ビジネスローンの審査は甘い?【種類や特徴などを解説】

ビジネスローンの審査は甘いのですか、こういった質問をたびたび受けるようになりました。近頃は起業をする方が多いのでしょうか、はたまたビジネスローンについて書かれたサイトが少ないのでしょうか、いずれにせよこういった質問が増えてきましたので、今回はビジネスローンについて詳しく解説していきましょう。

ビジネスローンっていったい?

shutterstock_212158063

ビジネスローンの自体を知っている方は少ないかもしれません。なんとなくビジネスに使うお金のことを指しているのだろうと考えている方も多いでしょう。とはいえビジネスローンの意味を知っておくことで、審査を受ける際の参考になる場合もありますので、まずはビジネスローンについて解説していきます。

ビジネスローンは他にも名称があるので覚えておくべきです。ビジネスローンの別名は事業者ローン・ビジネスカードローン・商工ローンなどという名称があります。つまりビジネスローンの融資をしているところが少ないように感じている方は、この他の名称を知らない方なのでしょう。ビジネスローンの同様の金融商品は上記に挙げた別名で提供している可能性がありますので、決してビジネスローンを提供している貸金業者が少ないというような勘違いはしないようにするべきです。

このビジネスローンは当たり前のことですが、個人の方に貸付しているローンではありません。一般人の方は個人でも利用可能なフリーローンを利用しましょう。一方、個人のフリーローンは事業資金にしてはいけないなどの成約がある場合がありますので、事業資金を必要としている方はビジネスローンを利用するべきになります。それで、ビジネスローンを提供している相手は、もちろん個人事業主や法人経営者になります。運転資金や仕入れのための費用はもちろんのことつなぎ資金や新規事業資金などあらゆる資金調達のための方法としてビジネスローンは利用できます。つまりビジネスローンは長期的に資金を調達する手段ではなく、どちらかといえば短期的に資金が必要といった方が利用するモノになります。だからといって長期的に利用したいとかいざというときのためにといった方がビジネスローンを利用してはいけないという決まりはありません。あくまで短期的に利用する方が多い傾向というだけで、ちょっとした参考にするだけで良いでしょう。

そして、これらの方を対象に銀行やカード会社や消費者金融やノンバンクといった貸金業者が貸付しているローンのことをビジネスローンと言います。そしてなによりビジネスローンのメリットになりますが、ビジネスローンは担保不要・保証人不要という条件になります。個人に貸付しているフリーローンであれば担保や保証人が不要なことは当たり前のように感じているかもしれませんが、実はこのビジネスローンでも担保や保証人が不要になりますので、もしも必要だと感じていた方は一安心しても大丈夫になります。正直のところ担保や保証人が不要というだけでビジネスローンの審査は甘いと言っても過言ではありません。普通に考えて、事業資金を提供する側が担保や保証人不要で貸付してくれるわけですから、かなり審査は甘いと考えても構わないでしょう。

ビジネスローンのメリットは?

