プロミス審査基準厳しい?【プロミスでお金を借りた人の特徴とは】

無利息キャッシングも!プロミス

promise_card

実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間
月々の返済2,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
プロミスのおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結
    ※書類の不備などによっては希望に添えない場合があるようです
  • 30日間無利息キャッシング
    ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
  • 平日14時までのWEB契約完了で指定口座に即日振込が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
  • 14時以降・土日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資が可能
yajirusimidoripromisu

消費者金融の大手であるプロミスに設けられている申込み基準は

20歳以69歳以下で安定収入がある方

となっており、非常にシンプルなものになっています。

ただ、申し込みはできるももの、審査に落ちてしまう人は多いです。

今回は、そのような人達で共通している、審査に落ちてしまう審査基準の中で、確実に落ちてしまうような項目をまとめました。

また、審査に通過したとしても、十分なお金を借りられないという方もいらっしゃいます。なぜ、そのような少額融資になってしまったのか、その原因も少額融資しか借りられなかった人の共通点から見出して行きたいと思います。

確実に審査に落ちてしまう人達の共通点

プロミスではいくつか確実に落ちてしまう項目があります。審査に何度も落ちている方の多くは、それが原因となっていることが多いので、以下に挙げる項目の中で該当しているものがあるかどうかを検証しておきましょう。

過去に金融事故を起こしている

プロミスは、二つの信用情報機関に登録しており、そこから利用者たちの信用情報を常に閲覧できるようにしています。

信用情報は、利用したローンやクレジットカードの契約、借入状況、支払い状況などを記録している物で、その中にはさらに金融事故を起こした履歴が記載されています。

それらを審査の際には参照して、お金を貸し出していいかどうかを検討しているのですが、金融事故に関しては、発見されるだけで一発アウトになるものがほとんどです。

そのような金融事故の事故情報に当たるものは以下の四つになります。

まずは長期延滞です。多少の延滞であれば、一度や二度程度なら大した事故情報にはなりませんが、2か月から3ヶ月以上の滞納であったり、何度も何度も延滞を行ったりすると、長期延滞として記録が残ってしまいます。

二つ目は債務整理の履歴です。債務整理の方法にはいくつかありますが、どれも一応は消費者たちに与えられた権利です。

ただ、借金を帳消しにする自己破産や、返済額を大幅に減少する個人再生などは、金融機関からすれば大きなデメリットになります。そのような債務整理の方法の中には一度行うだけでブラックリスト入りするものもありますし、ブラックリストから除外された後であっても、借入が難しくなるようなときもあります。

少なくとも、ブラックリスト入りしている期間は問答無用で審査に通過しないのでお気を付け下さい。

三つ目は強制解約です。強制解約は、利用者の長期延滞や契約違反などによって、金融機関側から強制的に契約が解除させられることです。こちらは、解約された金融機関だけでなく、信用情報に記載されて、全ての金融機関でも閲覧できるようになります。

最後は代位弁済です。こちらは保証会社が返済を建て替えた場合です。こちらは代位弁済をされた人には返済能力が無いことを直接的に示します。ゆえに信用情報に記録が残り、こちらも問答無用で審査に落ちます。

なお、それぞれに記載されている期間は決まっており、長期延滞は1年から5年、それ以外は平均で5年間は記録が残ります。

総量規制一杯にお金を借りている

総量規制は賃金業法に定められている、賃金業者は個人一人当たりに年収の3分の1以上の貸し付けはできない、としている決まり事です。

つまりは、他の金融機関から既に3分の1以上のお金を借りていたら、それ以上お金は借りることができないということです。

なお、賃金業法は消費者金融やクレジットカード会社のみで、銀行は適用外となっています。また、クレジットカードでもショッピング利用は含まれていないので、混同しないように注意しましょう。

他社借入が5件以上あること

shutterstock_168083798

プロミスでは、5件以上の借り入れがある方を多重債務者と見なし、審査に通過させないようにしています。

他社借入に該当するのは、同業の消費者金融から借り入れを行っている場合のみです。銀行やクレジットカードはもちろんのこと、消費者金融と契約をしているだけである場合も、5件のうちにはカウントされないので、安心してください。

同業他社へ1週間以内に申し込みを行っている

信用情報には、ローンやクレジットカードの申し込みの記録も残っており、その記録の中に、過去1週間以内に申し込みをしていると、審査に落ちてしまいます。

いくつもの賃金業者に申し込みをしている人は、お金に困っている多重債務者である可能性が高く、それを避けるためにプロミスは審査対象から除外しているようです。

収入が安定していない

申し込みの規定に、安定した収入があることと書かれていますが、この安定した収入は月一回以上収入が必ずあることであり、それに該当をしていないと審査に落ちてしまいます。

