レイクは専業主婦でも借りれる?【新生銀行で主婦のお金借り方】

かつては「ほのぼのレイク」という名称で消費者金融として営業していたレイク。

何度かの経営統合などを経て、現在は新生銀行のカードローン商品となりました。

これにより2010年から貸金業法で定められていた「総量規制」というものの対象外となったため、専業主婦でも新生銀行のレイクで借入れが出来るようになっています。

そこで今回は専業主婦がレイクで借入れをするための方法を紹介していきます。

総量規制対象外って?

では、そもそも総量規制とはどんな物なのでしょうか。

総量規制とは、先ほども触れた通り貸金業法という法律が改正になった際に新しく出てきた規制で、簡単に説明すると国の方で、

「どうやら最近は皆、年収の3分の1以上のお金を借入れたあたりから返済が厳しくなって来て最終的に自己破産などをする人が増えてきているから、今度から貸金業の皆さんは年収の3分の1以上は貸し付けちゃダメです。もちろん、専業主婦の場合は収入がそもそもないので、貸し付ける場合は収入のある配偶者を審査の対象として貸付を行ってください。ただし、この決まりごとは銀行さんには適用しません。銀行は別です。」

というお達しを出したのです。

この「銀行は別」というのが今回のキーポイントで、冒頭でも触れましたが現在のレイクを運営しているのはれっきとした銀行である新生銀行です。そのためレイクのカードローンは他の消費者金融とは異なり総量規制の対象外になっているのです。

反対に消費者金融についてはお達しの通り専業主婦への貸し付けを控えるようになりましたので、アイフルやアコムなどの大手はもちろん、かつて専業主婦への貸し付けを積極的に行っていたレディースフタバなどの業者も専業主婦への貸し付けは非常に消極的になりました。

そういった事から、現在は専業主婦の方でも借入れが出来るのはレイクがその代表格となっています。

専業主婦がレイクでお金借りる際に気をつけるポイント

実際に専業主婦の方がレイクでお金を借りる際にはどのような点に気を付けるべきでしょうか?

実はいくつかの注意すべきポイントがあるのですが、細かいところまで気にしているとなかなか腰が上がりませんよね。そこで今回は「ここだけ気をつけよう」というポイントをいくつかまとめてみました。順に解説していきます。

借入れ額は少額に

まず、最初に考えたいのは借入れ額です。専業主婦ということは収入がありませんので、さすがのレイクでも「専業主婦ですけどウン百万円貸してください」と申し込まれても、なかなかイエスとは言いづらいものです。

そして、審査の事を考えるのであれば結果的に出来る限り少ない額で申し込む事になりますし、最終的な借入れ額も少額になるということは覚えておきたいポイントです。

具体的には10万円から30万円程度までの申し込みであれば、審査もそこまで心配はいらないのではないでしょうか。

反対に申し込みの時点で50万円以上の希望を出している場合はそれなりに慎重な審査になるという事も覚えておきましょう。

在籍確認はオペレーターに相談

そして在籍確認についても気をつけておきたいポイントの1つです。

在籍確認というのはそもそも、本当に申込者が返済に充てられる定期的な収入を得ているか、そしてその収入のためにちゃんと申告通りの会社に勤めているかどうか、を確認するために会社に電話をする仕組みですので、専業主婦の場合は高確率で配偶者である旦那さんの職場に電話が行くことになります。

この場合、会社の旦那さん宛にレイクから電話が入ることになってしまいます。

そうなると電話に出た旦那さんに、場合によっては「○○さまのご主人様でいらっしゃいますね、私は新生銀行のレイクのxxと申します。

この度奥様からのお申込みを承りましたので、ご主人様のお勤め先の確認でございました」と、完全に借入れがバレてしまうような事を言われてしまう可能性すらあります。

仮に旦那さんが会社に不在などで直接電話には出なかったとしても後で「なんか個人名で電話が来ていましたよ」と同僚などから言われれば、カンの鋭い旦那さんであれば一発で「何かアヤシイ」と気付いてしまうことでしょう。

