人生大逆転を目指す金儲けの方法とは?【借金地獄から脱出・抜け出したい!】

カイジのように人生を逆転する手段はある!

借金地獄

「カイジ」とは、アニメ化や映画化されたマンガです。

あらすじを簡単に紹介すると、主人公の青年、伊藤カイジが、とあるきっかけで膨大な借金を背負うことになります。

この膨大な借金を返済するために、さまざまなギャンブルにチャレンジをしていくというストーリーです。

もちろん「カイジ」はフィクションですが、一攫千金を目指してギャンブルにチャレンジし、カイジのように成功する可能性は、もちろんあります。

しかしながら、本来は、毎日コツコツ働いた対価として得ることができるのがお金です。

手にできる金額は、働いた時間や仕事の内容によって違いはありますが、基本的には、仕事を続けて、賃金を毎月もらうことでお金は少しずつ増えていくものだと考えてください。

とても優れた技術やだれもが考えつかないような知恵などを持ち合わせていない人間が、大金をわずかな期間で手にしようと思えば、ギャンブルにチャレンジするしか方法はないと言えます。

自分が今まで積みあげてきた財産や自分の人生全てを賭けることで、莫大な利益を手に入れることは不可能とは言えません。

この記事の目次

人生を逆転に導くためには

借金地獄

借金で首が回らなくなってしまってから、人生を逆転へ導くためには、以下の手段があります。

人生を逆転に導く手段

  1. 10万円程度のお金をどうにかして用意する。
  2. 確実に儲かりそうなギャンブルを見定め、勝負する。
  3. 30万円から50万円程度まで、手持ち財産が増える
  4. 一攫千金が可能なギャンブルに、手持ち財産を賭け勝負する。
  5. ギャンブルに勝ち、手持ち財産が、1,000万円から1億円になる。

簡単に書くことはできますが、実際に、ギャンブルに勝って大金を手にするのは、とても困難なことであり、この通りにいくことは、極めてまれであるかもしれません。

しかしながら、チャレンジする資金があるのならば、最後まで諦めないことが、勝機につながると言えます。

まずは、資金を準備する

借金を返済するのに四苦八苦している状況であったとしても、どうにかして勝負するための資金を準備しましょう。

勝負に充てる資金は、多い方がもちろん良いのですが、金額の多さよりもいかに早く準備できるかが重要になります。

その他のことは、とりあえず、一旦は、考えないようにしておきましょう。

現実的な資金を準備する方法を3つ紹介します。

資金を準備する方法

  • 身の回りにあるモノをとりあえず販売する。
  • 親戚や友人を頼る。
  • カードローンで借り入れをする。

順番に見ていきましょう。

身の回りにあるモノをとりあえず販売する

後々の生活に支障をきたすモノ以外は、販売しましょう。

販売が可能な方法は、大別すると2種類あります。

ひとつは、フリマアプリ。

もうひとつが、リサイクルショップです。

フリマアプリのメリットは、比較的に高く販売ができることがあげられます。

デメリットとしては、比較的に販売するまでに時間を要することがあげられます。

リサイクルショップは、時間をかけずに販売することができるメリットがありますが、あまり高く販売できないというデメリットがあります。

ですから、早く資金を準備するためには、リサイクルショップを利用しましょう。

無くなったら生活に困る以外のモノは、全てリサイクルショップに持ち込みましょう。

自分では、二束三文だと思っていたモノが以外と高く販売できることがありますので、自分でゴミと決めつけないようにしてください。

親戚や友人を頼る

お金を親戚や友人から借りるのであれば、今まで培ってきた信頼関係があるので、話の持って行き方によっては、金利無しで借りることが、十分に可能です。

しかしながら、二つ返事ですんなりと貸してくれるとは思わない方が良いですが、お金を貸すのが商売である貸金業者とは違い、情に訴えれば、借りられる確率は高くなると考えることができます。

