モビットの審査は他社借り入れ確認される?【審査に通るには?】

WEB完結対応モビット

20120001

実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間最短30分(曜日時間帯によって翌日)
即日融資
月々の返済4,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
モビットのおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資までWEB完結可能
  • 14:50分までの融資手続き完了で即日振込
  • 安定した収入があればパート・アルバイトOK
yajirusimidori-1 mobit

モビットは三井住友ファイナンシャルグループに属する大手消費者金融会社の1つです。

今回の記事では、モビットを他社借り入れをしている人が利用申し込みされる場合に、必要な知識や商品のあり方について触れた内容になっています。

とても大事なことが書かれているので、よく目を通した方がいいと思います。

他社からの借り入れのある方が、利用申し込みを行う場合

shutterstock_363324212

このような方の場合、他社からの借り入れが複数多社からなる借入先、あるいは借入件数が2、3件などといったような、いずれかのパターンが考えられます。

しかし、先程も話したように、ただでさえ申し込み審査自体が大変厳しいモビットなので、カードローン借入額にもよりますが、借金などがあったら審査に落ちる事は必至です。

その点を考えると、同社の商品の利用をする事自体を諦める事が、一番のベストな選択肢でもあると考えることもできます。

他の大手の消費者金融と同じ内容や条件ですが、審査のハードルなどはそれ程高くは無く、厳しいものとはいえません。

このような事からしても、それらのものを利用していくなどといった選択肢なども、一つの方法といえるかもしれません。

また、それらの他社借り入れをしている方の中において、債務超過であり、履行遅滞などに陥ったりしているような方の場合においては、債務不履行などのような事態になったりしているような方の場合には、借入情報や利用情報に関わらずに審査に通る可能性はないので、新規利用申し込みなどはしない事が必須といえます。

借入情報とは、借入限度額や借入額、借入総額、借入残高等のことを指します。

利用情報とは、利用可能額、利用限度額等のことを指します。

そういった方の場合には、支払いの遅延または不能などの記録が、信用保証協会などの信用情報機関に記録をされており、そういった信用情報などの個人情報を見ながらモビット社が審査を行ったりしますので、決してごまかすことはできません。

インターネット上の同社公式サイト上からのWEB完結などでの申し込みとかの場合には尚更ですので、必要事項記入欄などへのウソの記入作業などは、決してやってはなりません

今度はその行為を信用機関に記録されたりしますので、注意が必要です。

本当に、ここのモビット社による新規カードローン利用申し込み手続きでの借入診断は厳しいので、他社借り入れなどがある申込者などは、気をつけなくてはなりません。

おまとめローンとしての利用について

shutterstock_229333243

 

このように大変、新規利用申し込みなどの場合での審査の基準やあり方などが大変厳しいモビット社ですが、実は意外にも、おまとめローン的な商品の審査などに関しては、通りやすい傾向があるようです。

事実、ここのモビット社自体にはおまとめローンといったような、名称や専門的な商品などは存在していません。

このため、普通のフリーローンなどといったカタチでの申し込みを行い、その際に現時点においての全ての複数多社分の借入先を、インターネット上の公式サイト上にあるフォームやお申込み用紙などの必要事項記入欄へ、正直に漏れなく記入するようにします。

それで送信あるいは書類の返送などをして、審査結果を待つようにしますが、前者のWEB完結で約1、2時間程度、後者の書類郵送で約4日前後という結果返信がなされるような感じです。

この事からしても、それ程結果が出るのは遅くはありませんので、あまり心配は要りません。

そして結果通知が到着をして、仮に審査が通過をした場合には、おまとめのための、さらなる指示がメールや書面、電話などのカタチで、モビット社の担当者の方から来ます。

そのうえで、その指示通りの操作や作業などを終らせて、指定をしていた自分の銀行・組合口座などにおいて、新たなる支払い設定や借入金額分のお金の振り込みなどがなされることになります。

それでおまとめとしての、今までの他社借り入れ分の全てが一まとまりとなり、事実上の今度はモビット社が扱うローン扱いというカタチになり、それで完結です。

これ自体はあくまで順調に進んだ、理論上での完結までの流れであるといえますが、実際にはこのようなカタチでスムーズにいくとは限りませんので、その点は容赦をあらかじめしておく必要性があります。

また、事実上の新たなる今度はモビット社での債務支払いというスタートとなり、支払いが遅れたり滞ったりした場合でのペナルティが大きいといった面もありますので、気をつける必要があります。

yajirusimidori-1 mobit

総量規制に関しての厳しさ

shutterstock_104222321

 

これについては一番最初の1.の段落で部分的に触れましたが、現在、貸金業法の規定にもあるように、現在の保有資産総額の3分の1以上を越えると、消費者金融業者が扱う商品の借り入れなどが出来ないという決まりがなされています。

