アイフル返済方法まとめ【返済時の手数料とお金の返し方】

アイフル水商売
アイフル アイフル返済
実質年率4.5%~18.0%
借入限度額1000円~500万円
審査時間最短30分
即日融資
月々の返済5,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
アイフルのおすすめポイント

  • 申し込みから審査融資までWEB完結可能
  • ローンカードは指定時間に配達可能
  • 収入があればパート・アルバイトOK
アイフル返済アイフル返済

 

アイフルの返済方法

アイフルでカードローンやキャッシングを行った場合、様々な方法で返済することができます。

提携ATM

最も便利なのは近所のコンビニなどの提携ATMを使い、必要額を支払うという方法が挙げられます。そのコンビニがアイフルと提携していることが条件となりますが、コンビニなら24時間営業しているので時間の心配をすることなくいつでも好きな時にリアルタイムで返済することができます。

口座振替

毎月わざわざ自分で返済するのが面倒な場合は、自動的に返済額が引き落とされる口座振替を設定しておくと良いでしょう。金融機関によっては設定できないこともあるので、事前に確認が必要です。また、うっかり残高不足になってしまうと引き去りができず、滞納扱いになってしまうので引き去り日前に必ず残高の確認をしておきましょう。

銀行振込

この他、銀行振込も対応可能ですがインターネットなどから営業時間外に手続きをした場合、処理が翌日以降になってしまうこともあるので注意が必要です。特に土日や祝日を挟むと何日も返済が遅れてしまうことがあるので、滞納にならないよう時間帯にも気を配っておきましょう。

店舗 自社ATM

確実にその場で返済を終えたい場合は、直接店舗へ行って窓口や自社ATMから返済したほうが良いでしょう。

直接返済すれば手数料などもかかりませんし、処理に時間がかかることもないので確実にその日のうちに返済を終えることができます。

支払期日が迫っている場合など、近所に店舗や自社ATMがあるなら利用するのがお勧めです。

アイフルの手数料無料の返済方法

アイフルには主に5つの返済方法がありますが、内容によっては返済するたびに利用手数料が必要となります。

特にコンビニなどにある提携ATMでは、利用する時間帯などによって200円以上の手数料を取られてしまうこともあるので、積み重なれば大きな損をしてしまいます。

余裕がある時に頻繁に返済していきたい人の場合、これでは損が大きくなってしまうため、できるだけ手数料無料で返済できる方法を選んだほうが良いでしょう。

アイフルの場合、手数料無料で返済できるのは

  • 口座振替
  • 店舗窓口
  • 自社ATM

の3種類の方法になります。

口座振替

口座振替は自動で引き落とされるので返済忘れを防げますが、金融機関によって振替日が異なったり対応できないケースもあるので注意しておきましょう。

店舗窓口

店舗窓口や自社ATMで直接返済する場合は、営業時間を確認しておく必要があります。店舗は平日の10時から18時まで、自社ATMは7時から22時まで営業している所が多いです。その場で確実に手続きを完了させられるメリットがありますが、店舗は日本各地に全部で25店舗しかないので不便なこともあります。

自社ATM

自社ATMは約500台ほど設置されており、主要駅の周辺に主に設置されているので使い勝手も良く便利です。

店舗や自社ATMが近くに無い地域は口座振替を選ぶことになるので、手数料のことが気になる場合は申込時から口座振替の申し込みを進めておくと良いでしょう。

いずれの場合も返済が遅れれば滞納扱いになってしまい、信用情報に傷がついてしまうので確実に返済することが大切です。

アイフルの返済期日は?

アイフルには返済期日というものが設定されており、主に約定日によって決まるタイプとサイクルごとに定められたタイプの2種類から好きな方を選ぶことになります。

口座振替を選んだ場合は個人ごとに自動的に振替日が決まってしまうため、返済期日もそれに準じることになります。

約定日制

約定日タイプを選んだ場合、任意の日を返済期日として設定することができます。指定した期日が休日や祝日だった場合は翌営業日が期日となり、それまでに必要な金額を支払う必要があります。

例えば10日を期日として決めた場合、その月の1日から10日までが返済期間となります。1日より早く返済してしまうと、先月分の追加返済として判断されてしまうため、当月分はまた別途返済しなければなりません。元本が減ることに違いはないのですが、1ヶ月の間に2ヶ月分返済することになるので経済的に辛くなります。

当月分を返済できなければ滞納になってしまうこともあるので、早く返済しすぎるのも注意しておきましょう。

サイクル制

サイクルタイプでは、前回の返済日の翌日以降35日目が次の返済期日になります。35日の間であればいつ返済しても良く、約定日タイプのように早く返済しすぎたから前回分と判断されるような心配もありません。

どちらを選んでも構わないのですが、約定日が毎月同じ方が覚えやすいという場合は約定日タイプ、とにかく返せる時に返しておきたいという場合はサイクルタイプを選ぶと良いでしょう。

返済が遅れた時は?

どの返済方法や返済期日を選んでも、返済が遅れてしまえば滞納扱いとなり、事故の履歴が個人信用情報に記録されてしまいます。

将来的に新しいローンが組みにくくなるなどデメリットが計り知れないので、できるだけ返済を遅らせるのは避けたいところです。

遅れてしまいそうだと事前に分かった場合は、黙っているのではなく1日でも早くアイフルに相談するようにしましょう。

誠意をもって事情を説明することで、返済が遅れても滞納扱いにせず支払いを待ってもらえることもあります。返済日ギリギリでは対応してもらえないこともあるので、遅れそうだと判断できた時にすぐ連絡しておくのがポイントです。

無理なく返済できることが一番大切なので、計画的に借りるようにしましょう。

アイフル アイフル返済
実質年率4.5%~18.0%
借入限度額1000円~500万円
審査時間最短30分
即日融資
月々の返済5,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
アイフルのおすすめポイント

  • 申し込みから審査融資までWEB完結可能
  • ローンカードは指定時間に配達可能
  • 収入があればパート・アルバイトOK
アイフル返済アイフル返済

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)