shutterstock_363324212

上記にも説明したことと重複する部分もありますが、ビジネスローンのメリットを簡単に挙げておきましょう。ビジネスローンのおおまかなメリットとしては、担保不要保証人不要貸金業法の総量規制対象外になります。さらにカード型の場合は借入や返済が年中24時間対応していることなどになります。担保不要・保証人不要は利用者にとっては大変ありがたいサービスですが、貸金業法の総量規制対象外という点もかなりメリットがあります。ひとまず貸金業法の総量規制のおさらないになりますが、年収の1/3以上の借り入れを禁じた法律のことを指します。もしもビジネスローンが貸金業法の総量規制の対象であれば、事業資金の足しになりませんし、新規事業開店資金なんてもってのほかになります。これではビジネスローンは役に立たないと感じることでしょう。またビジネスローンの審査を受ける前の人などが口コミサイトで総量規制云々で無駄といった書き込みをしているケースが散見されますが、まさしく知ったかぶりでしかありません。なぜならビジネスローンは貸金業法の総量規制対象外ですから、年収の1/3以上の借り入れをすることが可能になります。もちろん年収は人によってそれぞれですから一概に断言はできませんが、それでも年収の1/3以上の資金があればあらゆる資金に利用することができるでしょう。またビジネスローンのカード型の場合は、借入返済が年中24時間可能というメリットも素晴らしいことと言えます。というのも事業をしている方であれば理解できると思いますが、唐突に現金が必要になることも珍しくありません。資金繰りが厳しくなったりして、どうしようもないと頭を抱えてしまうよりもビジネスローンを利用すれば、ひとまず最悪の事態は回避することができるのです。とりあえず最悪の事態を回避さえしてしまえば、どうにかなるというケースもよくあることです。そういったときのことを考慮したうえで、事前にビジネスローンの審査を受けておくことは間違っていません。またビジネスローンの審査は甘いと言われていますので、必要以上に審査について怯えることはないでしょう。思い立ったら吉日ではありませんが、今すぐにビジネスローンの審査を受けることも可能です。是非、検討してみてはいかがでしょう。

とはいえまだまだビジネスローンについて知りたい方は多いでしょう。あくまで上記に記した部分はビジネスローンの触りでしかなく、ビジネスローンの審査を受ける際はまだまだ知っておくべき部分があります。

ビジネスローンのデメリットは?

shutterstock_462115498

ビジネスローンのデメリットを知っておくことも大事になります。ここまではビジネスローンのメリットばかり挙げてきましたが、ビジネスローンのデメリットは確実に存在します。それで、ビジネスローンのデメリットは金利になります。これはビジネスローンが担保や保証人不要という理由から、どうしても金利は高くなる傾向があります。しかしビジネスローンの金利が高いとはいえ大手消費者金融の個人へのフリーローンに比べれば、まだ金利は低いと言えるでしょう。というのもビジネスローンの利用者に多い100万円以上の融資を受ける場合の上限金利は15%に決まっていますので、それ以上の金利になるという心配はありません。逆に上限金利15%以内で融資を受けられるのであれば、まったく問題ないという方もたくさんいらっしゃいますので、その点に関しては個人の考え方次第でしょう。もちろん貸金業者によって金利はまったく違いますし、融資を受ける金額によっても金利は変わってきますので、事前にきちんと調べたうえで審査を受けることが大事になります。特に気になっているビジネスローンを提供している貸金業者についてはよく調べておくことで、損をすることは絶対にありません。また当たり前のことですが、なるべく金利の低いところを検討するべきです。特に上限金利の低い貸金業者を選ぶことが大事になります。とはいえ金利でメリットがある場合は他の部分でデメリットを有している可能性もあるでしょう。その最たる例として審査が厳しいということです。消費者金融と銀行のカードローンの審査であれば、やはり消費者金融の方が審査は甘いケースが多く、銀行は審査が厳しいといったケースが一般的になります。もちろん同じ消費者金融同士でも審査の難易度は変わってきますし、銀行でも同様のことが言えます。

ところでビジネスローンを提供している貸金業者で、どこを選ぶべきかあらゆる側面から見る必要があるでしょう。上記に書いた上限金利などはまさしくその理由のひとつになります。上限金利の低い貸金業者の審査を受けるべき、という意味になります。

