• アコム審査 アコム
    アコムの在籍確認は会社にバレないで借りれる【職場へ電話連絡なし】
    2018年9月15日
  • SMBCモビット
    SMBCモビット審査基準厳しい?落ちた・通らない人の2ch口コミは嘘?
    2018年11月16日
  • アイフル
    アイフル審査基準甘い?厳しい?【通らない落ちた人の2ch口コミは?】
    2018年11月17日

「キャッシングの返済中なのに
またお金が足りない!」

少なくとも、未来のことは分かりませんので、いくら返済のために厳重なスケジュールを作っていたとしても、このような状態に陥らないとは限りません。

そのような時は、またお金を借りるのが一番手っ取り早い手段ですが、既に借金をしている人が新たにお金を借りるのはリスクも大きいです。

多重債務に陥って、借金を返済できなくなる、というようなことは、利用者側のリスクでもあり、お金を貸す側のリスクでもあります。

そのため、もう既にキャッシングを利用している人が、新たにカードローンを申し込む際には「多重債務」の恐れがあるために、様々な制限が与えられます。

要するに、これ以上お金を借りることが難しくなる、ということです。

これは広く知れ割っていることなので、尻ごみをする方もいますが、実は、他社借入をしていたとしても、審査に通過し易いカードローンや、借入の可否を分ける目安というものがあります。

今回はそれらについて紹介したいと思います。

総量規制に注意する

総量規制とは

まず、総量規制とは、賃金業法によって定められている利用者が「年収の三分の一以上は借入できない」という制度です。

こちらは比較的新しく作られた制度で、借金を返済できなくなるような多重債務者を出さないために作られた制度です。

消費者を守るために作られた制度ですが、その反面、借入ができる金額が制限されたので、例えば年収が300万円ある人が、80万円を既に借りており、新たに30万円を借りようとした際に、総量規制の100万円を超えてしまうために、借入ができなくなる、という側面も持っています。

総量規制に近くなればなるほどに借入がしにくくなる

総量規制によって、借入の限度額と言うものが法的に定められることになりましたが、この範囲内であれば、借入をすることは可能です。もちろん、それは他社借入をしている方であっても、同様です。

ただし、他社借入をしている人が審査を受ける際に重視されるのは、現在の返済状況です。例えば、毎月返済ができているか、遅れなどが生じていないか、などです。これらを参照しながら、踏み倒しをされないかどうかを金融機関は見極めているのです。

しかし、他社借入の場合は、さらにもう一つ、現在の借入金額が総量規制にどれだけ迫っているかが、見られることがあります。

もしも、総量規制の限度額にかなり切迫しているような金額を借りていると、審査に通過するかどうかが非常に微妙なラインとなるので、ギリギリでは借りづらいと言うことを覚えておきましょう。

審査に落ちたらすぐにお金を返すことに専念

もしも、他社借入をしており、総量規制の範囲内ではあるが、審査に落ちてしまったとき、上記に挙げたことを考えれば、残高がありすぎることが、審査に落ちた理由になっていると考えられます。

ですので、真っ先に行うことは、現在の借入残高を減らすためにお金を返すことです。返済をきちんと行えば、返済状況も良くなり、より審査に通過し易くなります。

間違っても、審査に落ちたけれど、別の金融機関ならば審査に通ると思い、他の金融機関に何度も審査を申し込むと、今度は申込みをし過ぎているために、審査に落とされてしまうことになりますので、要注意です。

なお、これまでに説明してきた総量規制に関わることはすべて「消費者金融からお金を借りる場合」に限ります。

総量規制は賃金法に定められていることなので、適用されるのはプロミスやアコムなどの消費者金融のみとなります。よって、総量規制は「銀行カードローン」には適用されないのです。

総量規制を気にしなくとも銀行カードローンなら借入可能

「総量規制の対象外なので他社借入をしていても、銀行カードローンならばお金を借りられる」と言う訳ではありません。

少なくとも銀行カードローンにもいろいろな銀行や、借入方法があり、消費者金融と比べても、審査は厳しめになっている所が多いです。

ただ、最近では消費者金融と同じように即日審査や即日融資、時間帯によっては即日振込も行ってくれる銀行もあります。

そのため、もしも他社借入をしていながらも、またお金が必要となり、その金額を合わせると年収の三分の一を超えてしまうので、今回は銀行カードローンから借りなければならない、という状況であれば「どこの銀行カードローンを利用するか」または「どのような借入方法をすればいいか」を考える必要があります。

