キャッシング申し込みを一度に複数することの4つのデメリット

キャッシング申し込みをしていこうとする際に、何も知らない人ほど複数の金融会社に申し込みをしてしまいがちです。一度、もしくは短期間に複数の金融業者に申し込みをしてしまうと、それは予想以上に大きなデメリットをもたらしてしまうので注意が必要です。

特にすぐお金がほしい、必要というケースで多くの会社に一度に申し込みをしてしまうと、お金を用意できなくなるだけでなく、その後一定期間キャッシングしづらくなってしまうことがあるので注意が必要です。

キャッシングの申し込みは基本ひとつずつ

キャッシングの申し込みをしていく場合には、ひとつひとつの会社への申し込みを丁寧にしていくべきです。多くの会社に申し込むと「どれかの会社は貸してくれるだろう」と思ってしまいますが、これは大きな間違いです。複数の会社に申し込みをしているという情報を会社の方が把握し、「それだけお金に困っている」という評価をされてしまいます。お金に困っているという評価は同時に、返済がスムーズにできるのか・・・というマイナス評価でもあり、お金を借りづらくなる下地を作ってしまうことになるので注意が必要です。

申し込みをしただけで、信用情報機関に情報が残り、この情報は多くの金融会社が確認できる情報になります。

複数のキャッシング申し込みは借りられる可能性を低める

複数の会社にキャッシング申し込みをすると、それは業界では「申し込みブラック」と呼ばれます。この申し込みブラックというのは借りる人が誠実な人でもなり得るものであり、キャッシング初心者であればあるほど陥りやすい落とし穴となります。複数の会社に申し込みをしてしまうだけでこの申し込みブラックになり、審査に通りにくくなってしまうのである意味で一番注意をしなければいけないものになります。

キャッシング申し込みは最高でも3社で抑えておくこと

キャッシング申し込みをしていく際には、一度に3社で抑えておくことが必要です。この3社というのも「最高」であり、できれば2社に抑えておきたいものです。これが4社、5社になってしまうと、申し込みブラック扱いされてしまう可能性が高くなり、危険です。複数の会社に申し込みをする際には、金利の安い会社を選んでいく傾向が強いですが、金利の安い会社は審査も厳しいため、3社選ぶのであれば、金利の安い会社と、一般的な会社と分けて申し込みをすることをオススメします。

複数のキャッシング申し込みを1ヶ月以内に行なうと危ない

気をつけなければいけないのは例え1社ずつの申し込みであっても、1ヶ月以内に複数のキャッシング申し込みをしてしまうと、それは十分申し込みブラックの対象になるということです。そのため上記までの条件で言うと、1ヵ月以内に3社までの申し込みにしておくのが申し込みブラックにならないための条件となるでしょう。申し込みブラックはキャッシングをしていく際の見えない落とし穴の1つです。初心者は特に注意が必要です。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です