ですので、金額がバラバラであったとしても毎月収入があることが、プロミスでは重視されていると言えるでしょう。

年金受給者と外国人

プロミスは、年金のみで生活をしている年金受給者と外国人は審査に通りません。

プロミスで一定期間、一定回数の延滞の経験がある

原則としては、プロミスを利用したことがある方は、次回の審査などではその経験が優位に働くようになっています。

しかし、逆のパターンもあり、プロミスへ支払いに一定基準以上の延滞を行ってした場合には、次回以降の審査に確実に落ちてしまうようになります。

その基準は二種類ある

  • 「30日以上の延滞」

  • 「7日以上の延滞を5、6回以上繰り返すこと」

のどちらかです。

どちらか一方に該当した場合はもちろん、両方とも該当すればまず間違いなく審査に落ちてしまいます。

また、このような情報は信用情報には残りませんが、プロミスが車内で管理している顧客情報に残り、しかも半永久的に保存されるので、プロミスからは二度と借入ができなくなる恐れがあります。もしも該当していれば、プロミスからの借り入れは諦めましょう。

返済を第三者に行ってもらったことがある

こちらもプロミスを利用したことのある方に限定されることですが、その際の返済を自分自身で行なわずに家族や友人などに肩代わりしてもらったことがあり、なおかつそのことがプロミスに知れ渡っていると、社内情報に記録として残ります。

ただ、ATMなどでの返済が主流となっている現在では、誰が返済したかなどの情報がプロミスへは知られないようになっていますので、直接店舗などで第三者が返済した場合に限ります。

反社会的企業または審査に落ちやすい職種で働いている

反社会的な企業は、プロミスやそのほかの金融機関でもリストアップされています。

中でも暴力団関連の会社や過去に犯罪にかかわったとされる会社はブラックリストのように取り扱われているので、それを知らずにそのような会社に属していた場合には、審査に通過することはありません。

また、審査に通過する可能性はあるものの、どちらかと言えば落ちやすい職種と言うものがいくつかあります。

それらの職業は主にフリーランスや、芸術家、投資家や芸能人などの極端に不安定な仕事や、タクシー運転手や皮革製造業や湾港作業の従業員などの職種が該当します。

コンピューターによる審査の時点で落とされている人

shutterstock_224908105

なお、プロミスは審査の効率化のために、まずはコンピューターを利用したお借入診断を行っており、これに通過しなければ本審査を受けることは不可能です。

コンピューター審査はお借入診断とも言われているほどにかなり簡潔なもので、いくつかの項目を見て通過させても大丈夫かどうかを即時に判断しています。

その項目としては

  • 年齢
  • 勤務期間
  • 健康保険の種類
  • 住まいの種類
  • 消費者金融の借入件数

です。

これらで一定の基準をもって、審査に有利、不利と分けているために不利だと判断される要素があまりにも多いと、審査に落ちてしまいます。

嘘の申告を行っている

shutterstock_400239604

申込書には必ず正確な、正しい情報を記載しなければいけないのですが、実際にはかなりの多くの人が、審査に通過するために提出書類の偽造を行っています。

例えば、住所や勤務先の情報、社会保険証の偽造や家族や他人に成りすましての契約など、どれも審査に通るための方便のように使われています。

しかし、これらの偽造が審査には全く通用せずに、基本的には調査ですぐに発覚されてしまいます。

もしも虚偽が発覚すれば即座に審査は注視されてしまいますし、悪質であれば最悪の場合は警察に通報されてしまいます。

その上、こちらも社内の記録に残りますから、その後の審査も通過できなくなるでしょう。虚偽の申告は一切の利益になりませんので、絶対に行わないようにしましょう。

なお、記入ミス程度はあるかと思いますが、プロミスは記入ミスであっても、怪しむことがありますので、記入の際には間違いが無いように細心の注意を払う必要があると言えます。

在籍確認による審査の中止

shutterstock_445172830

在籍確認は必ず行われることです。一般的には在籍確認は勤務先に電話を行い、在籍しているかどうかを確かめるのですが、こちらは本人が出るか、電話に出た方が申込者が在籍していると分かる反応を示すだけで完了する、非常に簡素なものです。