即日対応しているところも視野に

shutterstock_83279887

一方、貸金業者を選ぶ際は金利だけが大事ではありません。もしも金利だけが重要視されるのであれば、金利の低いところ以外は選ばなくなるでしょう。しかしお金が必要な状況下の場合、返済時の金利だけがそこまで大事になるわけではありません。とにかく少しでも早くスピーディにお金を手元に置かなければという状況は安易に想像できます。つまりビジネスローンを選ぶ重要点のひとつとして融資スピードを検討するべきです。というのも融資スピードが遅いところでは手遅れになってしまったり不必要になっていたりする場合も珍しくありません。また即日融資対応なのか翌日融資対応なのか、はたまたカードが郵送で到着するまで利用できないこともあり得るのです。言うなれば数日後にカードが届いても役に立たないのです。つまりビジネスローンを検討する際の判断材料のひとつとして即日融資に対応しているか否かになります。即日融資対応のビジネスローンであれば、当日中にお金を手にすることができますので、切羽詰まった状況下でも安心して利用することができるでしょう。もちろん必ずしも審査に受かる保証はありませんが、それでも即日融資に対応していないところを選ぶよりは理由付けとしては充分になります。

カード型と一括型の2種類

shutterstock_154048016

ビジネスローンは二種類に分類することができます。日本のビジネスローンはカード型のビジネスローンと一括型のビジネスローンがあります。カード型のビジネスローンは必要なときに必要なだけ借り入れすることができ、毎月返済するモノです。そしてもうひとつの一括型のビジネスローンは必要な資金を一括で借り入れすることになります。あとは毎月返済をしていくだけになります。前者のカード型であれば、今後必要になることを考慮して審査を受ける方や今すぐに大金は不要だが定期的に少しずつお金が必要といった方に向いていると言えるでしょう。一方、一括型のビジネスローンはまとまったお金が一気に必要という方に向いているでしょう。こればかりはどちらが自分自身にとってメリットがあるか検討したうえで選ぶべきです。定期的に借り入れしたい方はカード型、大金が必要という方は一括型にしましょう。どちらでも構わない場合は、もちろん自由になります。

最初に挙げましたが、ビジネスローンは消費者金融・銀行等々他にもあらゆる貸金業者がビジネスローンを提供しています。どの貸金業者を選ぶかそれは自由になりますが、実はひとつ覚えておくことで後々意味を成してくることがあります。

それは事業融資専門の貸金業者と個人のカードローンの付加程度に事業融資をしている貸金業者の二社が存在していることになります。どちらが良いとか悪いとかここでは述べるつもりはありませんが、事業融資専門の貸金業者は手形買取や不動産担保ローンや売掛債権担保ローンといったあらゆる資金調達方法においてサービスを提供しています。また事業融資専門の貸金業者は審査が甘いケースがあります。これはビジネスローンの審査が甘いと言えるひとつの理由になりますが、会社の将来や代表者の能力等々を審査の際に加点してくれたりすることもあるのです。一方、個人のカードローンの付加程度に事業融資をしている貸金業者では、基本的に個人の貸付の際同様の審査になりますので、会社の将来や代表者の能力を加点してくれるということは絶対にありません。どちらかといえば機械的な審査のように感じてしまうかもしれませんし、事業資金の融資を受けることのメリットとしては少々低いように感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

以上のような事柄から自身に最も適している貸金業者を選ぶべきです。正直のところ一長一短あるように感じた方もあるでしょう。特に事業融資専門の貸金業者であれば、会社の将来や代表者の能力を買ってくれる反面、会社の将来に自信を持てない方や代表者の能力に自信を持てない方の場合は、もしかしたらデメリットになりかねません。あくまでそれらは優れていることが大前提でメリットになるわけですから、デメリットになる可能性を考えれば、もしかしたら個人向けのカードローンに似たビジネスローンを選ぶ方がメリットはあるかもしれません。とはいえいずれにせよビジネスローンの審査は甘いという口コミが年々増えてきていることを考えれば、どちらを受けても審査に通る可能性は充分あるでしょう。

ビジネスローンは万能?

