ソニー銀行カードローン審査甘い?2ch口コミは?即日借入OK?

大手のソニーグループが経営しているソニー銀行のカードローンは、非常に人気の高いカードローンです。

一度は新規の申し込みを停止し、再度申し込みを行った際にも、多数の申し込みが寄せられて、審査が混雑してしまったこともあり、そこからも利用したいと思う人達の多さが分かることでしょう。

ソニー銀行カードローンは店舗を持っていない、ネットによる申込みに限定されており、ネットを利用できる人しか利用することはできませんが、それでも圧倒的な人気を誇っている事には、人気を裏付けられる理由が隠されているはずです。

今回ではその人気の秘訣を調べつつも、ソニー銀行を利用する上でのデメリットを明らかにしたいと思います。

なぜならば、デメリットまでを理解した上でなければ、どれだけ人気のカードローンであっても、意味はありません。上手に使わなければ、ただただお金を借りて金利を無駄に払い続けるだけになってしまいますから、十分な活用方法を知る上で、デメリットの理解は欠かしてはなりません。

また、まだキャッシングを全く利用したことのない初心者にとっては、どのように申し込みをすればいいのかが分からないかと思います。ソニー銀行カードローンに限りますが、こちらの申し込み方法から、返済までのことも詳しく述べて行きたいと思います。

そして最後に、誰もが気にしているはずの金利、それから限度額についても見ていくつもりです。

こちらでは、ソニー銀行カードローンを利用する上で最低限知っておくべきことをまとめて紹介していきますので、これからどこのカードローンを利用するか悩んでいる方、名前は知っているけれども利用すべきかどうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ソニー銀行カードローンの概要とメリットとデメリット

では、まずはソニー銀行カードローンの簡単な概要について述べて行きましょう。

ソニー銀行カードローンは、銀行カードローンです。つまりは、総量規制の対象にはならず、年収を気にすることなくお金を借りることが可能で、さらに配偶者に収入さえあれば、専業主婦でも申し込みをすることが可能です。

なお、ソニー銀行カードローンの申し込み条件としては、満20歳以上65歳未満で、安定した収入があることですので、フリーターや、パートタイマー、学生や年金生活者、フリーランスなどの自営業の方であっても、利用することは可能です。

ただし、利用する際にはソニー銀行の口座が必要になりますので、それだけはお忘れなく。

それでは、ソニー銀行カードローンのメリットとデメリットを続けてみていきましょう。

メリット

ソニー銀行のメリットとしてまず真っ先に挙げられることは、低金利であることです。銀行カードローンであるために、低金利であることは当然のことなのですが、ソニー銀行カードローンの金利率は2.5%から13.8%となっています。

こちらの数値の中でも、上限金利に当たる13.8%は、消費者金融では平均で18%、他の銀行カードローンでも15%となっているので、消費者金融と比べても、銀行カードローンと比べての低金利となっていることが分かります。

こちらよりも低金利になるところはあるにはあるのですが、全体的に見れば低金利であることに間違いは無く、ソニー銀行カードローンを利用して受けることのできる大きなメリットだと言えるでしょう。

次のメリットとしては、ホームページから申し込み、借入、返済の全てが行えることです。申込みの際にはFAXか郵送にて必要書類を提出をしなければなりませんが、借入もホームページで行えますし、返済も口座引き落としによって利用することができますので、わざわざATMを利用したり、店舗まで赴く必要が無いと言う点で、他の銀行カードローンとは違う大きなメリットだと言えるでしょう。

また、利用するには口座が必須と述べましたが、この口座開設もホームページから手続きできるので、ほぼすべてのことをホームページで行うことができると言えるでしょう。

次のメリットとしては、最短で即日融資ができるということです。融資を受けるのであれば、できるだけ早い方が良く、銀行カードローンの中には申し込みから本審査が終わって借り入れができるまでに、何日もかかってしまうケースが多いのですが、ソニー銀行カードローンではその心配は必要ありません。

即日融資をするには、審査終了後にホームページか電話で振り込み融資を依頼するか、ソニー銀行のキャッシュカードを使って引き落とすことになるのですが、当然口座が必要になります。

