カードローンブラックでも借りれる?【審査通過方法まとめ】

カードローンブラック

この記事では、過去に

  • 返済の支払いが滞った
  • 債務整理
  • 自己破産

といったような理由からブラック認定されてしまい、信用情報機関に異動情報(事故情報)として記録されてしまっているので、

「カードローンの審査にが通らない!」

「でも、どうしてもお金が今スグ必要だ!」

といった方に向けて、

  • ブラックリストに載っている方
  • 金融事故者

であってもお金が借りられる方法について解説していきます。

100%間違いなく借りられるカードローンの情報についてもご紹介していきますので、最後まで目を通してくださいね。

カードローンの審査では信用情報が重視される

カードローンブラック

消費者金融や銀行系カードローン問わず、カードローンの審査では信用情報に記録されている情報が非常に重視されています。

結論からいうと、

銀行系カードローンの場合

銀行系カードローンの場合は、

  • 延滞
  • 滞納履歴

等があると、ほぼ間違いなくなく審査落ちします。

例外なく、確実に審査に落ちるといえるでしょう。

消費者金融系カードローンの場合

一方で、一部の消費者金融では、ブラックリストに名前が掲載されていてもお金を借りることができます。

ブラックでも借りれるカードローン業者の特徴は?

カードローンブラック

ブラックでもお金を貸してくれるカードローン業者の特徴はなんなのでしょうか?

現在志向を重視

ブラックでもお金が借りれるカードローン業者は審査の際に、「現在志向」を重視する傾向があります。

過去の過ち=事故歴を足きり(審査落ち)

の対象と扱っていないカードローン会社に申込みをすれば、審査通過率は極めて高まるでしょう。

しかし、残念ながら銀行系カードローンやほとんどの消費者金融は、過去の過ち(異動情報)を審査する上で重視する傾向にあります。

ブラックリストとは?

カードローンブラック

ブラックリスト、つまり金融事故者の過去の

  • 延滞
  • 債務整理
  • 自己破産

といった過ちは、シー・アイ・シー(日本信用情報機構)には5年間記録が残ってしまいます。

全国銀行個人情報情報センターでは、官報情報が破産・民事再生手続きの開始決定より10年間記録されます。

銀行系カードローンのブラック審査

銀行系カードローンは、審査を行う際に、

  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

の3つの機関を必ず照会します。

そして過去の事故情報があるかどうかを審査し、事故情報が見つかった場合、必ず落とします。

したがって、自己破産をしてしまった人は、最低10年間は銀行系カードローンを利用できないと言えるでしょう。

消費者金融のブラック審査

また、一部の消費者金融系でも、

  • シーアイシー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)

を照会します。銀行系カードローンと同様に、事故情報があると審査に落とします。

今現在、延滞や滞納がない人でも移動情報があるだけで、審査落ちしてしまいます。

したがって、事故歴のある方は、信用情報の回復を待ってから、申し込みを行ってください。

過去の過ちを重視しないカードローン会社って?

カードローンブラック

ブラックリストに掲載されていても、お金を借りられる可能性があるカードローン会社はアコムのACカードです。

アコムのACカードの特徴として、

  1. 無職ではなく、何かしらの定職に就いている
  2. 信用情報に異動情報が記録されていても延滞が解消されている。もしくは、債務整理を行ったものの、整理先にアコムが含まれていない。また、延滞先にアコムが含まれていない。

といった点が挙げられます。

アコムACカードであれば、どんな人でも絶対に借りられるとは断言できませんが、審査通過の可能性は十分に見込めるのではないでしょうか?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)