レイク審査基準甘い?2ch口コミどう?在籍確認あり?借り方まとめ

新生銀行カードローンレイク増額方法
新生銀行系カードローンレイク

142
実質年率4.5%~18.0%
借入限度額1,000円~500万円
審査時間最短30分
即日融資即日融資
月々の返済5,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
新生銀行カードローン レイクおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資までをすべてウェブで完結
  • ローンカードは指定時間に配達可能
  • 収入があればパート・アルバイトOK
yajirusimidori-1lake

 

レイク」と言えば、昔は大手の消費者金融としてテレビCMでも見ない日が無い程の有名な企業でしたが、現在では新生銀行と合併して「新生銀行カードローンレイク」という銀行カードローンとなっています。

この新生銀行カードローンレイクにはどのようなメリットが、またはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

今現在、どこのカードローンを利用するか悩んでいるとう方へ向けて、今回は新生銀行カードローンレイクの概要について詳しくご紹介したいと思います。他のカードローンなどと比較して、自分の使いやすい銀行かどうかを見定めて下さい。

新生銀行カードローンレイクって?

新生銀行カードローンレイクは、先ほども述べた通り、新生銀行のカードローンです。

レイクが2011年に商標、店舗、人員をそのまま新生銀行に譲渡したために、大手の消費者金融であったレイクは事実上消滅し、この新生銀行に完全に吸収されることになりました。

消費者金融ではなく、銀行カードローンとなるので銀行カードローンの最大のメリットの一つである

「総量規制の対象外」

ということになります。

また、利用条件も満20歳以上70歳以下で、安定した収入があることです。

安定した収入があれば、パートでもアルバイトでも、学生であっても年金受給者であっても、自営業でも永住権を持つ外国人であっても、申し込みは可能になっています。

レイクを利用する上でのメリット

では、この新生銀行カードローンレイクには利用する上でのどのようなメリットがあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、新生銀行カードローンレイクのメリットは非常にたくさんあります。

ですので、望んでいる条件に合い易く、多くの方がぜひとも利用したいと思うのではないでしょうか。

二種類の無利息サービスを利用することができる

初めにメリットとして挙げられるのは、レイクに用意されている無利息期間です。

  • 30日間無利息

  • 5万円まで180日間の無利息期間

の二種類の無利息期間が用意されています。

好きな方をどちらか利用することができます。

どちらがお得になるのかは、借入額や返済期間によって変わりますが、レイクのホームページには返済シミュレーションサービスが用意されており、そちらで無利息期間を適用した場合のシミュレートが可能になっています。

どちらがよりお得になるのかをそちらでチェックをすることができるので、借入をする前にそちらで調べておくとよりお得に利用することができるようになるでしょう。

ただし、この無利息サービスは初回利用の方だけが使用できるサービスです。

つまりは、現在利用中の方が何度も利用することができるわけではありませんので、それだけはご注意ください。

審査に掛かる時間は最短40分

申し込みから審査までの方法は、後程詳しく説明いたしますが、もしも近くにレイクの自動契約機があるのならば、カードの発行までをそこで行うことができ、申し込みから発行までの時間は最短で40分となっています。

消費者金融であれば、最短で30分のところも珍しくはありませんが、銀行カードローンではかなり珍しく、トップクラスの早さを誇っています。

もちろん、カードが発行した時点で、ATMなどから借り入れを行うことができるようになります。

なお、銀行口座への振り込み融資を希望するのであれば、融資までの時間は最短で即日となってしまうので注意が必要です。

仮審査の結果はすぐに分かる

レイクではいくつかの申し込み方法が用意されていますが、申し込みが終了した時点で、融資の可否と利用限度額が分かる仮審査の結果が通達されます。

その後に本審査をきちんと行いますが、申し込み時の申告内容および提出書類などに不備が無いのであれば、仮審査の結果は、本審査の結果とほとんど同じとなります。ですので、仮審査の時点で審査に通過しているのならば、その時点で安心して結果が通達されるのを待つだけになりますね。

WEB申込みで自宅からすべての手続きができる

レイクでは申込み、契約、借入、返済までを全てホームページの手続きで行うことができます。申し込みの際に必須事項を入力して、会員ページにログインをして、即日振込メニューから振り込み融資を依頼すれば、指定口座に入金されます。なお、口座振り込みの場合には、銀行が閉まる平日14時までに全ての工程を終わらせる必要があります。手数料は無料になっています。

返済は、WEB返済サービスを利用するだけです。禁輸期間名や金額などの情報を入力するだけで返済が完了し、こちらも手数料は無料なのでかなり利用がし易いです。ただし、インターネットバンキングに対応した金融機関の口座が必須となります。

