千葉銀行カードローン審査基準甘い?厳しい?通らない人の特徴は?

千葉銀行カードローン

 

実質年率1.7%~14.8%
借入限度額800万円
審査時間最短即日
即日融資最短即日
月々の返済2,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
千葉銀行カードローン おすすめポイント

  • 実質年率1.7〜14.8%と低金利
  • 月々の返済が2,000円からと低い
  • 専業主婦でも利用OK

千葉銀行カードローン審査の特徴は?

千葉銀行のカードローンは銀行系カードローンですので、総量規制の対象外です。そのため他社に借り入れがあった場合でも、信用力次第では契約できる可能性が高くなります。最大金利は14.8%となっていますので、他の銀行のカードローンと比較しても一般的な水準の商品設計です。

申し込み条件は安定した収入のある人で、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば可能です。銀行系カードローンの中にも専業主婦では契約できないものもありますので、主婦が申し込みをする場合は対象となっているかどうか確認することが非常に重要です。

申込はホームページや店頭で行うことができますが、ホームページから「ネットでカンタンお申込み」から申し込むのが楽です。審査結果は最短即日で、電話か郵送にて回答を受けることができます。申し込み時間によっては翌日以降になることがありますので、急いでいるときは早めに申し込みをすると良いでしょう。

すでに千葉銀行に口座を持っていてキャッシュカードが手元にある人は、WEB完結での手続きが可能です。口座があると自動融資サービスも利用することができるようになります。これは公共料金などの引き落としのときに残高不足が発生した場合、自動的に融資して延滞になることを防ぐ機能です。WEB完結では提出書類がないため、融資実行までの速度が非常に早いのが特徴です。口座がない人は運転免許証、パスポート、身分証明書などの本人確認書類が必要です。また希望する限度額によっては収入証明書が必要になる場合もあります。

口座がある人はさらに即日融資も可能になる可能性があります。即日融資が可能になるのは、審査結果の連絡が正午までに完了した人です。口座を持っていない人も平日の窓口営業時間であれば、すぐに口座開設をすることができます。正午までに口座開設が完了すれば即日融資の対象となります。

千葉銀行のカードローンは他の多くのカードローンと同様に、仮審査のあとに本審査が行われます。仮審査は保証会社であるエム・ユー信用保証が行っています。仮審査のあとに本人確認や在籍確認が行われますが、仮審査の段階で通過できなかった人は書類を提出する必要はありません。本人確認や在籍確認では大きな問題がなければ、そのまま契約という流れになります。申込書に記入した連絡先で連絡がつかない場合や、会社の情報に誤りがあると、契約ができなくなってしまう可能性があります。申込書には正確なデータを記入するように注意しましょう。もし間違いがあった場合は電話で訂正を入れることができますが、審査完了に時間がかかってしまうため、融資ができるようになるのも遅れてしまうでしょう。

千葉銀行カードローン審査基準は?

仮審査では保証会社であるエム・ユー信用保証が、申込者の承諾を得て信用情報を確認します。信用情報には申込者の信用取引に関するデータが蓄積されており、審査の判断材料とされます。仮審査でも重要視される項目が、年収、他社での借り入れ状況、勤続年数、雇用形態です。年収は高ければ高いほどよく、他社に借り入れがない人ほど審査通過率は高くなります。勤続年数も長ければ長いほどよくなります。もし千葉銀行カードローンの審査で落ちてしまっても、ある程度期間をおいてから再び申し込みをすれば審査に通る可能性があります。それは勤続年数や居住年数が増えることによって、信用属性が上昇した結果です。もし他社に借り入れがある人は、なるべく申し込み前に残高を圧縮しておくことで、審査通過率を上げることができます。

仮審査ではこれら申し込み情報と信用情報の項目に点数をつける「スコアリング」が行われます。点数化された結果、社内の一定基準をクリアした人のみ契約が可能です。また、どんなに属性が高くても、現在進行形の延滞がある人は契約することができません。申し込みをするタイミングで他社のカードローン、クレジットカード、分割払いをしている携帯料金の未納がないか確認しておきましょう。光熱費や税金など、信用情報に記録が残らないような延滞に関しては影響がありません。また、信用情報には他社への申し込み状況も記録されます。同じタイミングで他の会社に申し込みをしていると、審査に通りにくくなってしまうことがあるので注意しましょう。

