今回の記事においては、それぞれ審査が通りやすい各種カードローンの種類や品目類などについて、述べた内容の記述がなされています。

なるだけ多くの方に役立てていくためにも簡潔明瞭に述べた内容になっています。

このため、ぜひともこの記事を読まれた方へご参考にして頂けたなら幸いです。

審査が落ちるといった、具体的な理由について

これはよくある話でもありますが、カードローンの審査に「よく落ちる」などといった不満の声なども正直、少なくはありません。

これにはやはり理由がある事とは思いますが、実はその主な原因と考えられるものは、大抵の場合には、安定した収入の有無、あるいは就労形態などにあるような傾向が挙げられます。

元々、カードローンを扱う消費者金融事業者各社は、借り入れ希望者や借主の方へ、返してもらう事が前提で貸し付けを行うようにしています。

このため、貸付そのものの条件としては、なるだけ安定をした収入がある方を対象にした、商品サービスを行うような方針にしているような感じです。

そのため、これは次の段落においても詳しく触れますが、主に被用者であるサラリーマンや公務員、組合員とかのような、定期的に収入が安定をした方を対象に、サービスを行うようにしているといった、貸付サービスの方針といえます。

その点を考えてみると、やはり、中々収入が安定をしない、

  • 個人事業主
  • 企業経営者
  • 非正規雇用の社員
  • パート
  • アルバイト

などのような方の場合には、貸付の対象とはしていないので、借り入れの申し込みそのものが出来ないなどといったような感じもしないではありません。

しかしそれでも、カードローン業者の中には、それでもある程度の資本力がある方には貸し付けをしたりしてくれるようなところもありますので、そうしたところなどは大変親切なところであるようにも思えます。

ただし、やはり収入が少ないといった点には変わりがありませんので、安易な借り入れや借り増しなどの判断は、後で返済そのものが大変な事態をも招きかねません。

そうした点を考えてみると、消費者金融事業者側が言うように、ある程度の急な多額な入用などがあっても、なるだけ完済などが可能である方を対象にして、こうした貸付サービスを行いたいという方針は、わかるような感じがします。

以上のような点を意識しながら、借り入れの申し込みをするか否かの判断を、借り入れ希望者である消費者側としてはしていくべきかもしれません。

キャッシュカード式のローンは、基本的にはビジネスマン向け

これは1.の段落でも少しだけ触れましたが、消費者金融事業者側としては、サラリーマンや公務員、組合員などをはじめとした収入が安定をしている被用者の方を、主な対象にしてカードローンによる貸付サービスを行うようにしているといった点について話しました。

つまり、ここでいうキャッシュカード式であるカードローン自体は必ず収入が手に入るビジネスマン向けの商品であり、必ず将来的には完済が可能であるという保証がある前提で、貸付が行われるといった傾向がある事になります。

そのため、それら以外の方が審査に落ちたりする事も無理が無いような感じもします。

ただ、やはりこのここでいうカードローンの商品そのものもフリーローンという部類にあたる商品の一種であり、先程も話した被用者での雇用形態などの方に限らず、それら以外の方でも収入が安定をしていて借り入れ自体を必ず完済出来るような保証がある方の場合には、借り入れそのものが可能ですので、この事からも、それならば完済が可能な範囲での、借り入れ限度額を算出したうえで借り入れ申し込みを、個人事業主その他のそれらに該当する方としてはしていくべきという必須の条件が成立をする事になります。

しかしながら、それでそれらの方が借り入れを実現出来たとしても、今度はさらなる金利獲得を目的として、借り増しの催促を押しながらするようなカードローン事業者などもあるようです。

そうした点を考えると、現時点での資力面での余力に関しての現状を考えながら、低所得者である借主の方としては、それ以上の借り入れや借り増しなどが原因による破たんなどを招いたりしないようにしていくためにも、そうしたローン事業者側からのセールスによる催促を断る勇気もやはり必要です。

今話した点は、収入が安定をしている先程も挙げた方についても同じといえます。やはり、自分達のビジネスとしてのカードローンの商品を各消費者金融事業者は扱っていますので、貸付そのものが金利獲得によるビジネスという事になります。

そして、そこには個人的感情である情けなども通用しない現実があり、支払いが滞れば厳しい取り立てをするといった事しか彼等の頭にはありませんので、この点をようく留意をしながら、借り入れや借り増しなどをしていく必要性があります。

中々借り入れが出来ないという、現状の厳しさについて

これは本当に現実にある傾向ですが、先程も話した収入が安定をしている方でも、カードローンの審査に通らないような場合もあるようです。

とくに複数多社からの借り入れや債務不履行・履行遅滞とかが無いような方でも、そのような事があります。

このようなケースでは、消費者金融事業者側が、いくら安定をしている収入のある方であっても、その全体的な資力面において貸付などを実際にしてみても、本人自身が利息分をも含めた完済そのものが、将来的に無理であると判断をしているところが大きいといえます。