提携ATMの手数料は無料

その他の銀行カードローン、および消費者金融と同様で、レイクでもコンビニATMを初めと下いくつかのATMと提携しています。

それらの利用の際には一切の手数料がかかりません。消費者金融だと手数料がかかるところが非常に多いので、こちらも大きなメリットになります。

女性が申し込みをし易いレディースレイク

専用のフリーダイヤルを利用すれば、必ず女性スタッフが対応してくれる、レディースレイクというサービスが用意されています。

こちらは、内容自体は通常のレイクの利用と変わりはありませんが、女性が対応をしてくれると言う点で、女性が非常に利用し易くなっていますので、男性オペレーターが苦手だ、という女性には非常におすすめです。

レイクを利用するデメリット

上記に挙げた通り、多くのメリットがある反面、以下の二つのデメリットがレイクには存在しています。

銀行カードローンの中では金利がかなり高い

銀行カードローンと言えば、金利が低いことが大きなメリットとして本来は挙げられるのですが、新生銀行カードローンレイクの場合は、金利が4.5%から18%となっています。こちらの金利率は、銀行カードローンよりもはるかに高く、だいたい消費者金融の平均金利率と同じ位になります。

上記に挙げたメリットの多くが、消費者金融にも共通しているところが多く、元々消費者金融であったことを考えると、こちらの金利が高いのも納得がいくかもしれません。

ただ、金利率をかなり気にされる方にとっては大きなデメリットになってしまいますので、利用の際は気を付けた方がいいと言えますね。

専業主婦の利用が不可能

先ほどと同様に、銀行カードローンの本来のメリットとして、収入のない専業主婦も融資を受けられる、というものがあります。こちらは配偶者貸付という制度を利用した借入方法なのですが、銀行カードローンであるにも関わらず、レイクは専業主婦の借り入れが不可能になっているのです。

特にレディースローンがあるために専業主婦でも借入ができるのではないか、と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いですので、覚えておくようにしましょう。

申し込み方法と審査時間について

では、次はレイクの申し込み方法について詳しく見ていきましょう。

申し込み方法の種類

レイクの申し込み方法は全部で四種類もあります。

まずは、ホームページからの申し込みです。こちらはパソコンからでも、スマホからでも申し込むことができるので、いつでもどこからでも申し込みができます。

次は携帯電話などの電話による申込みです。こちらはポピュラーな申込み方法ですね。

三つ目は自動契約機からも申し込みです。自動契約機は日本全国のいたるところにあり、自動契約機を利用すればローンカードの発行もできます。なので、他の申し込み方法を利用する際にも、最寄りの自動契約機の場所を調べておくと、いざと言うときに便利になりますのでおすすめです。

そして、最後は郵送です。こちらは今現在では利用される方はほとんどいませんね。なぜならば、結果を受けるまでに時間がかかりすぎるからです。他の申し込み方法より圧倒的に手間も時間もかかりますので、郵送に関しては詳しい申し込み方法などは今回は割愛いたします。

ホームページから申し込む際の手順

ホームページからの申し込みは、まずホームページ上にある「お申し込み開始」から申し込み画面へ移り、必要項目を入力して送信をすると、すぐに仮審査の結果を表示されます。

仮審査の結果が出るまでの時間は上記に挙げた通り非常に短く、精度も高いので頼りにしましょう。

ただし、本審査が行われるのは8時10分から21時50分、毎月第3日曜日のみ19時まで、となっており、この時間帯を超えてから申し込みをすると、結果はすぐに表示されずに翌営業日にメールでの通達がされますので、お気を付け下さい。

無事に審査に通過をすれば、契約を行います。契約はホームページ上からでも、自動契約機からでも行えます。

ホームページからならば、必要書類をFAXの送信、もしくはカメラで必要書類の写真を取ってメールで送信汁かのどちらかで提出します。

なお、詳しいやり方はホームページにそのまま掲載されているので安心してください。

自動契約機で申し込む手順

自動契約機からは申し込みからカードの発行までの全てを行えます。画面の通りに捜査をするだけなので比較的簡単ですが、備え付けの電話もあるので、そちらから質問、もしくは相談などをすることも可能です。

