません。

まとめ

以上で、カードローンの申し込みや利用をしたりする際に、周囲へバレないような方法や手段その他に関しての各内容についてまとめてみました。

ただ、家族やその他の近い周囲の方へバレないカードローンの利用や申し込みなどといった考え方自体、やはり借金の事を自分だけで抱えてしまうような傾向が否定できません。

そうした面でも、自分の力の限界といったものについて理解をしておく事が、とても大切です。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事