今回の記事では、カードローンの申し込みをする際に、もう既に他社借り入れがある方の場合においての、審査をされる際での傾向、法律上における総量規制のあり方、他社からの借り入れ件数の目安などに関しての基準について、それぞれ触れた内容になっています。今から、複数多社からの借り入れを考えたりしている方は必見です。

消費者金融事業者が扱う商品の場合、法律上の総量規制に注意

現在の貸金業法などをはじめとする金融関連法には、「総量規制」などといった名称の、消費者金融事業者が扱う商品サービスの利用に関しての、借り入れ規制の規定が表記をされています。この規定の条文内容をここで簡単に要訳をしてみると、現在の自分の年収の3分の1を超える消費者金融事業者からの借り入れ額は認められないという内容になります。このため、借り入れの申し込みを正当な方法などで行うような場合であっても、この規定の内容を上回る借り入れの申し込みなどをしたりした場合には、審査に落ちる可能性がとても大きいので、要注意です。また、前年度での年収が少なくて今年になり、収入がアップした方のような場合であったとしても、月収入面でも問題が無いような方でも、その時点での資産全体に借り入れ希望額全体の完済的余裕が無い以上、資産をはるかに上回る借り入れ総額には変わりがありませんので、間違いなく審査に落ちます。このように、現時点でのその借入希望者本人自身が現在有している総資産に関しての、現時点での状態を基にして消費者金融事業者としては審査を行うようにしていますので、借入先が単数あるいは複数問わず、総量規制を上回る借入希望額と思われるような場合には、どうしても審査が厳しくなってしまうといった傾向があります。また、もう既に複数社からの借り入れという多くからなる他社借り入れがあるような場合で、債務超過あるいは履行遅滞などに陥つているような方の場合には、一発で審査に落ちます。そうした点でも、そのような方の場合には、カードローンの申し込み自体を行う事よりも、弁護士や司法書士などの、法律分野の専門家の先生などがいる法律事務所への相談をなるだけ早いうちに行い、調停や破産手続とかへのぞんだ方が良いような感じがします。それでもそれらの各種手続きなどをやりたくないといった方の場合には、次の段落で詳しく触れます、今話した総量規制の対象には引っ掛からない、銀行系のカードローン各種商品の利用や申し込みなどを、ぜひともオススメします。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外

先程の貸金業法上での総量規制は、あくまで消費者金融事業者が扱う商品を対象にしたものですので、それ以外の貸付サービスの商品などは対象外です。そこで、それらの総量規制外になっている各種商品のうち、先程の段落末尾において少しだけ触れた、銀行系のカードローンについて、ここで具体的に触れてみます。この記事を読まれたりしている方の中には、もう既に総量規制の対象やあるいは複数多社などからの借り入れをされていて債務超過などの状態になっている方などもおられたりするかもしれません。それらのような方でも、実はその銀行の保有口座さえ持っていさえすれば、あるいはそれ無しでも、利用が可能である銀行系のカードローンが存在しています。ここでそれらのうちで、最もオススメである、楽天銀行・イオン銀行・オリックス銀行の各行が扱う、カードローン商品について見ていきます。これらのうち、イオン銀行だけが申し込みの際に、同行の保有口座を作る事が条件になりますが、そうした点を除いては大して変わりがありません。金利なども1.9%から14.6%の間という低さであり、300万円以内であれば、収入証明書類などが不要であるうえに、誰でも申し込みが可能な点が、とてもありがたいといえます。また、これらの銀行のカードローンにおいては、なんと、おまとめローン商品の利用や申し込みなども扱っており、複数多社から借り入れをしていて債務超過や履行遅滞などの陥ったりしていないような方の場合には、審査が通りやすいあるいは通る場合もありますので、先程の法的な債務整理などをしたくない方などにとっては、このようなサービスの利用とかは大変オススメなのは間違いがありません。これらの3行の各種商品サービスなどは、インターネット上にある公式サイトのお申し込みフォームのみからでの申し込みも可能ですので、大いに活用していくための余地がある各商品といえます。