また、旦那さんの勤務先の電話が非通知での着信を受け付けない様な設定になっている場合はさらに注意が必要です。

通常レイクからの在籍確認の電話は、レイクからの電話であることがバレないように非通知でかかってくるのがセオリーです。

しかし非通知を拒否している場合などに限り、レイクでは0120から始まる番号を通知して電話をしてきます。

また番号についてはいくつかのバリエーションが確認されていますが、0120-019-xxxの様に019、つまりレイク、と読める様な番号が入っているケースが多いので、これで勤務先の人や旦那さんに「レイクから勤め先に電話が来た」とバレてしまう事も往々にしてあるのです。

こうなってしまうと今度は夫婦間でのトラブルが発生する可能性が高く借入れどころの騒ぎではなくなるので、何かしら別の方法で在籍確認を出来ないか、オペレーターさんに相談しましょう。

この相談のタイミングとしては申し込み後にオペレーターさんから本人確認などの電話が来た際でも構いませんが、出来る限り早めに相談するようにしておくとより安心で安全です。

オペレーターさんから本人宛てに電話が来るのは通常申し込みから40分から1時間程度となっていますので、心配であれば申し込みから10分程度でコールセンターに電話して「先ほどウェブから申し込んだ○○と申しますが、申し込みは完了していますでしょうか?

ちょっとご相談もあったので、申し込み完了の確認がてらお電話しました」と伝えるようにするとベターです。

そして実際の相談の仕方としては「今回は主人に内緒で申し込みをしていますので、主人の会社に電話が入ってしまうのは絶対に避けたいんです。何とか別の方法で主人の在籍を確認してもらえないでしょうか?」といった感じで問題ありません。

多くの場合は在籍確認が難しいとなった時、旦那さんが被保険者になっている社会保険証(勤め先の社名が入っているもの)や旦那さんの名刺または社員証、あるいは給与明細などの収入証明書類の提出で在籍を確認するという流れになります。

この時にはオペレーターさんから状況に応じて「では、まずご主人様のご在籍を確認できる書類としてどのような物をご用意頂けそうですか?」と聞かれますので、この時に上記の保険証や名刺、給与明細など、提出できそうなものを提案していきます。

するとオペレーターさんから「では、ただいまご提案頂きました書類のうち、○○と○○をご用意頂ければと思いますが、お願いできますでしょうか?」と必要なものをレクチャーしてもらえますので、こちらを用意するようにしましょう。

ちなみに多くの場合は会社名入りの社会保険証の画像データと源泉徴収票が審査上一番効力が強いものになります。

理由としては、会社名入りの社会保険証はある程度の規模の会社でなければ用意が難しく、源泉徴収票については給与明細などと違って額面のごまかしようが無い書類で、両方とも会社から直接ではなく、会社が公的な機関を経由して発行しているものだからです。ですので、可能であれば最初からこの2点を用意しておくとモアベターですね。

このように申込後の「配偶者への在籍確認電話」というステップから家族にバレるというケースも多く見られますので、必ず在籍確認を避けてもらえるように代替案を用意してオペレーターさんに相談することが重要です。

申込時に旦那の勤務先を入力しなかったらセーフ?

実はレイクにウェブから申し込みを行う際、本人の収入形態について収入が無いという選択肢を選ぶと専業主婦(夫)もしくは年金受給者のいずれかから選択をすることが出来ます。

この時専業主婦を選択するとそのまま申し込みの完了までスムーズに進み、旦那さんの勤務先を入力する欄が出ないという場合があります。

この場合は旦那さんの勤務先についてはもう聞かれない、つまりセーフということでしょうか?

