キャッシングの申し込みで必要なものは基本的に2種類

キャッシングの申し込みをすると言っても、手ぶらでできるわけではありません。貸し手としては信用できるかどうかを審査していく必要があります。この審査の際に必要なものとして身分証明書と収入証明書となります。この2つがあれば基本的に申し込みをしていくことはできるので、問題がなければそのままキャッシングをしていくことはできるでしょう。ただ、人によってはこの書類があってもキャッシングができないケースはあるので、書類があれば絶対に借りれるというわけではない点に注意が必要です。

キャッシングの申し込みで必要なものとしての「身分証明書」

キャッシングの申し込みに絶対必要なものとして身分証明書があります。これは一般的には運転免許証で十分でしょう。ただ引越しをした等のことで住所の書き換えができていない場合には、健康保険証や住民票のほうがスムーズにいきます。これらを用意している時間がないという場合には公共料金の支払いの際に出てくる領収書等で対応していける場合もあります。(公共料金等の領収書の場合、運転免許証とのセットが基本であり、また場合によっては認められないこともあると認識しておくことが必要です)

キャッシングの申し込みで必要なものとしての「収入証明書」

収入証明書はキャッシングの際に、返済能力があるかどうかを図る重要な指標となります。申し込みの際には必須となるので、必要なものとして余裕を持って事前に用意しておくことをオススメします。収入証明というのは給与明細や確定申告で用意した書類が一般的です。給与明細は2ヶ月から3か月分用意しておくと良く、確定申告での書類は基本的に確定申告をした時に用意した書類一式を持っていけば問題はありません。

キャッシングの際のこれらの収入証明書がないという場合、高確率で審査に通ることは難しくなるので注意が必要です。

キャッシングの申し込みで必要なものである書類に嘘の記載がある場合

キャッシングをどうしてもしていきたいということで、申し込みで必要なもの、書類の内容に嘘の記載をすると、どうなるのか・・・ということですが、審査は意外と通ってしまうことが多く、キャッシング自体はできることが多いようです。ただ、確実にばれると考えておいたほうが良いです。このような行為が発覚した場合には、状況によっては刑事事件等に発展していくこともあるので、申し込みで必要なものに対して嘘の表記をするのは絶対にしてはいけないと言えるでしょう。

意図的ではない誤った情報が書類に記載されている場合、素直に申告をすれば、よほどのミスでない限り大きな問題にはならないと言えるでしょう。

キャッシングの申し込みで必要なものとして用意した書類は長期保存が基本

キャッシングの申し込みが完了したからといって、必要なものとして用意した書類をすぐに廃棄してはいけません。これらは自分の身分を証明する大切な書類であり、コピー等であってもしっかりと保管しておくことをオススメします。(運転免許証等は捨てないと思いますが、収入証明書等は場合によっては処分をしてしまう人もいるため、注意が必要です)

返済が完了するまで長期保存をしておくのが基本です。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)