なお、自動契約機の営業時間は、8時45分からで、平日と土曜日が24時まで、祝日と日曜日が22時、毎月第3日曜日が19時までとなっているのでお気を付け下さい。

電話での申込み

電話での申込みは、携帯電話と備え付け電話で少し違います。

携帯電話の場合は、ホームページと同じように申し込めるオンライン審査とホームページ入力をした後に、続きの手続きを電話で行うオペレーター審査があります。

こちらは9つの項目を入力するだけで、後はオペレーターからの電話に受け答えするだけです。

なお、審査時間はこちらは9時から21時になっているのでお気を付け下さい。

電話で申し込む場合は、フリーダイヤルに電話をして申し込むだけです。審査回答時間は9時から21時となっているのでお気を付け下さい。

審査時間から融資までにかかる時間

仮審査はすぐにそれぞれの方法で、分かるようになっていますが、本審査の結果は申込み完了画面に表示されます。

また、本審査の結果はホームページにある審査状況の確認から確認をする必要があります。なお、ほぼすべての方法で、即日融資ができるようになっていますが、より確実に即日融資を受けるためにも、自動契約機でカードを発行するのが一番ですので、近くの自動契約機の場所はあらかじめ調べておきましょう。

なお、口座振り込みの場合は平日の14時めでに全ての工程を完了していれば、即日融資も可能です。

目安を知るのならばお試し診断を

まだ申し込みを行っていないけれども、審査に通過するかどうかが分からなければ、ホームページにある「お借入診断」というものを利用しましょう。こちらは生年月日、年収、他社借入件数、他社借入金額だけで、ある程度の目安を知ることができます。もしも、融資をするのが難しい、と言われた場合には本当に審査に通過できないこともありますのでお気を付け下さい。

なお、電話でも3分相談というサービスがあります。

また、これらの利用による一つ時のメリットとして、融資の可否だけではなく、融資限度額の目安までも教えてもらえますので、自分がどのくらいのお金を借りることができるかを知れることが挙げられます。

金利について

金利は上記に挙げた通り、4.5%から18%の消費者金融並みの高金利となっています。他の銀行カードローンが3%から15%くらいが平均値だと考えるとかなり高い金利になっているということが分かるかと思います。

そのため、低金利を最優先で考えるのであれば、レイクの利用はあまり向いていないと言えます。金利をあまり気にしておらず、それよりも早くお金を借りたい、無利息期間を存分に利用したい、という方の方がこちらの利用は向いていると言えるでしょう。

限度額はどのくらい?

レイクの利用限度額は、1万円から500万円となっています。銀行カードローンの多くは、800万円や、最高で1000万円という大金を借りることもできますが、それらと比べるとレイクは少々限度額が低額に感じるかもしれません。

しかし、これらの高額の借入はおまとめローンや事業用の借入の際に使われるのがほとんどで、通常の範囲の借入出れば500万円でもあれば十分だと言えるでしょう。

なお、その他のカードローンにも共通していることですが、初めてレイクを利用する場合には、多額の借入はできず、100万円以下に設定されることがほとんどです。

レイク側もまだ初回利用者のことをどれだけ信用すればいいか分かりませんので、初回は少額融資にならざるを得ないものだと思っていてください。

ただ、借入と返済を繰り返して行けば、借入金額は徐々に増額してもらえることもあります。増額の可否はホームページの会員ページ、レイクのATM、フリーダイヤルのお問い合わせで確認をすることができますよ。

借入方法と返済方法について

では次は、借入方法から返済方法、さらに返済方式についてを紹介していきます。レイクは比較的審査には通過し易くなっているので、これらの方法については事前に知っておくと、すぐにでも利用することができるので、覚えておきましょう。

振込キャッシング

まず、借入方法の一つとして挙げられるのが、振込キャッシングです。こちらは初回の利用時に希望をしていれば、特に何も操作をする必要はありませんが、二回目以降からは会員ページにある「即日振込」から依頼をすることができます。

なお、以来の受付時間は24時間いつでも可能になっていますが、実際に当日中に振り込んでもらえるのは、平日の14時までに手続きを終えた場合のみですのでお気をつけください。

なお、振込先として指定する口座は、自身の名義であればどこの金融機関の口座であっても大丈夫ですので、安心してください、

当然、こちらも手数料は無料となっています。

レイクATM

次はレイクのATMの利用です。レイクのATMは年中無休で手数料を無料で利用することができますので、お近くにあれば利用することをおすすめします。

なお、営業時間は7時30分から、平日と土曜日は24時まで、日曜日と祝日は22時までとなっていますので、覚えておくといいでしょう。

提携ATM

24時間365日利用することができるのが、提携ATMです。代表的な物を上げると、セブン銀行やローソンATMなどのコンビニATMがあります。

これらの提携ATMでは手数料が無料です。他の消費者金融では手数料を取るところがたくさんあるので、こちらは非常に嬉しいメリットになりますね。

なお、一部のATMは24時間の利用ができないことがありますので、お気を付け下さい。

WEB返済

では、次は返済方法を見ていきましょう。

返済方法の一つにWEB返済があります。WEB返済はペイジーを使うことによって、24時間365日、手数料無料で行うことができます。

会員ページにログインをしてから行うので、スマホがありさえすればいつでもどこでも返済を行うことができるという優れものです。外出先でふと返済日のことを思い出したとしても、こちらなら安心ですね。