shutterstock_465903866

ビジネスローンは万能のように勘違いしている方がいらっしゃいます。どうしてビジネスローンを万能のように勘違いしてしまったのか理由はわかりませんが、ビジネスローンは決して万能ではありません。というかビジネスローンでなくても公的資金や銀行融資をメインに利用することがオススメできるのですが、実は公的資金や銀行は審査時間が非常に長期間になってしまうのです。この長期間と一ヶ月などではなく、数ヶ月になってしまうこともあり、本当に長期間待たされてしまうのです。それでいて審査は大変厳しいという実情があります。長期間待たされて尚且つ審査に落ちる可能性すら孕んでいますので、敬遠されがちになります。しかし公的資金や銀行融資であれば長期的に安定した資金調達の方法になりますので、ビジネスローンに比べてはメリットがあります。つまりビジネスローンはあくまで短期間のみ利用する予定の方が良いでしょう。ただ公的資金や銀行融資に比べればビジネスローンの審査は審査が通りやすいので、甘いことは間違いないです。とにかく短期間を乗り越えればどうにかなると考えているのであれば、ビジネスローンの審査は甘いので大変有意義になります。ひとまずビジネスローンの審査を受けたうえで、公的資金や銀行融資を検討していくべきかもしれません。

法人だけにしか対応していない場合もある

shutterstock_228924496

ビジネスローンの審査を受ける際の注意点を説明していきますが、ビジネスローンは法人経営者しか融資していない貸金業者があります。これは個人事業主の方では融資をしないという意味になりますので、審査を受けることは無駄になります。もしも法人経営者の方のみを対象に融資している貸金業者であれば、個人事業主の方は審査に申し込みすることはやめておきましょう。つまり各貸金業者の審査応募要件をきちんと確認しておく必要があります。というのも法人経営者しか融資をしていない貸金業者で個人事業主の方が審査を受けようとしてもできなかった、などと応募要件確認不足の口コミを投稿している方が時々いらっしゃるのです。まさしくきちんと確認していない自己責任になりますが、口コミなどに投稿をして憂さ晴らしをしているのでしょう。こういった口コミのせいで対象の貸金業者は審査が厳しいとかビジネスローンの審査は厳しいといった噂が広がってしまうのです。なにもかも確認したうえで審査に落ちた場合は厳しいと書き込みしても理解できますが、ビジネスローンは案外審査に通ることがよくありますので、どちらかといえば審査は甘いまたは審査は甘いと考えて申し込みする方が良いかもしれません。最も残念なことはビジネスローンの審査に申し込みしないまま審査は厳しいと自己判断してしまうケースです。まずはビジネスローンの審査を受けてからあとのことは考えるべきでしょう。

複数社への申し込み

shutterstock_136553006

ビジネスローンの審査を受ける際は、他にも気を付けておくべきポイントがあります。実はビジネスローンに関わらずこういった言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。「短期間に複数の貸金業者に連続で審査に申し込みしない方がいい」という内容です。どうして短期間に複数の貸金業者に審査を申し込みしない方がいいのか、それは色々の理由はありますが、お金に困っているから返済できないかもしれない、などが代表的になります。もちろん短期間に複数の貸金業者に申し込みしていることだけが審査落ちの決定的な引き金になるわけではないかもしれませんが、少しでも審査に落ちる可能性を高めることは避けるべきなのです。そして当然ですが、ビジネスローンでも同様のことが言えます。ビジネスローンだから短期間に複数の貸金業者に申し込みしても大丈夫といった根拠のない書き込みやそういった内容を書いているサイトは信用しないようにしましょう。ビジネスローンでも短期間に複数の貸金業者に申し込みすることはやめるべき、が真実です。また基本的にビジネスローンは半年間に審査を受けることは三社までにした方が無難でしょう。というのもおおよそ半年後に個人信用情報機関から審査に申し込みしたという履歴が削除されますので、この削除がされてから申し込みするべきでしょう。ただあくまで個人的な意見になりますが、ビジネスローンで三社連続審査落ちの場合は、なんらかが審査に落ちる原因になっている可能性があります。たとえばブラックに登録されている可能性があります。ブラックとは過去に金融事故の遭った方などが対象になります。一度考えて欲しいのですが、今までキャッシングやカードローンを利用した際に、返済を滞った経験がある方などを挙げることができます。もちろん一度程度返済を遅れたからといってすぐにブラックに登録されるわけではありませんが、何度も何度も返済を滞ったり催促を無視したりした経験のある方は、非常に高い確率でブラックに登録されている可能性があります。ブラックに登録されている方はどうしても審査に通らない可能性が高くなりますので、ビジネスローンの融資を受けることは厳しいかもしれません。もちろんブラックでも融資をしてくれる貸金業者はあるかもしれませんが、滅多にないことは承知しておくべきでしょう。またこれからビジネスローンの融資を受ける方は、返済を滞らないように覚えておくべきです。今回借りることができたから未来はどうでもいいという考えは危険です。きちんと返済する計画は立て、必要以上に融資を受けないようにする気持ちは持つべきでしょう。