それを調べるのも面倒かと思いますので、以下におすすめの銀行カードローンを三つご紹介します。

多重債務でも借入可能の三つの銀行カードローン

レイクALSAの場合

レイクALSAと言えば、消費者金融のイメージがかなり強いかと思います。それは昔の話です。

レイクは2011年に新生銀行に店舗や商標を譲渡して、今では「新生銀行のカードローン」となっており、2018年よりレイクALSAになりました、

時期によっては無利息期間のキャンペーンをやっていたり、申し込みから返済までを全てネットでできるWEB完結制度の導入や、スピード融資も可能であったりと、非常にサービスが充実しています。

審査には比較的通過し易いと言われているので、他社借入をしつつも、高い確率で審査に通過したいのであれば、レイクALSAを使うのもいいかもしれません。その場合には、金利率に気を付けて、破産をしないように注意しましょう。

バンクイックの場合

次は三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックです。こちらはレイクとは違って、金利率は4.6から14.6%と金利率が低めに設定されています。

バンクイックの場合は、融資限度額が500万円までとなっているので、総量規制を無視して、大口の金額を借入するのであれば、非常におすすめです。

ただ、こちらは純粋な銀行カードローンであるために、審査が厳しいかどうかが非常に気になるところですね。

銀行のローンには二種類あり、担保がある場合と、無い場合で審査に通過できる可能性が変わります。もしも、住宅ローンなどの担保があれば、総返済負担率が20%から30%くらい、担保が無ければ、総返済負担率が20%くらいまでであれば、新規のキャッシングに通過し易いと言われています。

こちらは一つの目安ですが、個人によって違うことですので、バンクイックや後述するもう一つの銀行から借り入れをする際に、留意しておくといいでしょう。

ゆえに、担保があればバンクイックは借入をし易いと言えますので、非常におすすめの借入先となっています。

ベストの借入先はみずほ銀行

バンクイックと同様に、みずほ銀行も純粋な銀行カードローンですので、担保がある場合は非常におすすめです。

さらに言えば、バンクイックで借入ができるのであれば、こちらの方でも借入ができる可能性があるので、ぜひともみずほ銀行をおすすめします。

なぜならば、みずほ銀行は最高限度額がバンクイックの800万円と非常に高額だからです。

みずほ銀行は審査が厳しめになっています。ですが、既にみずほ銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードにローン機能を付けることもできますし、返済も自動引き落としができるようになっています。そのために、みずほ銀行を日ごろから使っている人は、審査に通り易くなることもあります。

また、みずほ銀行はネットでの申込みも、即日審査も即日融資も可能です。さらに言えば、返済シミュレーションが分かり易くなっているので、返済のプランも立てやすく、これまで苦しんでいた借金から逃れるためにも、非常におすすめです。

ですので、もしも複数社から借り入れをしているのであれば、みずほ銀行カードローンを利用するのが一番だと言えます。

まとめ

他社借入をしていると、新たにキャッシングを申し込んでもなかなか審査に通過しない、とは言われますが、実際には他社借入があったとしても、借入をすることができるカードローンは意外と多いです。

その選択肢は、消費者金融と銀行カードローンと二種類あるので、通常のカードローンの利用とほとんどかわりません。

消費者金融は金利が高くなることや、総量規制の対象となって借入する金額が制限されることなどのデメリットはありますが、審査には比較的通過し易いというメリットがあります。

銀行カードローンは総量規制の対象になりませんし、金利は消費者金融と比べて低くなる傾向にありますが、審査に通り辛いことがデメリットとして挙げられます。

どちらも一長一短であり、長所と短所がそれぞれに違うために、どちらを利用すればいいのか、ということは、個人個人に委ねられます。ですので、どこを利用すればいいかを考える際には、銀行カードローンと消費者金融のどちらが、自分自身に合っているかを考えた上で選ぶ必要があると言えるでしょう。

また、既に他社借入をしており、その件数も多く、複数件の借入のせいで悩んでいるのであれば、真っ先におまとめローンを利用するのをおすすめします。

おまとめローンを使用すれば、金銭的にも、精神的にも、複数件からの借り入れを行っているときよりも、かなり楽になりますので、非常におすすめです。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事