もしも、口座を持っていないと即日融資を受けることができなくなってしまい、サンタンで翌日営業日までとなっています。

さらに言えば、即日融資は、平日でも土日祝日でも受けることが可能です。

次のメリットは、専業主婦の方の借り入れの際に、利用限度額が最大で50万円となっていることです。

他の銀行カードローンでは、専業主婦の最大利用限度額が30万円であることが多く、最高の利用限度額になったとしても、50万円です。

つまりは、専業主婦が利用できるカードローンの中では、最高の水準で設定されていると言えますので、専業主婦が利用することのできるカードローンでは最も良い部類に入ると言えるでしょう。

ただし、配偶者に収入があることが前提ですので、それだけは忘れないようにしましょう。

次のメリットは、返済や借入の際に、一部を除いて手数料が無料であることです。当然、口座によって借入や返済を行う際に手数料はかかりませんが、それだけではなく、提携しているATMを利用しての場合でも、ほぼ無料です。

ただ、借入の際には、セブン銀行とイオン銀行のみが完全に無料で、その他のコンビニATMや銀行のATMを利用する場合には、月に4回までの利用に対して、手数料が無料になっていますので、それ以降になりますと、手数料がかかってしまいます。

なお、返済をする際にはぜひとも行って欲しいことに、随時返済があります。なぜおすすめしたいのかは後述するとして、この随時返済も、提携ATMの利用で手数料がかからないようになっています。

他社では、随時返済や繰り上げ返済などでは、手数料を取る場合が多いので、こちらが無料になるのは、ソニー銀行カードローンを利用する上でのメリットの一つとして数えてもいいでしょう。

そして、最後のメリットとして挙げられるのが、本人確認書類と収入証明書が不要になる場合があるということです。

それらの書類確認が不要となるケースは、既にソニー銀行の口座を持っており、さらに希望限度額が300万円以下であるときのみに限ります。

ですので、もう既にソニー銀行の口座を持っていれば、少額の融資は確認書類を提出しなくとも大丈夫、というわけです。

なお、口座を持っていない場合は、申込みの際に必要になるのではなく、口座を開設する手続きを行うために、本人確認の書類が必要になりますので、それだけは覚えておきましょう。

どちらにせよ、書類手続きを無くすことができるのは、わざわざ用意をする手間が省けるので、かなり手軽に利用することができると言う点で、素晴らしいメリットだと言えるでしょう。

デメリット

では次に、デメリットについて挙げていきましょう。

まずはここまででも何度も出ている通り、ソニー銀行の口座を持っていなければ利用することができないと言うことが指摘できます。

持っていない場合は、新たに開設をする必要がありますし、新しく解説する場合には最短でも翌営業日までまたなければならないので、即日融資に拘りたいと言う方にとっては、大きなデメリットになってしまいます。

ただ、即日融資を特に気にしないのであれば、審査の申し込みと同時に口座の開設手続きも行えます。万が一、カードローンの審査に落ちてしまった場合であっても、口座開設の手続きも一緒に自動でキャンセルされるようなシステムになっていますので、口座だけを解説してしまうようなこともありませんので、実のところそこまで大きなデメリットではありません。

次のデメリットとしては、基本的な返済方法が口座引き落としのみであることです。自動で返済を行ってくれるので、手間も返済を忘れてしまう心配もないために、気にならない人もいるかと思いますが、ソニー銀行カードローンの返済方式は、差し引き金額を借入残高から自動的に決定して引き落とす方式となっているために、こちらから何もしなければ、その金額以上の返済を行うことができないようになっています。

もしも、返済額をもっと上げたいと思っても、返済金額を増額させるような手続きは無く、そのような場合は、別途で随時返済を行わなくてはなりませんので、少し面倒です。

最後のデメリットは、申し込み方法がホームページのみでしか行えないと言うことです。ソニー銀行カードローンは、有人の店舗も、無人の自動契約機なども全く用意されていないために、申し込み方法がネットのみとなってしまい、さらに電話で相談などのできるコールセンターもありません。

ですので、ネットを使うことができない方や、随時質問しながら申し込みを行いたいと言う方にとっては、こちらはそこそこ大きなデメリットになってしまいます。

口座を持っていればもっとも使いやすいカードローン

上記のようなメリットとデメリットを見るに、デメリットはネットを利用することができれば、そこまで大きなものではないことが分かります。

さらに、ソニー銀行カードローンを利用するのが向いている人と言えるのは、ソニー銀行の口座を持っており、できるだけ早く融資を受けることのできる銀行カードローンを利用したいと思っている方と考えられます。

口座を持っていれば、即日融資や書類審査のカットなどの複数のメリットの恩恵を受けることもできます。その上、金利率も比較的低く設定されていることからも、利息が大きく膨れ上がるようなことがあまりないと言うことも考えられます。

