10万円〜50万円即日融資キャッシング【24時間365日土日祝】

10万円以上のお金を即日融資で受け取りたいと思っていても、即日融資が可能な業者は非常に多く、いったいどこを利用するのがいいのかその判断に迷ってしまうのではないかと思います。

今回は、消費者金融、銀行、クレジットカード会社までもを調べた上で、10万円以上で50万円くらいまでを即日融資が可能な業者を紹介したいと思います。

また、調べた業者の中から特に重視したい要件である

  • 「審査や融資の時間短い業者」
  • 「夜遅くに申し込んでも即日融資ができる業者」

のような業者もそれぞれ紹介したいと思います。

これから即日融資を受けようと思っているならば、ぜひともこちらを参考にしてみて下さい。

この記事の目次

即日融資を受けられるところはどこ?

shutterstock_560027782

まず、即日融資を受けることができるのか、できることならば即日融資をすることのできる全ての業者を紹介したいところですが非常にたくさんあります。

なので、消費者金融や銀行カードローン、それらが大手であるか中小であるか、はたまた都市銀行か地方銀行なのかどうか、という区分にわけていくつかだけを簡単にピックアップして紹介したいと思います。

大手消費者金融

まずは大手消費者金融です。

先に述べておくと大手の消費者金融は融資をするまでのスピードが特に売りであるために、ほとんどすべての大手の消費者金融で即日融資が行えると思ってもらって大丈夫です。

高額融資の場合は不可能なこともありますが、10万円から50万円程度であればほぼ大丈夫です。

一覧として挙げるならば、

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン
  • セゾンファンデックスVIPローンカード
  • オリックス・クレジットVIPローンカード

が挙げられます。

中小消費者金融

中小の消費者金融はあまり名前が知られていない所が多いです。

  • 関東信販フリーローン
  • ある子システム
  • アレックス

などが挙げられますが知らない人も多いでしょう。

また、一応は即日融資を受けることができますが金利面、振り込み融資にしか対応していないなどのデメリットが非常に多くなっています。

なので、積極的に利用すべきだとはあまり言えません。

都市銀行のカードローン

都市銀行、いわゆるメガバンクと呼ばれる銀行のカードローンです。銀行は得てして審査に時間がかかると思われがちですが、都市銀行の中では三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、

ネット銀行

ネット銀行としてはジャパネット銀行、セブン銀行カードローン、じぶん銀行などが即日融資に対応しているカードローンとして挙げられます。

地方銀行のカードローン

地方銀行は一部では地方でしか利用できない場合もありますが、スルガ銀行や愛媛銀行などのカードローンでは全国で利用することができますし、即日融資にも対応しています。

収入証明書や口座の有無

主に挙げられるのは上記に挙げたカードローンですが、これらを利用する際に注意して見ておいてほしいのが、収入証明書や口座の有無が、即日融資をするための条件となっていないかどうかです。

特に銀行カードローンでは申込みの時点でその銀行の口座を持っていなければならない場合も多いです。

消費者金融の場合にも特定の口座を持っていれば即日融資を受けられると言うこともあります。

また、収入証明書は本来は一定の金額以上の借入の場合にのみ必要となることがほとんどですが、場合によっては収入証明書が無ければ即日融資を受けられないというカードローンもありますので、それぞれのホームページなどできちんと確認をしておきましょう。

即日融資のお金の受け取り方と注意すべき点

shutterstock_413201332

では、次は即日融資でお金を受け取る際の注意点を紹介したいと思います。

特にどのような方法で借入をするのか、借入をするための時間についてを中心に紹介したいと思います。

カードを発行してもらう場合

まず、最も確実に即日融資を受けるための方法としてローンカードを発行してATMから借り入れをすると言う方法があります。

申し込みから契約までを終わらせた後に店頭窓口か自動契約機でその場でカードを発行してもらうのが主ですが、これをしなければカードは後日に郵送されることになり、振り込み融資の時間に間に合っていなければ即日融資が不可能になってしまいますので注意しましょう。

振り込み融資を受ける場合

次の方法は口座への振り込み融資です。

申し込みや契約までの手続きは同じですが、こちらの場合はホームページや電話、FAXなどを使用して家に居ながらでも融資を受けることが可能です。

ただし、カードを発行してもらう場合と比べると即日融資を受けられる時間が、銀行甲斐営業している時間帯までとなっているために、かなり短くなっています。

即日融資を振り込みで受けたいのであれば、早めに申し込みを済ませるように注意すべきだと言えるでしょう。

必要な書類を絶対に忘れない

消費者金融であっても銀行カードローンであっても、申込みの際には必ず書類が必要になります。

絶対に必要な書類としては本人確認書類である運転免許証や健康保険証、パスポートなどのいずれかです。

収入証明書はだいたい50万円以上の借入となる場合に提出を求められることがありますが、中小の消費者金融の場合には借入金額に関わらず収入証明書の提示を義務化している場合もありますので事前に確認をしておくようにしましょう。

