カードローンの利率って?【クレジットカードキャッシングはお得?】

消費者金融や銀行系カードローンを利用すれば、誰しも利率について必ず考える必要があると思います。

しかし、そもそも利率について詳しくない方がほとんどではないでしょうか?

利率の数字を見ただけで抵抗感を持ち、考えることが面倒臭く感じる方も少なくないはずです。

とはいえ

利率 = 金利

と考えれば少しわかりやすくなるかもしれません。

金利14%とか金利18%とか見たことがあるはずです。

例えば金利18%(実質年率)で10万円借りた場合、一年後は18,000円の金利が発生します。

クレジットカードの利率は高い低い?

shutterstock_104222321

クレジットカードの利率は各社横並びではありません。

基本的に利率は、審査や借入限度額に応じて変化しますが、固定した利率を採用している場合もあります。

気にするべきポイントは最高利率が何%であるかといった点です。

利率18%20%であれば2%の差が生じ、返済期間が長引けば長引くだけ多くの金額を返済しなければなりません。

ただ正直なところ、クレジットカードの利率は大手消費者金融と大差ありません。

クレジットカードのキャッシング枠を利用することが悪いとは言いませんが、利率の面に関して言えばあまりオススメはできません。

消費者金融のカードローンの利率は高い低い?

shutterstock_78831493

消費者金融のカードローンの利率は各社異なりますが、基本的に低くありません。

利率の面に関して言えば、消費者金融のカードローンはあまりオススメできません。

ただし消費者金融のカードローンは他の点でメリットがあります。

例えば、

無利息期間サービス

を提供している消費者金融は珍しくなく、この期間内に全額返済すれば、利率は存在していないのと同然です。

また全額返済できなくても、期間内に利率は発生しませんのでお得になります。

銀行系カードローンの利率は高い低い?

shutterstock_227549692

銀行系カードローンの利率もやはり各社異なりますが、基本的に利率は低く設定されていることが大半です。

つまり金利面に関して言えば、銀行系カードローンは大変おすすめできます。

ただし銀行系カードローンは利率が低い反面デメリットもあります。

例えば、審査に通過することが難しいようですし、場合によってはその銀行の口座を所有していなければ審査を受けられないこともあるようです。

といえど、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですし、利用できるのであれば最優先して利用するべきでしょう。

各カードの利率のまとめ

shutterstock_146395343

基本的に利率は金利と同じ意味だと考えて頂いて大丈夫です。

そして上記に説明してきた通り、各カードに応じてメリットやデメリットがあります。

ただ利率を低く抑えたい場合の優先順位は、

銀行系カードローン > 消費者金融のカードローン(無利息期間サービスがある場合)> クレジットカード

といった感じになります。

あくまでこの優先順位は利率に限定した話で、あらゆる側面に応じて自身の最も利用するべきカードを選ぶ必要があるでしょう。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)