口座を持っていなくとも、最短で翌営業日には融資を受けることもできますし、店舗や契約機をわざわざ探して利用する必要もありませんので、かなり利用し易い銀行カードローンだと言えます。

さらに言えば、来店の必要のないキャッシングは金利が高くなっていたり、即日融資を受けることができない場合もありますので、どちらの問題もクリアしているカードローンは、比較的珍しい部類に入ります。

こちらよりもいい銀行カードローンはいくつかはあるでしょうが、ソニー銀行カードローンを候補として考えておくと、もしも他のカードローンを利用することができなくとも、こちらを利用すればいいだけになりますので、ぜひとも利用することを検討しておいた方がいいと言えるでしょう。

申し込みから返済まで

では次に、ソニー銀行カードローンの申し込み方法とその手順、さらには借入方法と返済方法、返済方式について詳しく述べていきましょう。

申し込み方法と手順

まず、申し込み方法ですが、上述の通りホームページからのみ行うことができます。スマホやパソコンがあれば、どこからでも申し込みをすることができますが、申込みの手順については、ソニー銀行の口座を持っている場合と、持っていない場合で少しだけ違っています。

とは言っても、申込みの際には初めに口座開設の手続きを行うかどうかの違いだけが発生します。

申込みの際に行うことは、口座があれば、ホームページからカードローンに申し込みをし、必要であるならば、書類を提出するだけで、結果を受け取った後は、手持ちのキャッシュカードを使って提携ATMで借入をすることもできますし、ホームページから振り込み融資を依頼するか、テレホンバンキングで振り込み融資を依頼するのみとなります。

口座を持っていない場合は、口座手続と同時に、借入の申し込みを行うことになります。その後は審査が終わるまでは、口座を持っている場合と同じですが、最後の借入の方法が少し違います。口座が無ければ、キャッシュカードを届くのを待つか、もしくはキャッシュカードが届くのを待たずに、初回振り込みサービスによって、初回限定で指定する任意の口座にお金を振り込んでもらえるので、そちらを利用しましょう。

なお、キャッシュカードが届くまでに数日は時間がかかるのは当然ですが、初回振り込み利用サービスも翌営業日になることが多いので、注意しましょう。

なお、審査時間については、まず初めに仮審査が行われ、そが最短で60分かかり、本審査の結果が分かるまでは、口座を持っている場合は最短で即日、口座の無い場合には最短で翌営業日となっています。

なお、口座を持っていない場合には審査の結果が分かるのが翌日の営業日となり、なおかつその本審査の結果を通達するまでに平日の14時半を超えてさえいなければ、初回振り込みサービスを利用することで、最短での融資を受けることが可能になっています。

なお、仮審査、本審査共に結果が通知されるのは、平日の9時から20時までの営業時間内となっていますので、その時間を過ぎてしまう場合には、即日融資も受けられなくなりますので、注意しましょう。

口座を既に持っており、300万円以下の希望限度額で借入をする場合は除きますが、その他の場合については、申込みのために書類を用意する必要があります。

本人確認書類と、収入証明書になりますが、本人確認書類は口座が無い場合のみに口座を開設するために必要になり、収入証明書は希望減の額が300万円を超える場合に必要になります。

なお、初回振り込みサービスを利用される場合には、本人確認書類と同時に振込先口座の通帳か、キャッシュカードのコピーが必要となりますので、それらの用意は忘れないようにしましょう。

必要な書類の提出方法はFAXか郵送になりますが、郵送の場合は2,3日かかりますので早くお金を借りたいのであれば、利用しない方がいいでしょう。

ソニー銀行カードローンの場合は、他社のようなメールの添付やスキャンなどによって書類の提出を行えませんので、注意しましょう。

借入方法

ソニー銀行カードローンの借入方法は全部で三つになります。

まずは、ソニー銀行の会員用サービスサイトから、振込融資の依頼をすることです。そうすれば、本人名義のソニー銀行の口座に振り込まれます。

なお、ソニー銀行の会員用サービスサイトは、24時間365日手続き可能で、手数料は無料になっています。

なお、口座が無ければこちらは利用できず、上述の通り、口座が無ければ初回振り込みサービスにて、任意の口座にお金を振り込むことは可能です。

次は提携ATMの利用です。こちらもいくつかの提携ATMで利用することができ、基本は無料となっています。なお、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、E-netやローソンATMなどでは、4回までが手数料が無料で、5回目以降は1回108円の手数料が発生するようになっています。