それに、電話による確認を避けたいと言う方もいらっしゃるので、プロミスではそれ以外の方法でも対応してくれることがあります。

ただ、電話確認の際にもしも電話に誰も出なかったり、電話に出た方が、個人情報の流出を渋って、芳しい反応を示さなければ、その時点で審査が終了し、通過することができなくなります。

なので、電話確認ができないと言う可能性も考えて、事前に担当者に相談をしておいた方がいいでしょう。

特に、自分自身が在籍している時間に電話をしてくれるようにするのが、一番確実な方法です。

少額しか借りられない人達の共通点

総量規制によって年収の3分の1までしかお金は借りられませんが、それだけ借りることができれば十分だと言う方も多いはずです。

しかし、実際に申し込みをした際にそれだけのお金を借りられるケースはかなり少なく、中には最低の融資限度額の10万円までしか借入できないケースもあるようです。

そのようなことになる場合には以下のことが原因となっていると考えられます。

特定の年齢の独身男性

独身の男性の中でも、25歳未満か50歳以上の方は、利用限度額が10万円となる確率がかなり高くなります。

プロミスの統計データでみれば、過去の利用者の返済率が低いことが原因のようです。

年収が極端に少ない

プロミスで普通にお金を借りるのであれば、最低でも年収は200万円くらいは必要です。

もしも、100万円以下のようなかなり年収が少ない方は、総量規制を気にすることも無く、利用限度額を10万円に設定されることがあるようです。

歩合給で支払われている

前述の通り、プロミスは月に一回、安定した収入があることを重視しており、固定給の方が圧倒的に有利になります。

歩合給は審査に通り辛くなるほどではありませんが、利用限度額は低く見積もられてしまい、他の条件が良くとも、融資限度額が10万円かその付近の金額になることが多くなるようです。

勤務期間が極端に短い

正社員であったとしても、勤務期間が極端に短い場合、具体的には3ヶ月未満だと、10万円の利用限度額になります。

短い勤務期間の人は、最近では特に仕事を辞めてしまう傾向が高く、そうなると返済がされなくなるかもしれないので、警戒の意味を込めて利用限度額を少額にしているようです。

パートタイマーやアルバイト

shutterstock_243258625

固定給があるのならば、パートやアルバイトでも収入があれば申し込みは可能です。フリーターである場合を除くと、これらで収入を得ている人もほとんどは、主婦か学生だと思います。

州である場合は。パートで働いていると通常の査定額の半分程度しか融資してもらえません。

高い利用金額が設定されていたとしても、限度額が問答無用で半分に減額されてしまいますので、覚えておきましょう。

なお、学生の場合にはどれだけ頑張っても収入がかなり増えることは考えられないので、限度額は10万円に設定されるようです。

支払額が大きい場合

消費者金融や、住宅ローン、教育ローンや奨学金、さらにはクレジットカードであっても、それらと家賃の合計金額が手取り月収の20%を超えると、利用限度額が低く設定される、と言う制度があります。

これらは信用情報や、申し込み時に記入した情報から判断されますが、発覚した時点で支払い額が大きいと判断されれば、利用限度額は低くなります。

国民健康保険に加入している

shutterstock_256891270

フリーランスで仕事をしている方や、フリーターの方は国民健康保険に加入しているかと思いますが、国民健康保険に加入している方は、他の保険に加入している方よりも利用限度額は低くなります。

問題を解消してから二度目の借入をするように

以上のような理由で、プロミスでは審査に落とされることが考えられます。

いくつかの原因に関しては、自分自身ではどうしようもないものもありますが、年収や借入状況などに関しては、自分自身でどうにか解決することのできる問題でもあります。

もしも、そのような理由で審査に落ちていた場合は、それらをきちんと解消した後であれば、プロミスにもう一度申し込みをして、審査に通る可能性が出てきます。

ですので、もしもプロミスの審査に一度落ちてしまった後でも、なぜ自分が審査に落ちてしまったのか、冷静に分析をしてそれを改善することさえできれば、もう一度申し込みをしても大丈夫、と言う訳です。

逆に、直さない限りはプロミスであれ、その他の消費者金融であっても、ほぼ確実に落とされると思いますので、審査に落ちた時は原因究明と解消に努めることをおすすめします。

無利息キャッシングも!プロミス

promise_card

実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間
月々の返済2,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
プロミスのおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資まで全てWEBで完結
    ※書類の不備などによっては希望に添えない場合があるようです
  • 30日間無利息キャッシング
    ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録と、WEB明細利用の登録が必要です。
  • 平日14時までのWEB契約完了で指定口座に即日振込が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
  • 14時以降・土日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資が可能
yajirusimidoripromisu

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)