これも先程も話しましたが、やはり、最終的には貸し付けたカードローンの債務全体の完済をしてもらう事が、各ローン事業者の目標ですので、そうした目標にはそぐわない、安定した収入のある方からの借り入れ申し込みをお断りするような事態もあります。

そうした点をも考慮しながら、借り入れの申し込みをしていく心構えが必要です。

収入が無くても借り入れがある程度可能な、各種商品

さて、収入が安定をしている方でも資力が少ない方、個人事業主や事業経営者、パート、アルバイト、非正規雇用社員などのような収入が不安定な方、無職者である方などでも借り入れやその申し込みなどが可能であるフリーローン形式のカードローンを扱う各事業者や商品類について、この段落で触れてみます。

ここで挙げられる商品としては、

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ノーローン
  • モビット

の計5社のものがあります。

全体的にはこれらの5社のうち、アコムとアイフルが審査通過率が45%以上という高さがあり、審査そのものの通りやすさといった面に関してはダントツといえます。

ただ、それらのうちでもアイフルに関しては、貸付面においての厳しさといったものがあり、希望通りの金額の借り入れが出来ないような場合がありますので、この点を最初に留意をしながら、ここを利用していくという心構えが必要です。

一方、アコム社に関しては審査面においての通過率なども高い面からしても、審査が通りやすいという事からも、借り入れをしていく価値は大いにあります。

それでも借り増しなどをやり過ぎたりしてしまうと、たちまち債務超過や履行遅滞などの事態を招いたりしてしまいますので、扱いには注意が必要といえます。

その他の、プロミスやノーローンモビットに関しては、審査通過率が40%以下あるいは不明といったような点からしても、やはり審査通過面での低さが目立つような傾向がありますので、それ程はお勧めの各商品サービスとは言えないような面も無いではありません。

それでも従来型の専用ATMのみでの出し入れだけではなくて、ネット銀行なども含めた指定した保有口座への振り込みによる借入金の入金、銀行引き落としによる返済なども可能になりましたので、大きなサービス面においての向上による努力がなされています。

このように近くに専用ATMが無いような場所に住んでいる方でも、近くのコンビニにある金融ATMにおいて出し入れによる利用が可能になりましたので、感謝次第といえます。

事業者の方がカードローンでの借り入れを申し込む場合

これはとくに、

  • 零細企業の運営者
  • 個人事業主
  • フリーランス

などのような小規模事業者である方の場合についていえる事ですが、基本的に、年収の3分の1以上の借り入れは出来ないという法律上の総量規制の規定の対象外としての借り入れが可能である「事業者向けカードローン」という、それらに該当をする就労形態を採っている方向けの商品が存在しています。

あくまで事業者向けの商品であり、サラリーマンや公務員、組合員、パート、アルバイト、非正規雇用社員などの方は借り入れやその申し込みが出来ない事は言うまでもありません。

また、同商品の借り入れや申し込みをする際には、次に挙げる幾つかの諸条件が必要になりますので、これらを押さえたうえで、申し込みをしていく事が重要になります。

まずは自身が、個人事業主あるいはそれ以外の株式会社などの法人を除く事業者である事です。

株式会社の場合、法律上における総量規制の対象になってしまいますので要注意です。

2つ目は、白色申告あるいは個人事業主としての青色申告をしている事です。

ローン自体の利用申し込みの際に、これらの何れかの申告書の写しあるいは本体が必要になる場合がありますので、必ず確定申告はやっておくのがベストといえます。

そして最後に3つ目は、具体的な事業計画書や資金計画書を提出する事です。

これが実は大変重要であり、借り入れ目的そのものに具体性があるのか否かを判断していくためのローン事業者側にとっての、最両面での指標になりますので、これらに該当する提出書類の作成などは必須です。

ただし、オリックス銀行が扱っているカードローンなどは、なんと300万円までの借り入れに関しては、原則として各種所得証明書類の提出とかが不要ですので、インターネット上にある同銀行の公式サイトに設置をされているフォームのみからの申し込みも可能であり、個人・法人問わず、利用が可能な点がとてもありがたいといえます。

審査が通りやすいので、事業者である方には一番お勧めである貸付商品なのは、間違いがありません。

以上のように、フリーローン・事業者用ローン問わず、審査が通りやすいカードローンの類である各種商品についての概要を、それぞれ述べさせて頂きました。

本当にここで述べた商品はみな、従来型のものに比べると格段に利便性の面において向上が見られますので、是非とも利用をしていくべき価値が大いにあるものばかりです。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事