最後の借入方法は、テレホンバンキングの利用です。こちらも手数料は無料となっています。自動音声に従って、暗証番号や金額を入力していくだけですので、オペレータートの会話は不要となっていますが、利用することのできる時間が、平日の午前9時から20時、土日祝日の午前9時から17時までとなっていますので、時間帯には注意しましょう。

返済方法と返済方式

ソニー銀行カードローンの返済方法は、基本的なものは口座引き落としのみとなっています。手数料もかからず、毎月決まった返済日にソニー銀行の口座から自動で引き落とされます。

返済日については、2日、7日、12日、17日、22日、27日の好きな日から選ぶことができますので、都合のいい日にちを指定するといいでしょう。

なお、返済額については毎月の返済後の借入残高で決まっており、そのような返済方式を残高スライド返済方式と呼びます。

このような返済方法を取っている金融機関は多く、月々の支払額が段々と少額になっていくという特徴と、返済期間が長期化してしまい、金利が多くかかってしまうという特徴も併せ持っています。

ですので、何も行わなければ、金利がたくさん発生してしまうというデメリットを抱えている返済方式ですから、対策として随時返済を行うことをおすすめします。

随時返済についても、手数料はかかりません。なお、随時返済はソニー銀行の会員用サービスサイト、提携ATM、テレホンバンキングから行えます。

お金に余裕があるときに、きちんと随時返済を行って、借入金額を徐々に減らして行かないと、最終的な金利はかなり大きな金額になってしまいますので、少し面倒ではありますが、随時返済を行えるときには必ず行っておいた方がいいでしょう。

また、残高の一括返済も行うことができるのですが、そちらを利用する場合にソニー銀行の会員用サービスサイトを利用して、一括返済を申し出なくてはなりませんので、もしも、一括返済をしたいのであれば、そちらは覚えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、随時返済を行った場合と、行わなかった場合では、最終的な利息総額が、6倍近くも変わってしまいます。こう言えば、どれほど随時返済を行った方がいいかは一目瞭然だと思いますので、多少の余裕であっても、口座引き落としだけの返済以上の支払いは必ず行った方がいいでしょう。

金利と限度額について

では、最後にソニー銀行カードローンの金利と、限度額について紹介したいと思います。

金利

ソニー銀行カードローンの金利率は、上述した通り、2.5%から13.8%と、消費者金融と比べても、銀行カードローンと比較した場合であっても、低水準に抑えられていることが分かります。

なお、金利については大体を利用限度額と比較することである程度は推測することができます。そちらについては詳しくはこうじゅついたしますが、実際にその通りの金利が適用されるかは微妙なところです。実際の金利率については、審査の結果によって変わりますので、あくまでも目安として考えておいてください。

なお、専業主婦の方がソニー銀行カードローンから借り入れをする場合には、利用限度額が50万円以下に設定されますので、確実に利用される金利率は13.8%となります。

限度額

ソニー銀行カードローンの融資限度額についてですが、最少融資限度額が10万円、最高融資限度額は800万円となっています。

数字だけを見れば非常に多いように感じますが、銀行カードローンの中には、最高融資限度額が1000万円にもなるところがあり、消費者金融や銀行カードローンの多くは、最高融資限度額を800万円に設定しているところが多いので、平均的な限度額となっていると言えるでしょう。

なお、専業主婦の方が借入をする場合には、限度額が50万円となり、他の銀行カードローンよりは高い水準となっています。

なお、限度額ごとによる金利率についてですが、10万円から50万円までは13.8%の最高金利率が適用されることが多く、60万円から90万円までは最高金利率から1%ほどマイナスした、12.8%が適用され、100万円から150万円までは9.8%~9%、200万円からは100万円ごとに大体1%ずつくらいで減少していき、最低金利率の2.5%が適用されるのは、最高限度額の800万円の場合のみになります。

もちろん、上述の通り、本当にこの金利率が適用されるかは分からず、審査の内容によっては上昇することもありますし、減少することもありますので、あくまでも大体これくらいの金利率になる、という目安として覚えておくと良いでしょう。

その他のサービスについて

なお、消費者金融や銀行カードローンで行われているサービスの中で、お試し審査というものがあります。お試し審査は借入の前に、かなり早い時間で行える借入診断のようなもので、ある程度の目安を計ったり、自分が借入できる見込みがあるかどうかを判断するために利用することのできるものですが、ソニー銀行カードローンではそのお試し審査は用意していません。ですので、いきなり仮審査を申し込むことになります。