また、カードを発行する場合には店頭窓口や自動契約機で契約とカードの発行を行うことがありますが、その時に書類を忘れてしまうと取りに戻る羽目になってしまいます。

なので、家以外の場所で契約を行う際には必ず忘れないように出かける前にしっかりと確認をしておきましょう。

即日融資を受けられる時間帯は限られている

即日融資を受ける際に特に注意しなければならないのがタイムリミットです。

その時間までにやらなければならないことが決まっており、何時までに何をすれば即日融資に間に合うのか、ということを事前に知っておく必要があると言えるでしょう。

例えば、振り込み融資であれば銀行の営業時間である平日の14時までに申し込みから振り込み依頼までを済ませていなければならない、と言う条件があります。

上記に早めに申し込むべきと述べましたが、その理由がこちらになります。

また、申込みの後には審査が行われますが、この審査にはそれなりの時間がかかります。

最短で30分という業者もありますが、それはあくまでも最短であり、1時間以上はかかるものだと考えておいた方がいいでしょう。

もし、その審査に時間がかかり銀行や自動契約機の営業時間を超えてしまえば、即日融資は受けられませんので要注意です。

込み合う時間帯に要注意

当然のことですが、借入先に申し込みが殺到していれば、それだけ手続きに時間がかかってしまいます。

特に平日の12時から13時頃、平日の18時以降は込み合う時間帯なのでこのような時間帯に申し込むと即日融資が厳しくなる場合がありますので気を付けましょう。

なお、土日祝日に審査をしていない場合には、金曜日の終業後から月曜日の始業までにあった申込みは月曜日に審査がされます。

そのために、月曜日の審査も込み合う可能性が高いので、曜日をずらしておくようにすべきだと言えるでしょう。

各社における即日融資の条件の一覧

shutterstock_445172830

では、次はいくつかの金融機関の即日融資を紹介したいと思います。

条件としては融資の方法、申し込み方法、最短の審査時間、時間の期限を紹介したいと思います。

なお、カード発行による融資を受ける場合は、自動契約機や店舗の営業時間となりますので、覚えておきましょう。

大手消費者金融の即日融資の条件

プロミス

プロミスの場合は、プロミスの自動契約機、SMBCローン契約機のカード発行、電話かホームページによる振り込み融資があります。

カードを発行する場合は9時から22時、もしくはSMBCローン契約機の場合は21時までとなっています。

振り込み融資は14時50分までに、申し込みから振り込み依頼を終わらせましょう。審査時間は最短で30分です。

なお、三井住友銀行かジャパネット銀行の口座があれば、24時間いつでも振り込み融資を受けることができます。

アコム

カード発行の場合はむじんくん、三菱東京UFJ銀行のカードローン契約機、店頭窓口にて行えます。

むじんくんは21時、三菱東京UFJ銀行のカードローン契約機では平日が19時、土祝が17時、日曜日は16時までとなっています。審査の最短は30分です。

振り込み融資は電話かホームページで行え、平日の14時までに手続きを完了させましょう。

なお、カードの発行の場合は契約までを電話かホームページで終わらせることもできます。

振り込み融資の際に楽天銀行の口座があれば、原則24時間振り込み融資が受けられます。

他にも

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

の口座に振り込みをするのであれば、タイムリミットが平日の18時までに伸びます。

モビット

モビットはカード発行をローン契約機、振り込み融資を電話かホームページで行えます。

それぞれ21時まで、平日の14時50分がタイムリミットとなっており、審査時間は最短で30分です。

なお、カードは申込みと必要書類の提出が完了すれば先に発行されますが、審査に通過しなければ使えないので注意しましょう。

アイフル

アイフルでは、自動契約機と店頭窓口によるカードの発行、電話とホームページによる振り込み融資があります。

それぞれに審査時間は30分が最短ですが、それぞれにタイムリミットが違います。

自動契約機は22時まで、店頭窓口は平日の18時まで、百合込み融資は平日の14時までとなっています。

ノーローン

ノーローンのカード発行はレイクの自動契約機で行えます。

振り込み融資の依頼は電話かホームページで行え、審査時間は最短で20分となっています。

自動契約機のタイムリミットは20時30分、振り込み依頼は平日の12時30分となっているので注意しましょう。