万が一、借りたお金を返すことができなければ、迷惑をかけてしまうことになりますが、そのようなことを考える余裕はないでしょう。

頼れる親戚や友人には、手当たり次第に頼んでみましょう。

カードローンで借り入れをする

  • 「モノを販売してもたいした金額にならなかった」
  • 「販売できるモノがない」
  • 「親戚や友人には頼みにくい」

などであれば、カードローンを利用してお金の借り入れを行いましょう。

一口でカードローンと言っても、さまざまな種類があります。

今回のように、資金を準備するための借り入れを行うのであれば、おすすめは消費者金融です。

今までに、借金をしたことがない方でしたら、消費者金融の大手に申し込みを行えば、その日のうちにお金を借り入れことが可能です。

すでに他社から借り入れを行っている場合でしたら、大手の消費者金融よりは、規模が小さい消費者金融の方が、借り入れができる確率は高いと言えます。

初めての借り入れであれば、消費者金融の大手へ

借金地獄

今までにカードローンでお金の借り入れを行ったことがない方が借り入れをするのであれば、消費者金融の大手であっても融資の審査に通る確率は高いのではないでしょうか。

消費者金融の大手の中でもおすすめなのが、他社と比較して、ずば抜けて早い融資スピードを誇るプロミスです。

即日融資に最適なのがプロミスのカードローンです。最短30分で審査が完了しますし、申し込みをWEBで行えば、必要な資金を準備するのにかかる時間は、最短1時間です。

プロミスのカードローンは、土日祝でも即日融資の申し込みは可能ですし、午後10時までの契約であれば対応してくれます。

このように、プロミスのカードローンは、即日融資に柔軟に対応してくれますので、急遽、お金が必要になったときにも安心して頼ることができる消費者金融です。

(ただし、お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

すでに借り入れをしている方は中小の消費者金融の方が借り入れがしやすい

現在借り入れを複数の金融機関から行っているのであれば、カードローンの審査に通りにくい傾向にあると言えます。

また、「返済が遅れてしまった」などのトラブルがあった場合は、さらに消費者金融の大手での審査は通りにくくなると言えます。

しかしながら、中小の消費者金融であれば、審査が消費者金融の大手と比べると緩い会社が多々ありますので、必要な資金を準備できる可能性は十分にあります。

中小の消費者金融の代表的な会社は、フクホー・アロー・エニーなどがあげられます。

闇金とは関わらない

中小の消費者金融は、数多くありますので、闇金が紛れている可能性は否定できません。

審査が緩いという点では、中小の消費者金融と闇金融に違いはありませんが、闇金融からの借り入れは絶対にしてはいけません。

法外な利子がかかってきますし、取り立てに情け容赦がありませんし、反社会的勢力とのつながりがあるところもありますので、自分の身の安全を守るためには、闇金融と関わることはやめておきましょう。

資金が準備できたら、ギャンブルで勝負!

治安が良いことで有名な日本ですが、賭博大国と認識している方は少ないのではないでしょうか。

合法のギャンブルだけではなく、非合法のギャンブルがありますし、インターネットの発達により海外のギャンブルにチャレンジすることも可能です。

チャレンジするギャンブルは還元率の高さで決める

ギャンブルで重視しなければいけないのが、還元率です。

還元率とは、ギャンブルに参加している人達が賭けた金額のうち、勝った人達で分配する金額の割合のことです。

具体的な数字で見るとわかりやすいと思います。あるギャンブルに100人が参加し、賭け金の総額が10,000円です。

このギャンブルに勝ったのが、6人で、1人あたり1,000円の配当がありました。

この場合は、10,000円に対して、6,000円の配当なので、還元率は6,000÷10,000=0.6

つまり60パーセントとなります。残りの4,000円は、胴元の利益です。

還元率の高いギャンブルの方がユーザーにとっては、高い利益を得ることができます。

日本でできるギャンブルは種類が豊富

大きく3種類に分類できるギャンブルですが、その中でも細分化ができます。

それぞれの種類について、紹介します。

安心してチャレンジできるのが合法ギャンブル

運営しているのが国である国営ギャンブルは、リスクは他のギャンブルに比べて低いと言えます。

運が全ての宝くじ!おすすめはできません

一攫千金といえば、宝くじと答える方は多いと思いますが、宝くじで利益を出すために必要なのは、運だけです。

しかも、とてつもない強運がなければ、一攫千金とはなりません。

100%運がものをいうのが公営くじです。

公営くじは、宝くじとスポーツ振興くじの2種類に大きく分類できます。

宝くじには、数字を当てるナンバーズやロトなどがあります。

スポーツ振興くじは、サッカーの勝敗や得点の予想をするtotoやBIGなどがあります。

一口300円と手軽に購入できる種類があるので、ギャンブル初心者でもチャレンジしやすいギャンブルだと言えます。

さらに、キャリーオーバーという制度が宝くじにはあります。キャリーオーバーは、だれも一等を当てることができなかったときに、その当選金額を次回の当選金額に上乗せすることです。