ソニー銀行カードローンは総量規制の対象外で、借入した資金の用途は自由とされています。ですので、おまとめローンとして利用することも可能です。

おまとめローンは、借入先を一つ今止めることによって、手数料を軽減したり、金利率を低くすることのできる借入方法ですが、ソニー銀行カードローンはおまとめローンにはかなり適している銀行カードローンです。

なぜならば、まず第一にどの返済方法であっても、手数料がかからないことが挙げられます。特に消費者金融から借り入れをしていると、手数料がかなり発生してしまい、返済のためのお金をかなりそちらに取られていることも珍しくはありません。ですので、完全に手数料が無くせると考えると、かなりのメリットとなります。

さらに、金利率も低水準になっていますから、金利が下がるという点でも、大きな恩恵を受けることが可能です。特に、全体の金利率が13.8%を超えているようであれば、確実に金利率が減少することになりますので、ぜひともおまとめ先の候補として考えておくと良いでしょう。

ソニー銀行のカードローンには無利息サービスは用意されていません。もしも、無利息期間を利用して、短期的な借入を行いたいのであれば、他のカードローンを利用した方が良いでしょう。

また、上述の通り、ソニー銀行カードローンはネットでの取引に特化した銀行カードローンですので、有人の店舗も自動契約機も一切用意しておらず、全ての手続きをホームページから行うことになります。

しかし、何かしらの困ったことなどがあった際に、すぐに対応してもらうためには、電話で対応をしてもらうことも可能です。その際にはフリーダイヤルでの問い合わせになりますので、フリーダイヤルで電話しましょう。

ただ、申込みなどではフリーダイヤルを使わずとも、指示されたとおりに行えば大抵のことは分かりますので、基本的にはフリーダイヤルを利用することはないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ソニー銀行カードローンの名前だけを知っていた方にとっては、ソニー銀行がなぜ人気であるかのその理由が分かったかと思います。

ソニー銀行が人気な理由としては、数多くあるメリット、低金利であること、言えに胃ながらでもネットを利用することができれば、ホームページから申し込みから返済までの全てを利用することができること、ソニー銀行の口座を持っているのであれば、即日融資もできること、専業主婦であっても借り入れができ、さらに利用限度額が50万円と最高水準となっている事、借入や返済、その上随時返済の時も手数料が無料であること、一定の条件を満たしていれば、書類審査が不要になること、などなどが挙げられます。

これらの恩恵は非常に大きく、全てを取り揃えている銀行カードローンはかなり少ないです。特にネットを利用することができれば、かなり簡単に利用することができるのは、かなり大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

しかも、デメリットも口座が必要であること、申し込み方法がホームページのみであること、返済方法が基本的には口座引き落としであり、随時返済を行わなければより多くの返済を行えないこととなっており、実際のところそこまで大きなデメリットでもありません。

ですので、デメリットを気にすることが無く、口座を持っている方や、審査スピードを重視している方、低金利のカードローンを利用したいと思っている方にとっては、かなりおすすめの銀行カードローンだと分かります。

例え、自分自身に向いているとは思わなくとも、ソニー銀行の口座を持っていれば、それだけでもほとんどのメリットを受けることができます。ですので、まだまだぴったりの借入先を見つけられていないのであれば、こちらを候補に入れておいてもいいでしょう。

もちろん、いろいろな要素を細かく見ていれば、ソニー銀行カードローンよりもその部分に特化しているカードローンはいくつもあります。ただ、総合的に見た時に、どこかが劣っていることも多く、それらはかなりダメージのあるデメリットとなってしまうことがあります。

しかし、ソニー銀行カードローンであれば、デメリット自体大きなダメージとならないので、総合的にみるとかなり優良なカードローンだと言えます。ですので、候補として考えておくと結果的にこちらを選ぶ可能性も高いです。

なお、銀行カードローンですので、審査は消費者金融よりも厳しい物になっています。借入をしたいのであれば、それなりに審査に通る自身がないと、借入ができないことも考えられます。これまでに銀行から借り入れをしたことがある人は大抵は審査に通過すると思いますが、消費者金融にも落ちる人は難しいかもしれませんので、申し込みをする前に、それだけは念頭に置いておくと良いでしょう。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)