無料で簡単!送金アプリKyash(キャッシュ)割り勘や集金にも便利に使える!

送金アプリってご存知ですか?

筆者はつい最近まで知りませんでした。

職場でちょっと小銭を集めてお茶菓子を買いに行く、今度退職するあの人へ気持の品を買うので集金します、みんなで行く月に一度のランチ会…こういうシーン、よく見かける光景ですね。

予めわかっていたとしても、その為にお金を用意するのって意外と面倒なものです。小銭が絡むと特に…。

そういう時に便利なのが、この送金アプリKyash(キャッシュ)!

なんと手数料無料でやりとりが出来る上に、ツイッターやラインなどを経由してやり取りすることも可能という何とも便利なこのアプリ。活用するしかない!

まずはインストール

非常に便利なアプリですが、まだ出たばかりの新作アプリなので対応しているOSはiOSだけなんです…。

Androidも追ってリリースされると思うので、アンドロイドユーザーの方は暫くお待ちください。

互換性: iOS 9.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

言語: 日本語、ドイツ語、簡体字中国語、英語

AppStoreからKyash(キャッシュ)を検索します。

もし検索結果に出てこない場合は、画面上部のタブの「iphoneのみ」を選択すると出てくると思います。

アプリを見つけたら、インストールをしてください。

それほど時間はかからずに出来ると思いますが、通信費が勿体ないのでwifi環境がある方はwifiを推奨します。

始め方

アプリを起動して、まずは会員登録!

「Facebookで登録」と「メールアドレスで登録」が選べます。

Facebookがある人はそのアカウントで登録してもいいですし、あまり色々なアプリと連携したくないという人などはメールアドレスで登録を選択して良いと思います。

「メールアドレスで登録」を進んだ画面です。

名前やパスワードなどの情報を入力します。

名前は偽名やニックネームではなく本名を正確に入力しましょう。

次に携帯の電話番号を入力します。

電話番号を登録すると確認のSNSが送られてきます。

きちんと本人確認が取れるので安心ですね。

届いた認証番号を再度画面に入力して次へ進みます。

最後にIDを決定します。

これはニックネームでも可。検索で友達に見つけてもらえたりします。

登録後にも変更可能なので、迷ったら普段呼ばれているあだ名にでもしておきましょう。

これだけでKyash(キャッシュ)を開始することが出来ます。

思ったより簡単で早かった!

画面もシンプルで操作しやすそうです。

安心安全なのか?

手数料も無料だし、こんなに簡単に送金や請求が出来るなんて…安全面では大丈夫なの?そう心配する人も多いと思います。

Kyash(キャッシュ)が安心安全を宣言しているのはなぜか、ちょっと見てみましょう。

国際セキュリティ規格PCI DSSに完全準拠している。

PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard)とは、カード会員情報の保護を目的として国際ペイメントブランド5社(アメリカンエキスプレス、Discover、JCB、マスターカード、VISA)が共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準です。

個人情報保護認証TRUSTeを取得。

個人情報保護法よりも高い基準で個人のプライバシーを保護。

その他にも、機能面では指紋認証や端末とは別に設定できるパスコードによって更に安全に利用できるようになっている。

Kyashカードとは?

Kyashカードは、国際ブランド付きのバーチャルカードとして利用できる。

Kyash(キャッシュ)を利用して受け取ったお金は、Kyashカードを通じて世界中のVisa加盟店でショッピングに利用することが出来る。

登録カード(VisaまたはMastercardブランドのクレジットカード、デビットカード、Vプリカ)が有効であれば、アカウントに残高がなくても送金やショッピングの利用が可能。

ただし、キャッシングの利用は不可なので注意しよう。

利用限度額

Kyashカードについては、月間12万円以下、有効期間内では100万円以下の利用上限がある。

また、一度に送金・請求できる人数は5人までと決まっているので、それ以上の人数とやりとりする場合は数回にわけて送金・請求を行う必要がある。

手数料は完全無料

Kyash(キャッシュ)は完全無料の送金アプリ!

送金もショッピングも手数料無料で利用できる。

Kyashカードも年会費や入会費などを含む費用は一切かからない。

なぜ無料なのか?

Kyashカードでお買い物をすると、Visa加盟店からカード発行会社(Kyash)にカード決済手数料が支払われる仕組みになっている。

また、送金と決済のシステムを独自に開発することで、ユーザーから手数料を徴収しない運用を可能にしている。

クレジットカードがないと使えないか?

クレジットカードを持っていない場合、コンビニなどで販売しているVプリカ、VisaまたはMastercardブランドのデビットカードを利用することも可能。

デビットカードは、銀行口座の開設があれば簡単に発行することが出来るので、自分が利用している銀行へ問い合わせてみよう。

未成年の利用

Kyash(キャッシュ)は16歳以上なら誰でも利用することが出来る。ただし、未成年は保護者の同意が必要となる。

便利な反面、利用者側の利用方法にモラルが求められるので悪用されないように十分注意しよう。

Kyash(キャッシュ)未登録の人への請求方法

Kyashのアプリを持っていない人にも請求することが出来るのがKyash(キャッシュ)の凄いところ!

メールアドレス、電話番号、周辺を探す、QRコード、SNSからアカウントを追加することが可能。

(※依頼された人が実際に送金を行うにはKyashへの登録が必要。Kyash未登録の人があなたの招待コードを利用して新規登録するとお互いに300円が貰えるので是非利用しよう!)

また、TwitterユーザーやLINEユーザーにも送金または請求をすることが出来る!

利用している人も多いSNSなので、これは非常に便利ですね♪

まとめ

最初は不安だった送金アプリ。

でも、こうして色々知っていくと物凄く便利なアプリなのがわかりました。

時代はここまで来たのか…という感じですが、やはり利用する側のモラルが問われる面もあると思います。

未成年の方の利用にはやはり心配がつきもの…クレジットカードではなくVプリカを使うなどである程度限度額が決められるのも良いですね。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)