零細企業の事業者や個人事業主の場合での申し込み

今、2.の段落において話した、銀行系のカードローン商品を零細企業の事業主や個人事業主などをはじめとする、いわゆる小規模事業者が申し込みや利用をしていく場合についての話になります。これらの事業者の部類に属する方の場合には、やはり、複数多社からの借り入れや、そうでない場合には金利が高めな1、2社からの高額な借り入れをしたりしているような方が多いような傾向があります。こうした点を考えてみると、やはり、おまとめローンのサービスの利用や申し込みをしたりする事がベストであり、断然オススメです。新たな借り入れをしたりする事も方法として考えられますが、それでは新たに申し込み希望額分の借入枠が増える事になり、それはそれで銀行側から断られて審査に落ちる可能性がありますので、そうした点でも新たな余計な借入枠を増やしたりしないようにするためにも、おまとめローンの利用や申し込みの方が、一番のベストなカタチなのは間違いがありません。おまとめローンの目的自体、余計な利息支払い分による負担を少なくしていくための目的がありますので、基本的に自らの商売を収入の柱としている小規模事業者の方にとっては、この商品サービスの利用といったものは、少しでも円滑な商売による収益を上げていくという面においても、必須の方法や手段といえます。

おまとめローンの利用は大変オススメ

つい今しがた話した、小規模事業者などには限らず、先程のおまとめローンの利用といったものは利息分の負担を効果的に減らしていくといったような面において、それの利用者である誰にとっても最善の方法や手段であるといえます。消費者金融事業者や銀行などの中でも、わざと利息分を減額させないようにして、そのままの利息での貸し付けを行い、高めの利息をむさぼろうとするような悪どいところもあるようです。このため、そうしたところから余計な支払いなどの回避をしていくための手段としても、おまとめローンは最適かつ最大の債務整理以外での防御方法といえます。複数多社からの借り入れを現在やっているような方の中で、債務超過や履行遅滞などへ陥る恐れとかがあると思われるような方の場合には、直ぐにでも利用をした方がよいかもしれません。借入先などによっても、必ずしもそこが全うなところばかりとは限りませんので、このようなおまとめローンなどの商品サービスは、消費者である利用者の方にとっては、大変安心して利用が可能であるサービスの類といえます。また、複数多社の分の借り入れを減らすとともに、借入先を自分が信頼出来る銀行のみに絞る事で、悪質な貸付カードローン事業者などから身を守る事も可能になりますので、こうした本当にイイ事ずくめのサービス内容ですので、必ず利用をしていかれる事が得です。

今まで述べてきた、他社借り入れがある方の背景にある事情について

今回の記事においては、複数多社からなる規模の他社借り入れがある方の場合での、カードローン申し込みについての内容について触れてみました。そして現実問題としても、そういったような方の場合、やはり零細企業の事業者や個人事業主などをはじめとする、いわゆる自営業者である方が多く、中々収益が上がらず、そのため確定申告が出来ないあるいはしにくいなどといったような事情の方が多いといった裏事情もあります。また、それだけではなくて、確定申告などをしなければお金を貸さないなどといった現在の多くの各貸付事業者が行う制度の内容などにも問題がある点も否定は出来ず、これ自体が小規模事業者の資金繰りの苦しさといったものに拍車を掛けているところがあるようにも思われます。このような現状などからしても、小規模事業者には、破産手続き申し立てもしくは調停などでしか選択をする余地が無くなってしまい、今度はそれらの各種法手続きを行うと、社会権や自由権においての何らかのカタチでの制限などを受けたりしてしまい、今度はそれで不自由などを強いられたりするなど、決してそれらの何れかによる債務整理が出来たとしても、今度はそちらでの新たな問題や不自由などによる制限とかの課題が出て来たりしますので、決してのぞましい解決のやり方とはいえません。確かに先程も今まで触れてきたように、銀行系のカードローンでのおまとめローンの種類サービス商品を使う事も解決の手ではありますが、やはりこれ自体にも審査といったものがあり、必ずしも誰でもそれを通過出来るなどといったような保証は必ずしもありません。また、そのサービス自体も借り換えサービスの一種であり、申し込み時においては債務超過が深刻な方や履行遅滞などに陥ったりしているような方の場合には、銀行によってはどうしても受付けられないなどといったような審査に関しての態度を採ったりするようなところも少なくはありませんので、それらのような方でも利用が可能である、おまとめローンのサービスなどが出来るようになれば、生活がかなり改善がなされる方などもいたり、そのおかげで我が国内の経済の立て直しや税収などにつながる事なども期待が大変ありますので、やはり日本政府なども、そうした面に法的な力を入れていくべきであると思えるところがあります。

さて、ここまで他社借り入れがある場合のカードローンの申し込みについて記述をしてきましたが、やはり、まだまだ我が国内においての借り入れ制度に関しての法的整備などがまだまだであるような感じもしないではありません。先程も話した銀行系のカードローンやそれらの一種であるおまとめローンのサービスなども魅力的ですが、もっと多くの方がその恩恵に与れるべきであるといった声も、決して少なくはありません。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事