なお、銀行やゆうちょだけではなく、信用金庫や農協を含む多くの金融機関の中で、インターネットバンキングが利用できる金融機関であれば、対応していますので、それらの口座を既に持っていれば新たに口座を開設する必要がないところも嬉しい点ですね。

ATMの利用

ATMは、レイクのATMと提携ATMのどちらからでも返済を行うことができます。もちろん、どのAMTでも手数料はかかりません。

そのほかの返済方法

なお、その他の返済方法としては、口座引き落としや銀行振り込みがあります。

口座引き落としの場合は、毎月14日か、27日が引き落とし日に設定されています。こちらも手数料は無料になりますが、一括返済はできませんのでお気を付け下さい。

銀行振り込みの場合は、残念ながら振込手数料がかかりますのでこちらは注意しましょう。

繰り上げ返済

繰り上げ返済、いわゆる追加返済ですね。レイクではこちらも可能になっています。

WEB返済、ATMでの返済、銀行振り込みで利用することができます。

なお、同様に一括返済もこれらの方法で行うことは可能となっています。

繰り上げ返済をすると、利息分の金額ではなく、全て元金を減らすために利用されますので、結果としては後程発生をする利息を抑えることができます。こまめに返済をすることで節約ができるようになりますので、余裕がある際はぜひとも利用しましょう。

返済期日について

返済日については、利用者が任意で指定をすることが可能になっています。

また、返済期日に返済をすることができなさそうであれば、会員ページにある「ご返済四当て萎靡の登録、確認」から返済予定日を変更可能になっています。返済日当日を含む数日以内であれば、変更をすることができます。遅延をしてしまうと、遅れた日数分だけの遅延損害金が発生強いてしまいますので、遅れることがほぼ間違いないということになれば、返済日の変更は必ず行っておいたほうがいいですよ。

また、レイクのメールお知らせサービスを利用すると、返済日の三日前にメールが届いて、返済日をお知らせいたします。そのため、うっかり忘れてしまう心配もありませんので、こちらのサービスを利用して、こまめにメールをチェックするとより利用し易くなりますよ。

二つの返済方式がある

レイクが採用している返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の二つです。どちらか一方の好きな方を選択できますので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

まず、残高スライドリボルビング方式についてです。こちらは利用残高に応じて、月々の最低返済額が変わる方式となっています。最低返済額には利息分も含まれており、最低でもそれ以上の金額を返済するという金額のことを指します。

返済を行って、残高が減っていくと、どんどん月々の最低返済額も小さくなっていく方式で、月々の負担がどんどん減っていくというメリットがあります。ただ、最低返済額だけを支払っていると、どうしても返済が長期化してしまって、支払う金利が多額になってしまうというデメリットもあります。ですので、余裕があるのうちに必ず繰り上げ返済を行って、少しでも早く返済をすることが、こちらを利用して利息で損をしないコツです。

元利低額リボルビング方式は、毎月一定額を返済していく返済方式です。そのため、利用残高による影響は受けませんが、各々の利用限度額によって返済額が定められます。

10万円から20万円までであれば、5000円ずつ、10万円未満ならば3000円、というのがレイクの場合の元利低額リボルビング方式の返済額の一例となります。

月々の返済額が変わらないために、残高スライドリボルビング方式よりも早く完済できるというメリットがあります。

ただ、こちらの場合であっても、はじめは返済額に占める元金の割合が高いために、最低返済額だけを返済していては、利息が加算してしまいます。ですので、余裕があれば初めから繰り上げ返済を行うと、より効率よく利息を節約することができます。

つまりは、どちらの返済方式であっても、ちょっとでもお得に利用するのであれば繰り上げ返済を行うことが大切だということになりますね。

無利息期間とおまとめローンについて

次は、レイクのお得なサービスの無利息期間と、おまとめローンが利用できるかどうか、ということについて挙げていきたいと思います。

無利息期間について

無利息期間については、初めの方にも述べた通り、5万円まで180日間

、30日間の二種類の無利息期間が用意されています。

5万円まで180日間の無利息期間であれば、5万円未満の借り入れの際には約6か月間も無利息でお金を借りられますので、実質タダで5万円分の給料の前借をしたのと同じことになりますね。