しかしながら、上限は決まっているので、青天井で当選金額が上がっていく訳ではありません。

宝くじにチャレンジするのであれば、キャリーオーバーが発生しているときが狙い目です。

しかしながら、気になるのは、宝くじの一等の当選確率です。どれくらいの当選確率があるのでしょう。

数億円もの最高当選金額が設定されているが当選確率の低い宝くじ

主な宝くじの一等の当選確率を一覧表にすると一目瞭然です。宝くじの一等の当選確率は、とても低いです。

数字だけ見ても、いまいち実感できない方は、こちらのサイトを見てもらうと宝くじがいかに当選しにくいのかが体験できます。

公営くじは、お金を増やす手段というよりは、夢を買っていると考えておくのがベターです。

宝くじで夢を見たいのであれば縦バラで購入しよう!

宝くじは、購入方法を工夫するだけで、当選確率を少しでも上げることが可能です。

宝くじの購入方法は、「バラ」と「連番」がありますが、「バラ」は、組がバラバラで、数字が続いていない購入方法ですが、連番に比べて、一等か前後賞の当選確率は2.5倍高くなるといわれています。

「連番」は、同じ組で、数字が連続している購入方法ですが、バラに比べて、一等・前後賞に当選したときには、2.5倍当選金額が高くなるといわれています。

理論上は、バラと連番に当選確率の差はありません。

宝くじを購入するのであれば、もっともおすすめの購入方法は、バラと連番のメリットを活かした「縦バラ」です。

縦バラとは、3連続している数字を複数組み合わせた購入方法です。

縦バラで購入すれば、一等が当選したときには、前後賞のどちらか一方には、確実に当選していますし、前後賞の両方に当選することも可能です。

大きな宝くじ売り場であれば、「縦バラで」と言えば購入できますが、小さい店舗だと購入できない場合もあります。

賭け金によって可能性が広がる公営競技

法律により施行が許可された地方公共団体や特殊法人が運営しているのが公営競技であり、大きくわけると

  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース

の4種類あります。

公営ギャンブルは、真剣勝負を繰り広げている人や馬の順位を当てるので、宝くじのように運が全てという訳ではありません。

選手の今までの実績や持ちタイム、コースとの相性など過去のさまざまなデータを分析して、着順を予想することができるからです。

また、公営ギャンブルは宝くじのように、当選金額は決まっていません。

賭け金に応じて当たったときにもらえる金額が変動する配当金システムがとられています。

配当金とは、賭け金100円に対して当選時に払い戻される金額のことです。

一例をあげると、配当金500円の馬券を1,000円購入し当選したら、配当金は、5,000円となります。

計算式は

1,000円 ÷ 100円 × 500円 = 5,000円

となります。

このとき、10,000円購入していれば、配当金は、50,000円となります。賭け金が多ければ、配当金も増えるのです。

パリミュチュエル方式の公営競技

公営競技が採用しているパリミュチュエル方式は、胴元は損をしない方式です。

そのレースに賭けられた全ての賭け金から、運営に要した経費などを一定の割合で控除し、賭け金の残りを当選数に応じて分配するのがパリミュチュエル方式です。

ですから、賭け金が多くなれば、胴元に入る金額も多くなります。

また、賭けている人が多い、人気のある券は、当選しても配当は少なくなり、賭けている人が少ない、人気のない券で当選すると高額な配当になります。

人気のない選手を狙いうちして当選すれば、意外と高額な配当を手にできることがあります。

締め切り間際に馬券は購入する方が良い!