もちろん、モビット社自体も消費者金融事業者などの金融機関の類に属しますので、この今話した総量規制の対象に同社が扱う商品も該当する事になります。

そして実は、この総量規制の厳しさに関しては、ここのモビット社は、消費者金融カードローンの中でもダントツにあるといったような現状があります。

例えば、先程のおまとめローンとしてのカタチでの、商品利用のための申し込みをしてきた利用希望者である方の総資産が、月の給料15万円と年収180万円で、貯金が50万円の場合で、他社借り入れ分が7社で総額250万円分の借り入れの場合、現時点での総資産が貯金とその月の給与分を合わせて約65万円前後という範囲であり、そのうえ250万円程度もの、総資産をはるかに越える債務超過という状態ですので、もろ総量規制に掛かっているような状態といえます。

このため、モビット社へのおまとめ目的での申し込み自体は無理といえます。

こうした債務超過による総量規制に掛かる方が多いといった現状がありますので、同社の担当者なども、審査面においては慎重になるような傾向が見られる感じがします。

やはり、将来的にもモビット社自体も他社などと同じく、その債務全額を完璧に返済してもらう事が最終目的ですので、このような事からも、幾ら安定をした収入がある方であっても、返済額によりますが容易に貸し付けを認めず、借入状況などの審査で落とすような実態に関しての理由がわかるような感じがします。

以上により、このモビット社が扱う商品の利用をの申し込みを、他社借り入れがある方が行う際においての関連内容について、今回の記事において述べさせて頂きました。

本当にここは新規での利用申し込みの面においては審査が非常に厳しいといったような現状があります。

ですが、その分利用者や利用希望者である借入者に対して、無駄な借り入れといったものをさせずに、将来的な面までをも考えていくといった、独特の社是といったものが間違いなくあるような感じがします。

モビットってどんなカードローン?

shutterstock_121961872

三井住友銀行グループに属したりはしていますが、銀行カードローンなどを扱う銀行機関などでは無く、消費者金融事業者の部類にあたりますので、審査基準も総量規制の対象になります。

ここのモビット社の場合には、フリーローンの類の商品に関しては、3.0%から18.0%の範囲での金利設定がなされており、各他社などが設定をしている年率範囲などとは、それ程あまり変わりが無いといえます。

しかし、カードローン契約が一度審査が通ると、それぞれのカード会社側の利用者毎に合わせた借り入れ後のサービスやバックアップ面においてのフォローなども、中々しっかりとしているようですので、こうした面で、中々な好評があるようなところもあります。

しかしそれでもやはり、いくら収入が安定している方などであったりしても、完済面においての確実な保証が無ければ、審査を通過させないような傾向があるので、そういったような同社による審査傾向のあり方について、よく理解をしておく必要性があります。

審査そのものの厳しさに関しては、次の段落で詳しくふれますが、他社借り入れがある方で、ここのモビット社の商品への新規利用をしようなどと考えている方などは、返済能力がないと見なされて審査通過は不可能かもしれません。

今まで、消費者金融事業者からの借り入れを一度もしておらず、資力が豊かな方でさえ通らない場合があるのに、幾つかの他社からの借り入れをしているといったような時点で、審査方法が厳しい状況に置かれたりしている事には変わりがありませんので、本当に大変な状況といえます。

100万円以下の借り入れで18%、100万円以上の借り入れで3.0%から15%、という具合の金利設定基準の範囲になりますが、120万円程度の希望で40万円で金利18.0%という減額設定にもなりかねませんので、要注意といえます。

モビット審査は甘い?厳しい?

shutterstock_443293480-1

また、金融調査会社などによる調査の際での審査基準のあり方などについての質問への応答に対しても、無回答であるような状況でもあります。

これには全く原因が周囲の事業者などの方にもわからないようです。

その代わり、一度審査を通過した利用者である方に対しては、先程も話したように様々なサービスフォロー等を行うようにしているので、それだけに利用者である顧客の方を大事にするというポリシーが、ここの組織にはある感じがします。

だからこそ、社員・社内教育なども厳しく、組織体質だからこそ、借り入れ利用申し込みでの審査においても厳しさがあるのかもしれませんね。

その分、他社借り入れやキャッシング、カードローン、住宅ローンがあるような利用希望者に対しては、本当に容赦なく厳しい審査基準で、のぞんでいく部分があるようです。

利用希望者の方としても、新規利用申し込み以外のカタチで、申し込みが可能である商品が無いかどうかについて聞くなどの工夫なども必要かもしれません。

保証会社にお世話になっている場合も厳しいかもしれません。

本当にここのモビット社による審査は、とても厳しいので、決して油断が出来ません。

WEB完結対応モビット

20120001

実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間最短30分(曜日時間帯によって翌日)
即日融資
月々の返済4,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
モビットのおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資までWEB完結可能
  • 14:50分までの融資手続き完了で即日振込
  • 安定した収入があればパート・アルバイトOK
yajirusimidori-1 mobit

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)