また、5万円以上でも適用され、30万円を借りた時であっても最初の3か月間は25万円分の金利が発生することになりますので、こちらも非常にお得だと言えます。

ただし、利用限度額が200万円以上に設定されると利用することができなくなりますので、お気を付け下さい。

30日間の無利息期間は借入金額がどのくらいであっても、30日間は完全に利息が発生しない、というプランになっています。こちらは他の消費者金融などで良く利用されているポピュラーな無利息期間になりますね。

なお、それぞれ返済回数が多くなるほど180日間の無利息プランがお得になり、借入金額が大きくなるほど30日間の無利息プランがお得になるという性質がありますので、自身の返済方法や借入金額に合ったプランを利用するようにしましょう。

なお、どちらの場合であっても、利息が発生するのは期間が終了してからで、発生する利息は返済が始まった月の金額を元にするようになっています。そして、どちらも初回利用時にしか利用することができませんので、お気を付け下さい。

おまとめローンについて

おまとめローンに関してですが、レイクはおまとめの目的では利用することができません。一応、総量規制の対象外であり、限度額が500万円まで、というまずまずの条件は整っているのですが、レイクがおまとめの目的に利用することができない最も大きな理由としては、金利率が消費者金融並みに高いことが挙げられます。

その他の銀行カードローンであれば、おまとめローン背引用のサービスなどを用意しており、そちらの方が金利率が低くなることもありますし、限度額が非常に高いうえに金利率が半分以下、というような銀行カードローンもいくつもありますので、おまとめローンを利用したいのであれば、レイクではなくその他の銀行カードローンを利用した方がいいと言えますね。

店舗数はどのくらい?

レイクには有人店舗が一店舗もありません。しかし、自動契約機が全国で796店舗も設置されているので、全国どこでもレイクの自動契約機を探すことはそう難しくはないかと思います。

誰かに質問をしたかったり、手続きのアドバイスを受けたいのであれば、コールセンターや自動契約機を利用するしかありませんが、だいたいの申し込み方法はかなり簡易になっていますし、ネットでの申込みであればやり方はある程度簡単に分かるように指示が出されていますので、特に大きな問題はないかと思います。

自動契約機の数は銀行カードローンの中でもトップクラスの数になっていますし、ATMの利用手数料も無料、その上、大手のコンビニのATMもほぼ全て利用することができるので、利用し易さは非常に高いと言えるでしょう。

どのような人におすすめのカードローンだと言えるのか

ここまで、レイクについてを事細かに挙げて来ましたが、最後にどのような人が利用するのに向いているかをまとめてみたいと思います。もしも、これらに該当するのであれば、ぜひともレイクを利用するといいでしょう。

まだレイクを利用したことが無い人

まずは、無利息サービスを利用することができる人です。レイクの無利息期間は上記に挙げた通りの蓋種類、30日間と5万円まで180日間のどちらかを選ぶことができますし、シミュレートも行うこができますから、確実にお得に利用することができます、初回利用時にしか適用されないので、当然初めてレイクを利用する人だけが得られる大きな特典だと言えますね。

ネットの利用が得意で、全ての手続きをネットでしたい人

申し込みから返済までの手続きをホームページ上で完結させることのできる銀行カードローンはそこまで多くはありません。ですので、全てをWEB上で完結させたいのであれば、レイクはちょうどいい借入先ということになりますね。

利用明細の確認や返済予定日の変更などもホームページからも行えますので、家で全ての手続きを終わらせる、もしくは外出先などでスマホを利用してさくっと終わらせたいという人にとっては非常におすすめだと言えますね。

とにかく早くお金を借りたい

レイクは申し込み方法が複数あり、本審査と同等の結果を得られる仮審査の結果もすぐに受け取ることができる上に、自動契約機でカードを発行すれば最短で40分で借入をすることができる、という早さの面を重視する人にはぴったりのカードローンだと言えますね。

口座振り込みの場合は平日の14時までに全ての工程を終わらせる必要がありますが、自動契約機は夜遅くまで稼働しているので、審査がギリギリの9時前に終わったとしても自動契約機を利用してカードを発行することもできますので、夜間に早く即日借入をしたいと言う方にもぴったりだと言えます。

以上のようなことに該当される方は、ぜひともレイクの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

新生銀行系カードローンレイク

142
実質年率4.5%~18.0%
借入限度額1,000円~500万円
審査時間最短30分
即日融資即日融資
月々の返済5,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
新生銀行カードローン レイクおすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資までをすべてウェブで完結
  • ローンカードは指定時間に配達可能
  • 収入があればパート・アルバイトOK
yajirusimidori-1lake

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)