公営競技で、表示されている配当金は、購入者の増減によって変動します。

購入するときは、そこそこの配当金であったとしても、その後で、同じ券を購入する人が増えると配当金は下がってしまいます。

実際に表示されているのは、配当金額ではなく、オッズで表示されています。

オッズは、100円で購入した券が当選したら、何倍になって払い戻されるのかを表示しています。

オッズが、12.5 と表示されている券は、賭け金の12.5倍の金額が払い戻されます。

賭け金が100円だと1,250円、1,000円だと12,500円となります。

このオッズは、同じ券を購入する人が増えると下がるので、自分が購入したときには、12.5倍であったとしても、実際にレースが終わったら7.8倍だったなどはよくありますので、可能な限り締め切り直前まで、他の人の動向を注視していれば、賭け金を増やしたり減らしたりする戦略をとることも可能です。

一攫千金はできないパチンコ

パチンコで大金を稼ぐには、何日にもわたり勝ち続けなければならないのでハードルはかなり高いと言えます。

パチンコの還元率は高めに設定されていますが、これは来てくれたお客様をすぐに帰らせてないために少額の当たりを出すための設定です。

パチンコで一攫千金を目指すのは、やめておいた方が良いでしょう。

合法とも違法とも言えないグレーゾーンギャンブルって?

日本は、インターネット関連の法律は整備されていない点が多く、海外のサイトへアクセスして行うギャンブルは認められていませんが、禁止もされていません。

ですから、合法と断言はできませんが、違法でもないのです。今のところは、逮捕された事例もありませんので、今なら海外のギャンブルに手を出すことができます。

オンラインカジノの最大の魅力はジャックポット!

パソコンやスマートフォンを通してオンラインでチャレンジできるのが、オンラインカジノです。オンラインカジノのユーザーは世界中にいます。

オンラインカジノの最大の魅力と言えるのが、ジャックポットです。

ジャックポットとは、そのゲームにチャレンジすればするほど賞金がプールされていき、設定された当たり役が出たときに、当たり役を引いた人が全てプールされた賞金を手に入れることができるシステムです。

キャリーオーバーに近いシステムですが、最大の違いは、ジャックポットの賞金は青天井なのです。

当たり役が出るまで制限なく賞金は積みあがっていきます。ジャックポットの最高当選金額は、1,700万ユーロ、当選時のレート換算だと、日本円で約24億円でした。これぞ一攫千金と言えます。

最高当選金額5億円の宝くじでは足元にも及びません。

しかしながら、1点注意が必要です。常にジャックポットになっている訳ではないのです。

ランダムでジャックポットステージが出現するので、ジャックポットステージに突入するまでは、当たり役を引いても通常の当選金額です。

さまざまな楽しみがあるブックメーカー!