なお、カード発行は第3日曜日だけがタイムリミットが18時30分となります。

また、楽天銀行の口座があればタイムリミットが平日の17時までに伸びます。

セゾンファンデックスVIPローンカード

こちらは一般コースを利用しましょう。プレミアムコースもありますが、そちらは年収500万円以上が無いと使用できません。

融資方法は振り込み融資しかなく、ホームページで行います。最短で即日ですが、契約を平日の12時まで、依頼を平日の13時までに行わなければいけません。

オリックス・クレジットVIPローンカード

こちらも振り込み融資飲みです。申し込み方法はホームページからで、審査時間は最短60分で、タイムリミットが平日の14時30分までとなっています。

中小の消費者金融の場合

中小の消費者金融の場合は、全てで融資方法が振り込み融資しかありません。審査時間はまちまちですが、最短で15分というところもあります。

申し込み方法はホームページ、もしくは電話がほとんどで、タイムリミットは平日の14時か平日の午前中となっています。

都市銀行の即日融資の条件

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行の場合は、即日融資を確実に受けるのであれば、テレビ窓口という自動契約機を利用しましょう。

こちらは最短で30分で審査が終わります。

タイムリミットが平日は20時、土祝が18時、日曜日が17時となっています。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでも、ローン契約苦ACMという自動契約機を利用します。

最短で30分で、タイムリミットは21時までとなっています。

なお、こちらの場合は20時までに電話かホームページで申し込みを済ませておくと、ローン契約機での手続きをスムーズに追えることができますので、そのようにするのがおすすめです。

ネット銀行の即日融資の条件

ネット銀行は全て振り込み融資で、申し込み方法はホーム―ページのみです。

それぞれの銀行口座を持っている必要があります。

また、タイムリミットはそれぞれに違いますが、契約が完了していればホームページからいつでも振り込み融資が行えるようになっています。

セブン銀行カードローン

セブン銀行のタイムリミットは平日の20時30分、土日祝日が15時30分となっており、審査時間は最短で10分間です。

ジャパネット銀行カードローン

こちらは平日の14時までがタイムリミットで審査時間は最短で1時間です。

じぶん銀行じぶんローン

こちらはタイムリミットが午前中、最短即日で融資を受けられます。

イオン銀行カードローンBIG

こちらも最短即日で融資が受けられ、タイムリミットが平日の15時、土日祝日が14時までとなっています。

地方銀行の即日融資の条件

地方銀行では、だいたい午前中か12時、13時がタイムリミットとなっています。申し込み方法も電話かホームページFAXによるものだけで、融資は振込融資のみです。

なお、地方銀行の中で静岡銀行だけが口座開設をしなければカードローンを利用することができません。

しかし、ローンの申し込みと同時に口座開設も行え、手続きがスムーズに行えれば、即日融資を十分に受けられます。

それ以外の銀行カードローンの即日融資の条件

なお、他にも即日融資を受けられる銀行カードローンが二つあります。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは自動契約機によるカード発行とホームページや電話による振り込み融資の両方が行える唯一の銀行カードローンです。

審査時間は即時となっており、すぐに分かります、なお、タイムリミットはカード発行が21時、振り込み融資が平日の14時までとなっています。

なお、カード発行の場合は第3日曜日だけはタイムリミットが19時になりますので注意しましょう。

東京スター銀行バンクベスト

東京スター銀行は、振り込み融資のみでホームページからの申し込みを行います。

審査時間は最短で即日となっています。

なお、タイムリミットは申込みと契約でそれぞれ違い、平日の9時30分、平日の12時までとなっています。

なお、こちらは申し込み時に東京スター銀行の口座を持っていなければ利用できません。

クレジットカード会社の即日融資の条件

クレジットカード会社ではセディナカードローンが 即日融資が受けられます。

最短即日で、ホームページから申し込む振り込み融資のみです。

なお、タイムリミットが平日の11時までと短くなっていますので、こちらを利用する際には早めの申し込みをする必要があると言えるでしょう。

即日融資までの時間が早いところはどこ?