いいえ、そうではありません。これはあくまでもWEBからの申し込みをスムーズに進めるためのものであって、今後ずっと旦那さんの勤務先について触れられないという事はまずありません。

「レイクは配偶者の勤務先などを聞かれない」と説明しているサイトもありますが、実際に申し込んでみるとほとんどの場合は申し込み後に本人宛てに申込確認という名目で電話が入り、そこで「あくまで任意でのご申告とはなりますが」と前置きした上で旦那さんの勤務先や勤続年数、そして収入についての確認が入ります。

また、確かに配偶者の勤務先などが一切聞かれないというケースもゼロではありませんが、この場合は既に何かしらのローン契約で配偶者の名前や勤務先、年収などが別途個人信用情報に記録されており、その属性(クレヒス)がよほど良好であるなどのケースが想定されます。

申込者本人のクレヒスが非常に良好で、その情報だけでも貸し付けが出来るというくらいの状況になっている場合も同様です。

そのため多くのケースでは旦那さんの勤務先に対して在籍確認をして良いかどうかを聞かれますので、油断せずに先ほど紹介した手順で在籍確認については回避するようにしましょう。

旧姓での借入れも審査対象?

専業主婦ということはご結婚をされているという事で、名字が変わっているケースも往々にしてあるかと思います。

この場合、旧姓での借入れ経歴(クレヒス)も審査対象になるのでしょうか?

結論から言うと、正常に旧姓からデータが引き継げている場合は審査対象になります。反対に何らかの事情でデータが引き継げていない場合には類似再照会という審査が入る可能性があります。

レイクも商売でお金を貸しているので、ある程度専業主婦の場合は旧姓の情報も探そうとする傾向にあります。

というのも通常は結婚後にクレジットカードなどの名義変更をするなどの関係で個人信用情報機関にもその改姓の事実が登録されることになっているのですが、何らかの事情で名字が変わったということが反映されておらず、旧姓と現姓で2人分の情報が出来てしまうことがあります。

つまり、新しい姓の方では何もクレヒスが登録されておらず「真っ白」という状況になります。

そうなると結婚前に仮に何かしらの事情で借入れ額が多かったり、あるいはブラック状態などになっていてもその情報を審査側で追跡出来なくなり、正常な審査が出来なくなるというケースも想定できますよね。

そこでレイクなどの審査側が行うのが「類似再照会」という手続きです。

これは仮にB田C子さん(旧姓:A山)という人がいたとして、その人が申込んだ時にレイクに上がってきた名前、住所、電話番号、運転免許証番号などを機械が解析して「同一人物の可能性あり」と判定された個人データを審査部署の人に表示するというシステムで、この場合はC子という名前や生年月日などが一致しているA山C子名義の情報が類似候補として上がってくることになります。

この時、レイク側で気になった場合にはこのA山さん名義の情報を再度照会することになるのですが、この時に行うのが「類似再照会」という手続きになります。

ただしこれはあくまでも最終手段であって、通常の場合は運転免許証番号(結婚しても変更されません)でチェックをしたり、あるいは直球勝負で「失礼ですが、お客様の旧姓をお伺いしても?」と聞かれて旧姓を自分から申告する事になります。

ちなみにこの時類似再照会などのキーポイントになるのは主に下の名前、生年月日、電話番号、住所(近隣の都道府県に類似データが無いかどうか)、運転免許証の有無、健康保険証の区分などが挙げられます。反対に言ってしまえば、これらの情報のうち名前と生年月日以外が全て「旧姓の時から完全に変わってしまっている場合」などは審査上、類似データは上がってこない可能性もゼロではありません。

例えば、住所が関西から東北や北海道などに移動していて電話番号も完全に変わっており、健康保険証も従来の国保から社保に変わっているケースなどは旧姓の借入れ情報が正常に追跡出来ない恐れがありますね。

ローンカードの郵送は家族に見つからないように注意

専業主婦がレイクで借入れをする時、家族に借入れがバレてしまうと非常に大変なことになるというケースがほとんどです。そのため、レイクでの借入れの大前提として「家族にバレないようにする」必要があります。

この辺りについてはレイク側でも申込み時に「家族が今回の件を知っているかどうか」についてある程度ヒアリングをして対応をしてくれるのですが、レイク側の対策に頼っているだけではいつか必ず、借りた側のミスやウッカリによってバレてしまいます。