ブックメーカーは、世界の色々な出来事を賭けの対象にしている会社です。

賭けの対象になるのは、野球やサッカー、テニスなどのスポーツから、ある国の大統領選挙、有名人夫婦の離婚、天気まで、さまざまな事柄が賭けの対象になっています。

一般的なのはスポーツです。自分が詳しい競技の賭けに参加すれば、勝率を上げることは、十分に可能です。

さらに、賭けの対象になるのは、試合の勝敗だけではありません。試合内容に関する事柄に対しての賭けもあります。

野球を例にして説明します。試合の勝敗はもちろんですが、どれだけの点数が入るか、何本のホームランが出るかなども賭けの対象になります。

ユーザーにとって、これほど色んな楽しみ方ができるギャンブルは他にはないでしょう。

ブックメーカーで賭けるタイミングは、試合が始まる前だけではありません。試合途中に賭けることもできます。

試合中は賭けの受付終了時間が表示していますので、時間内であれば、どのタイミングでも賭けることが可能です。

倍率は、常に変動していますが、試合前でも試合途中でも自分が賭けたタイミングでの倍率が適用されます。

試合途中に賭けるときは、倍率がめまぐるしく変動しますので、賭けるタイミングを逃さないようにしてください。

ブックメーカーのオッズを決めるのはブックメーカー

ブックメーカーのオッズは、ブックメーカー側が設定しています。

賭ける人が増えてもオッズは変動しない、相対取引です。ブックメーカーVSプレイヤーの図式になります。

ブックメーカーで高額配当を手にできるマルチベット

ブックメーカーは、賭けるタイミングが2種類ある以外に、賭け方も2種類あります。

1つのオッズにだけ賭けるシングルベットとまとめて複数のオッズに賭けるマルチベットです。

マルチベットの方がシングルベットよりも当てるのは難しいですが、当たったときの配当は高額になります。

2014年10月に日本人がマルチベットで的中させ1億円以上の高額配当を手にしています。

この日本人は、100ポンド(約18,000円)をサッカーのプレミアリーグ8試合に賭け、全て的中させ、手にした配当金は、約1億2,000万円でした。

複数の試合結果を的中させるのは、困難を極めますが、今までの対戦成績やチームの状態、ホームやアウェーでの勝率などを分析すれば、的中率をあげることは可能です。

投資関係はハイリスク・ハイリターンのギャンブル

投資関係のギャンブルは、金融の知識はもちろん、政治・経済の知識や動向を読み解く力が必要であり、素人が手を出すには、少し怖い面があると言えます。

各国の通貨を売買して、差額が利益となる金融商品がFXです。FXの基本的なフローは、以下となります。

  • 1ドル=100円のタイミングで1,000円支払い10ドルを購入する。
  • ドルが値上がりして、1ドル=110円となる(円安ドル高)
  • 10ドル売却して、1,100円を受け取る。100円の利益を得る。

これだけ見れば、FXはとても単純に思えますが、世界情勢の動向や各国の経済状況の変化に応じて、各通貨が上がったり下がったりするので、その変化を感じ取る力量や豊富な金融商品の知識がないと負け続けてしまうことになりかねません。

さらに、FXには、レバレッジを掛けることができます。レバレッジとは「てこ」を意味する言葉ですが、少ない金額しか持っていなくても、レバレッジを掛けた分だけの金額で取引することが可能です。

日本国内では、最大25倍のレバレッジまでしか掛けることができませんが、海外なら、最大3,000倍のレバレッジを掛けることができます。25倍のレバレッジを掛けたケースを例にして説明します。

  • 1ドル=100円のタイミングで、10,000ドルを購入するには、1,000,000円が必要です。

100×10,000=1,000,000

  • 25倍のレバレッジを掛けると40,000円が1,000,000円の価値を持つことになります。

25×40,000=1,000,000

  • 40,000円を支払い10,000ドル購入。
  • 1ドル=101円に値上がりする。
  • 10,000ドルを売却すれば、1,010,000円が本来であれば、手に入るが、1,000,000円は、40,000円に25倍のレバレッジを掛けていたので、1,010,000円-1,000,000円=10,000円が利益となり、元手の40,000円と合わせて50,000円が手元に返ってくる。

ドルの価値が下がったケース

  • 1ドル=99円に値下がりする(円高ドル安)
  • 10,000ドルを売却すれば、990,000円となり、10,000円のマイナスが発生する。この10,000円のマイナスは、元手の40,000円から差し引かれるので、手元に返ってくるのは30,000円となる。

40,000円の元手に25倍のレバレッジを掛けているだけでも、1円の変動で、10,000円の利益か損が発生します。

レバレッジが高くなるにつれ、利益や損の額も高くなります。ハイレバレッジでと取引は、ハイリスクを背負うことになりますが、うまくいけばハイリターンが望めます。

実際に、FXで数十億もの利益を出している方がいる一方で、一晩で財産を全て失ってしまう人や多額の借金を背負うことになった人もいますので、FXに手を出すのであれば、しっかりと勉強をしてからの方が安全です。

取り組みやすいのはバイナリーオプション

この先、相場が上がっているか下がっているかを当てるのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、少ない金額で始めることができますし、わかりやすいルールなので、取り組みやすい投資関係のギャンブルです。

しかしながら、バイナリーオプションでは、外れると賭け金が一切返ってきません。

また、配当金は、あまり高額ではないので、一攫千金を目指すには、不向きだと言えます。

ブックメーカーが一押しです!

一押しのギャンブルは、ブックメーカーです。

理由としては、まずは、還元率が95%もある点があげられます。

そして、

  • 賭けの対象や賭け方、賭けるタイミングを自分で選ぶことができる
  • 一気に大金を手に入れるために高額配当を狙うことも、コツコツと稼いでいく少額配当を狙うことも可能
  • 負けたとしても賭け金を失うだけで、負けたからといって借金を背負うことはない

などがあげられます。

最初は、試合の勝敗予想にだけ賭けて、資金に余裕が出てくれば、しっかりと分析を行ったうえで、マルチベットにチャレンジすることをおすすめします。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です