書類の提出が必要?

shutterstock_154501676

ビジネスローンの審査を受ける際は本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になります。もちろんビジネスローンでも審査を受ける際は書類を提出する義務があります。上記でも述べましたが、書類の提出を拒否することはできます。しかし書類の提出をしない方は審査を進めることができませんので、結果的に審査に通ることはありません。書類の提出は個人情報に関わるなどと意味不明な論理を立てても貸金業者は聞いてくれることはないのです。書類の提出が嫌なら審査を通さないという断固とした態度になりますので、書類の提出を求められた場合は絶対に素直に従うようにしましょう。またビジネスローンでは本人確認書類の提出は必須になります。本人確認書類とは運転免許証や健康保険証やパスポートなど色々あります。またマイナンバーに対応してくるビジネスローンも増えてくるでしょう。もちろん本人確認書類として提出する書類は一点になりますので、運転免許証プラス他の書類すべてといった提出は基本的に必要ありません。ただもしも貸金業者に他の本人確認書類を提出して欲しいと言われた場合は、拒否せずに提出しましょう。なんらかの理由で提出を求められていますので、拒否しても審査に落とされるだけです。またビジネスローンの提出書類は、決算書や謄本などが必要になります。まず決算書や謄本は必要ないという貸金業者は存在しないと考えておくべきでしょう。そして必要書類の提出はすぐに提出するようにするべきです。提出書類を用意するために手間取って時間がかかってしまえば、審査の時間が遅れることは必然になります。また遅れることでそこまで困っていないと判断され、審査を落とす確率が上がるなどとも言われていますので、少しでも早く書類は提出するように心掛けるべきでしょう。覚えておいて欲しいことは、申し込みしたらすぐに書類を提出するということ、そして提出書類は事前に用意できるのであれば事前に用意しておくべきということになります。

ビジネスローンを扱っている業者は少ない?

shutterstock_428453527

今現在この記事を読んでいらっしゃる方は、ビジネスローンについて少し調べたことがある方が大半でしょう。あるいは初めてビジネスローンについて検索してこの記事に辿り着いた可能性もあります。いずれでも構わないのですが、ビジネスローンを提供している貸金業者は非常に少ないことを知っておくべきでしょう。上記に三社連続で審査に落ちたらビジネスローンは厳しいと書きましたが、そう言っても過言ではないくらいビジネスローンに積極的な貸金業者は少ないのです。特にビジネスローンを提供している大手貸金業者は本当に少なくなりますので、審査に申し込みする際は絶対に通るだろうと思える貸金業者を選ぶ方が良いかもしれません。だからといって金利の高い貸金業者を選ぶことが賢明ではないのですが、こればかりは本当に難しいところです。