だからこそ、借入れをする側でも最大限気を配ってバレない様にする必要があるのです。

その方法の代表格が、「ローンカードの郵送は絶対に避ける」です。

レイクでの借入れが家族にバレるポイントとして、契約後のローンカードの郵送が家族に見つかってしまうというケースが非常に多く見られます。

実際、WEB申し込みでレイクに申し込みを行い契約までが完了すると、店舗に出向かなくても借入れたお金は銀行口座へ振り込み、契約書とローンカードは後日郵送で、という方法を取ることも出来ます。

これだと実際にどこかに出向く必要もなくて非常に便利に見えるのですが、この方法を取ると通帳に記載された振り込み人名義でレイクだとバレてしまいますし、契約書とローンカードのセットが郵送されてきた時にそれを家族が受け取ってしまったり、あるいは家の中で何かの拍子に見つかってしまったら、それこそもう言い逃れが出来ません。

そこで郵送での書類やカードの送付が怖い、という場合は、WEB審査完了後に近くのレイクの無人契約機に行き、そこの契約機で直接契約書やローンカードを発行することが出来ます。

そうすると郵送物というものは原則、返済が遅れた時以外は無くなりますので、郵送物から家族にバレるという心配はクリアとなります。

レディースレイクかレイクどちらで申し込むか決める

また、レイクはWEB申し込みを選択したとしてもほぼ100%の確率で一度レイクのオペレーターさんと直接電話で話をすることになります。

この時、どうしても男性のオペレーターだと何かと心配で・・・という方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、レイクでは男性のオペレーターが対応することもある通常のレイクと、女性のオペレーターが借入れから融資までを全て対応してくれるレディースレイクが用意されています。

もし男性オペレーターがちょっと不安、という場合にはこちらのレディースレイクに申し込みをすると終始安心して手続きが可能となっています。どうしても初めての借入れなどの場合はただでさえ何かと緊張するものですから、こういったサービスはどんどん活用して少しでも精神的に快適な申し込みをしたいですね。

レイクでお金の返し方(返済方法)は?

レイクでお金を借りたら今後はお金を返す必要があります。レイクでの返済方法について、家族バレのリスクが低い方法を選ぶ必要があります。

レイクの返済方法には次の5種類の方法が用意されています。

口座振り込み

1.Web返済(インターネットバンキングから返済)

一番簡単で深夜早朝などでも利用可能な返済方法です。

これは自分名義のインターネットバンキング口座を事前に登録しておけば金融機関稼働時間外であっても即時に返済が可能というシステムになっています。

対応している銀行も

  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行

とメジャーな銀行も利用できるので、返済には便利と言えるでしょう。

しかし、銀行振込同様に口座には返済を行った送金履歴が残りますのでそこから家族バレをしてしまうリスクが非常に高いという特徴を持っています。

2.自動引き落とし

通常の固定費の支払いや保険料の支払いなどに使うのと同様の自動振替、つまり毎月の引き落としを設定するという返済方法です。

これだと設定した銀行口座から毎月有無を言わさず返済分が引き落としになりますので返済遅れ防止という観点から見れば非常に効果的ではありますが、後で紹介するように通帳に毎月一定額を送金している履歴が残りますし、その送金先の名前などの兼ね合いもあり、万が一通帳を見られた際に言い訳をするのは非常に難しいという難点があります。

家族バレを防ぎたいのであれば、絶対におすすめできない方法です。

3.銀行振り込み

こちらはATMなどから毎月決まった額や任意の返済額をレイクの口座に振り込むという方法です。

口座に入っているお金を送金する場合には当然通帳に「フリコミ *3000エン  カ)シンセイギンコウ」のような完全に返済資金としか思えないような送金履歴が残りますので、こちらも家族バレの観点からはNGと言えるでしょう。

また最悪通帳を紛失などして家族が通帳を見られないという状況になっても、ほとんどのケースでは家族が銀行に対して適切なルートや方法で開示請求を行うなどすれば最終的には過去の送金履歴などが発覚しますので、結局最後の最後にはバレるという性質を持っています。

ATM入金系

1.レイクATM(レイク店舗のATMで返済)