shutterstock_506699023

結局のところ、どのカードローンを利用するのが一番早く即日融資を受けることができると言えるのでしょうか。

融資までの時間が短い

まずは、融資までの時間が短いところから探して行きましょう。特にかなり急いでいるという場合にはこちらを選ぶのがベストだと言えます。

候補として挙げられるのは

  • プロミス
  • アコム
  • ジャパンネット銀行

です。

いずれも最短1時間で融資を受けることができます。

なお、ジャパンネット銀行の場合は口座を持っている必要がありますので注意しましょう。

アコムとプロミスを利用する場合には、カードを発行してATMからの借り入れが最短です。

審査時間が短い

また、急いでいる際には審査結果が早く分かることも重要です。

審査時間で最も早いのはレイクです。仮審査の結果を申込みの直後に知ることができます。

他には中小の消費者金融もいいかもしれません。

最短で15分から30分で行える業者もいくつかあり、その点は大手の消費者金融よりも優れている点だと言えるでしょう。

なお、時間を公表していないネット銀行や地方銀行でも、セブン銀行は最短で10分、静岡銀行カードローンは最短30分で審査をしてくれます。

しかし、審査の早さは融資の早さに直結しない場合もありますので、そちらだけに注目をし過ぎないようには注意しましょう。

カード発行が行えるローンを選ぶのが最速

なお、より確実に即日融資を受けるのであれば、カード発行を行えるカードローンを利用するようにしましょう。

振り込み融資では依頼後に実際に振り込みが行われるまでにタイムラグが発生することがあります。

一方のカード発行の場合は、契約完了と同時にカードの発行がされますので、店舗や自動契約機に併設されているATMを利用すればその場ですぐに借入をすることができます。

なので、契約後にすぐにお金を借りたいのであれば、カード発行ができるローンを選ぶのがベストだと言えるでしょう。

夜遅くまで借入ができるところはどこ?

shutterstock_456793921

仕事をしている方にとっては、仕事後でしか時間を作ることができないと言う方も多いでしょう。

そのような方へ向けて、夜間でも即日融資を受けることのできる業者がいくつかあります。

遅い時間までに即日融資ができるのが、主に大手消費者金融や都市銀行のカードローンです。

ただ、こちらの場合はカードを発行して借入をするパターンばかりなので、必ず自動契約機を利用しなければならないということには注意しましょう。

なお、遅い時間と言っても21時や22時が限度です。アコムやモビットが21時、プロミスが22時です。

銀行カードローンの中では三井住友銀行カードローンとレイクも21時までの即日融資が可能になっています。

ただ、ギリギリの時間になるとカードの発行はできるけれども審査は行えないという場合もありますので、できることならば期限の時間の1時間前には申し込みを終わらせるようにするのがベストです。

夜に振り込みが可能なところは?

また、プロミス、アコム、セブン銀行カードローンでは夜間でも振り込み融資をしてくれることがあります。

しかし、条件として、既に契約までを完了している事と、指定銀行の口座を持っていることが挙げられますので、全員が振り込み融資を夜間にもしてもらえるわけではありませんので、注意しましょう。

低金利で借り入れができる業者は?

shutterstock_146395343

即日融資をしたいと思うと、どうしてもそこだけに注目してしまい、借入の際の利息をついつい見逃してしまいがちです。

返済時の利息を少しでも抑えることができれば、それだけでもかなりお得に利用しているということになりますので、金利が安くなり、なおかつ即日融資を受けることのできる業者を紹介したいと思います。

単純な金利率が少なくなるのは関東信販少額ローンの7%、セゾンVIP銀行カードローンのプレミアムコースの4~11.8%、静岡銀行カードローンの特約的用語上限金利の12.7%が挙げられます。

これらを見れば分かりますが、ほとんど銀行カードローンばかりですね。

ただ、借入のための条件が厳しいところもあります。

ただ、消費者金融は金利率が高くなりますが、プロミスやアコム、消費者金融並みに金利の高い新生銀行カードローンレイクなどには無利息期間というサービスがあります。

無利息期間はだいたい1ヶ月分だけではありますが、その分の金利は発生しなくなりますし、期間中に返済をすれば利息ゼロでの借り入れもできますので、そちらを利用してもいいでしょう。