誤入力に注意

shutterstock_416895724

もしも大手貸金業者のビジネスローンの審査に落ちてしまった場合は、金利が高くても中小貸金業者のビジネスローンを選ぶ・不動産の担保を用意できないか・売掛債権を利用して資金調達できないか・そもそも審査に落ちている原因はなにか、これらを検討していく必要があるでしょう。特に審査落ちの原因はよくよく検討する必要があります。というのも審査落ちの原因が過去の金融事故などでブラックに入っているのであればあきらめるしかありませんが、その他の理由で審査に落ちているのであれば、その理由を絶対に解明しておく必要があります。そのその他の理由の中でも最もくだらない審査落ちの理由は、審査に申し込みした際の入力ミスになります。たかが入力ミスくらい……このように感じた方は大変危険です。というのも入力ミスが審査落ちの原因になった方は決して珍しくないのです。というのも審査に申し込みする際はあらゆる項目を入力していく必要があります。個人情報や会社情報などですが、氏名を間違えれば審査に落ちますし、電話番号を誤っているのであれば連絡をしようにも連絡できません。上記では審査に落ちると書きましたが、審査に落ちるというよりも審査すらできないといった方が正確かもしれません。つまりビジネスローンの審査を受けて、どうしても審査に落ちた原因を把握できないという方は、もしかしたら入力ミスの可能性があります。特にインターネットを介して審査に申し込みするところが増えてきました。ビジネスローン以外のフリーローンでもインターネットを介したパソコンやスマホで審査に申し込みでき便利になった反面、ふと入力ミスをしていることがよくあります。ペンで書いていた時代であればそうそうありませんが、マウスの誤操作やキーボードの押し間違いは誰でも可能性があります。特に深夜などの眠たい時間に審査を申し込みする際は非常に注意しておくべきでしょう。意識がうつらうつらした時間帯に審査を申し込みするのであれば、何度も見直して確認ボタンを押すように心掛けるようにするべきです。またパソコンやスマホの操作に慣れている方ほど案外誤操作が誤入力をしてしまう方がよくいらっしゃいますので、本当に注意しましょう。そういったことで審査に落とされることは本当にくだらないことです、と断言できます。

虚偽の申告は当たり前だけどNG

shutterstock_311619221

また誤操作誤入力だけでなく、虚偽の申告は絶対にしてはいけません。ついつい審査を受ける際は見栄を張りたくなりますし、別にこのくらいの嘘であれば大丈夫だろうと考えて、虚偽の申告をしてしまう方が多いようです。たしかに数字を良くすれば審査に通りやすくなるかもしれませんし、デタラメを入力することで審査に通る可能性を高めるケースもあるでしょう。しかし虚偽の申告はすぐにバレてしまいます。相手は審査のプロになります。プロの世界はこれまでそういった虚偽の申告をしてきた方を何度も見てきていますし、そして返済が滞納されてしまったという経験もあるでしょう。申し込みする側は大丈夫と思っても審査をする側はその点に気付きますし、場合によっては電話連絡などで確認を受けることもあるでしょう。つまり虚偽の申告はすぐにバレるだけでなく、バレた場合は審査に落ちる可能性が非常に高くなるということです。ちなみに虚偽の申告か否か調べる方法は個人信用情報機関の活用や書類の提出などがあります。言うなれば審査に必要という名目で怪しい入力部分を証明するための書類を提出して欲しいと言われれば断れないのです。それでそのまま本当の書類を送っても嘘だとバレますし、偽物の書類を送った場合はなんらかの罪に問われる可能性うらあります。また絶対に書類は送らないと断固拒否した場合は、そこまで拒否するのは理由があると考えられます。そしてその理由は虚偽の申告をしているのではないだろうか、と考えられるのです。つまり虚偽の申告をした方は逃げる道がなくなってしまうのです。何度もしつこいようですが、審査の際に見栄を張る必要はありません。本当の状態をありのまま提出することで、かえって審査に通るのです。

最後に

shutterstock_416923816-1

以上のようにビジネスローンの審査についての解説は終わります。ビジネスローンだから審査は厳しいわけではありません。きちんとした態度で審査に申し込みすれば、ビジネスローンは審査に通る可能性がありますので、ビジネスローンは審査が甘いと言っても過言ではありません。是非、一度検討してみてはいかがでしょう。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です