こちらはレイクの店舗に設置されたATMから直接入金をするタイプの返済方法です。口座振り込みなどと異なり、レイク専用のローンカード(当然名前などは書いていません)を使って暗証番号を入力し、その上で返済をするタイプになっていますので家族バレの心配はあまりありません。

明細もその場で出ますので、自分で適切に処分すればまず家族バレの心配はなさそうです。ただし、レイクの店舗という立地上、誰かに店舗に入っていく所を見られたりした場合はその限りではありません。

2.提携ATM(コンビニATMなどから返済)

一番おすすめしたいのがこの方法です。流れやシステムは先ほどのレイクATMへの入金返済と同じですが、立地がどこにでもあるコンビニなどのATMとなっていますので、まず家族バレという事は心配しなくても良いのではないでしょうか。

しかもレイクは提携ATM利用手数料も無料となっていますので、そちらも嬉しいポイントです。

上記の情報をまとめると、これらの方法のうち<口座振り込み系>という方法は家族バレを避けたいのであれば絶対にNGです。

まずWEB返済と銀行振込についてはそれぞれ送金時に通帳に記録が残ってしまいます。このレイクの返済用の送金先は一応非公開となっているのですが、実際の所は新生銀行の支店で法人名義の口座に振り込む事になりますので、家族が通帳を見れば一発でわかってしまいます。

銀行振り込みについては一部、現金振込という通帳に記録を残さない入金方法も一応はありますが、こちらも結局は振込明細が出てきますし、いくら記録が残らないといっても、司法機関が介入してくるなどの「最終的な局面」まで話がこじれると監視カメラの映像やその他の情報から結局はバレますので、こちらの方法もあまりおすすめできません。

さらに自動引き落としについては通帳に毎月「アプラス」や「シンセイB」、「AP(シンセイ)」の様に新生銀行の名前か、もしくは系列の信販会社であるアプラスという会社の名前が出てしまいますので、一発で家族バレに繋がるリスクがあります。

そこで先ほども触れた通りオススメしたいのが、コンビニATMからの入金という方法なのです。

ただし提携ATMから入金した場合、ATMから出てくる明細が通常の銀行取引で出てくる明細の倍くらいの長さの独特のものになりますので、明細が出てくる瞬間を見た家族などがカードローン経験者だと怪しまれるリスクも充分にあります。この部分だけ、注意しましょう。

レイクの無利息期間って?

レイクで初めてお金を借りると、2種類の無利息期間のうち1つを選ぶことができます。

「借入れ額のうち5万円までは180日間の間無利息」

1つ目は「借入れ額のうち5万円までは180日間の間無利息」というもので、もうひとつは「いくら借りても30日間全額無利息」というものです。

前者は仮に限度額が50万円だとしても、その中から5万円だけを借りている分には180日間(半年間)もの間、利息が発生しません。つまり、借りた分である5万円だけを返せばいいのです。ただし、5万円以上借入れた場合、その超えた分については通常利息が適用となります。

50万円上限いっぱいまで借入れていたとしても、最初の30日間は全く利息がかからない

後者は仮に50万円上限いっぱいまで借入れていたとしても、最初の30日間は全く利息がかからないというサービスです。

つまり50万円を借りても、30日以内に返済すれば利息はタダなので50万円だけ返せばそれで完済になるのです。

無利息というのは非常に嬉しいサービスですよね。

この無利息期間中に返済をしてしまえば利息もかからず、後にも響きませんので、出来る限りこの無利息サービスを活用して利息がかからない内に返済するとベターですね。

まとめ

このように昔は消費者金融として有名だったレイクは現在、新生銀行が運営する銀行カードローン商品となっています。

総量規制の対象外となり、専業主婦の方でも借入れが出来るようになっています。

専業主婦の方がレイクで借入れをする場合には、今回紹介した方法で

  • 家族にバレないようにすること
  • 少額の借入れで済ませて出来る限り早く完済してしまうなど計画的に利用すること
  • その返済には必ず口座などに記帳されない方法を取ること

を徹底するようにしたいものですね。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)