金利を下げるコツ

なお、金利率と限度額は審査によって決定されます。そして、限度額は金利と反プレイしており、限度額が高ければ高い程金利は低くなります。

また、限度額というものは借入をすることができる上限の金額を設定するだけであり、実際に借り入れをするのはそれ以下でも構わないのです。

例えば100万円の限度額を貰ったとしても、10万円の借入を行ってもいいということになっています。

そして、そのような場合には10万円が限度額の時の金利ではなく、100万円が限度額の際の金利が適用されるようになっています。

つまりは、10万円を借入する際の金利が安くなるのです。

このように高めの借入希望金額を出す、というのは金利を下げる一つのテクニックだと言えるでしょう。

ただし、借入希望金額が高くなると審査に時間がかかってしまったり、審査に通過できる可能性が低くなってしまうこともありますので注意しましょう。

電話対応について

shutterstock_291867131

少し余談はなりますが、振り込み依頼をする際などにはホームページではなく、電話での申込みをする人がいると思います。

そこで、それぞれの業者における電話対応を比較してみました。

とは言っても、やはり対応がいいのは大手消費者金融、都市銀行、ネット銀行やクレジットカードが会社です。

これらの業者ではスタッフも徹底的にトレーニングがされており、不適切な印象は全くありませんでした。

また、質問にも丁寧に答えてくれますので、電話での質問などをするのにも適切だと言えるでしょう。

地方銀行は都市銀行と比較するとややカジュアルな印象を抱きましたが、決して悪いとは言えませんでした。

やはりこちらも銀行ですから、それなりに教育がされているでしょう。

そして、問題なのが中小の消費者金融です。中小の消費者金融では対応がいい会社とそうでない会社の落差がかなり激しく、本当にここを利用してもいいものか、と困惑してしまう程でした。

ただ、それは極端に悪い場合であり、中には大手の消費者金融と大差がない程に丁寧な対応をしてくれる業者もありました。

なので、中小の消費者金融を利用する場合には電話での対応も見ながら、信頼できるかどうかを考えた方がいいかもしれませんね。

なお、借入をする際に電話の対応は、どのような場合であってもあるものですので、覚えておきましょう。

どこを選ぶかは何を重視しているかで決める

shutterstock_21255415

では、最後にこれまでにいくつか挙げた即日融資に対応可能な金融機関の中から、結局のところはいったいどこを選べばいいのか、という結論を述べて行きたいと思います。

ただ、事前に注意すべきことがあります。それは一番適切な選び方は、自分自身がベストだと思う業者を選ぶことです。

そのために、自分自身が何を重視しており、どのような点で優れている業者を選べばいいのか、ということをあらかじめ考えておく必要があると言えるでしょう。

ただ、今回のような即日融資をとにかく行いたい、と言う場合では以下の2通りのことを重視する場合がほとんどだと思います。

時間を重視する場合と、金利を重視する場合、このどちらかだと思いますので、この2点それぞれに着目した場合のおすすめの金融機関を紹介していきたいと思います。

時間重視の場合

shutterstock_83279887

まず、時間を重視する場合では融資までの時間かタイムリミットに気を配ることになると思います。

とにかく早く借入をしたいと言うのであれば、上記にも上げた通り、自動契約機でカードを発行することのできるカードローンを選ぶのがベストだと言えるでしょう。

その中でも審査時間も融資までの時間が早いのはレイクです。

そのほかにも自動契約機が使えて審査時間や融資までの時間が早い金融機関は

  • プロミス
  • アイフル
  • レイク

と言った大手の消費者金融がほとんどです。

ただ、これらを利用する場合にはどうしても金利が気になると思います。

消費者金融は金利率が高めなので、どうせならば金利率の低くて、しかも借入までの時間が早いところを選びたい、と言う方もいらっしゃるでしょう。

そのような際にオススメなのが、三菱東京UFJ銀行カードローンか三井住友銀行カードローンです。

こちらならば自動契約機によるカードの発行も行えますので、総合的に見て一番オススメなのはこの二つだと言えるでしょう。

金利重視の場合

shutterstock_324771713-%e6%9b%b4%e6%96%b0%e6%b8%88%e3%81%bf

金利を重視する場合には消費者金融を選ぶよりは銀行カードローンを選ぶのがベストです。

ただし、同じ銀行カードローンでも金利を気にするのであれば、レイクは候補から外れます。

レイクは金利率が諸費者金融並みになっていますので、銀行カードローンのうま味である低金利と言う点が上手く発揮できません。

なお、銀行カードローンはほとんど上限金利が14%から15%となっており、消費者金融と比較しても3%程度しか変わっていないので、あまり気にしなくとも大丈夫です。

ただ、どうしても低金利の金融機関で即日融資を受けたいと言うのであれば、銀行カードローンの上限金利の相場よりも圧倒的に安い関東信販少額ローンがオススメです。

こちらは7%の破格の低金利となっています。ただ、利用することのできる金額が10万円以下と限定されますので、それぐらいの借入である場合のみに限られますので注意しましょう。

いかがだったでしょうか。実のところ即日融資を受けられる金融機関は非常に多く、それぞれに様々な条件や内容のローンがたくさんあります。

たくさんあるからどこも同じ、というような考え方で安易に選んでしまうと後々の公開に繋がってしまう場合もありますので、それぞれの金融機関のホームページを見比べながら、どこが自分自身にとって一番有益となるかをしっかりと検討するようにしてから、どこから借り入れをするかを考えるのがベストだと言えるでしょう。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)