千葉銀行カードローンの場合は申し込みができる条件に居住地域も加えられています。対象エリアは千葉県、東京都、茨城県、埼玉県の全域と、神奈川県の横浜市と川崎市です。それ以外の地域に住んでいる人は申し込みをしても契約することができません。一度契約をした後に引っ越しとなった場合はそのまま利用を続けることが可能です。

千葉銀行の1つの特徴として、収入証明書が必要になるラインがかなり高い金額で設定されている点があります。500万円までは不要とされていますので、まとまった契約を希望しない限り収入証明書の提出は不要です。最初の契約では少額でも、長く続けるうちに増額することも可能です。金利は利用限度額によって設定されます。100万円以下の契約では14.8%ですが、増額していくことによって有利な条件で借りることができるようになります。利用する予定がない人でも、ある程度はまとまった金額での契約にすることによって、利息負担を少なくすることができるでしょう。ただし大きな契約では金融機関にもリスクがありますので、利用を続けて信用を得る必要があります。

千葉銀行カードローン審査は?甘い?厳しい?審査通過率で比較

千葉銀行のカードローンの審査基準は、一般的な銀行系カードローンと比較しても平均的な水準です。しかしそれでもプロミス、アコムと言った消費者金融大手と比較すれば、ハードルは高いカードローンでしょう。プロミス、アコムなどはすべて貸金業者ですので、千葉銀行のカードローンとは規制されている法律が異なります。貸金業法では年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されていますので、貸金業者から年収3分の1以上の借り入れをすることはできません。しかしその分、年収の3分の1ラインまでの貸し出しには比較的積極的です。

ただしプロミスやアコムのように他の銀行系カードローンの保証業務を行っている会社の場合、他社での契約次第では契約が難しくなるケースがあります。複数の会社の保証会社が同一だった場合、金融機関は異なっていても保証会社のリスクが高くなってしまうためです。銀行系カードローンでは保証会社の名称が陰に隠れてしまいがちですが、1つの保証会社にリスクが集中しないように銀行を選ぶことも大切です。千葉銀行の場合、他にエム・ユー信用保証が保証しているローンの契約があると、審査でも慎重になることがあります。エム・ユー信用保証が保証業務を行っている銀行系カードローンは、20行以上あるので注意しておきましょう。

エム・ユー信用保証は三菱UFJフィナンシャルグループの保証会社です。設立にはアコムが関わっており、その審査基準もアコムに準じています。仮審査の審査基準は保証会社がリスクを負えるかどうかにかかっていますので、その点においては千葉銀行のカードローンは難易度は高くないと言えます。また、アコムが保証業務を行っている大手金融機関のカードローンに「バンクイック」があります。バンクイックはメガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローンです。同じグループ企業という特殊な条件もあり、バンクイックはメガバンクのカードローンでも審査通過率が高いと言われているローンの1つです。もし千葉銀行のカードローンで契約ができなかった場合、バンクイックも検討してみると良いでしょう。メガバンクのカードローンですので、千葉銀行のように居住地域に制限があるわけでもありません。利用できるATMの台数も非常に多く、利便性も高いローンです。

銀行系カードローンでは、普段から利用している口座があると、審査通過率が上がるという特徴があります。それは銀行がその人のお金の使い方や収入のバランスを把握することができるため、審査での判断材料が増えるためです。銀行口座が担保の役割を果たす点も、金融機関のリスクを下げる要因となっています。気になる銀行系カードローンがある人は、口座開設からするのも良いでしょう。

千葉銀行カードローン審査に通らない人の特徴は?

審査に落ちてしまった場合は、その結果を分析することによって別の金融機関への申し込みや、再度千葉銀行に申し込みをするときに役立てることができます。

まず絶対条件となっているのが居住地域です。対象地域となっていないエリアからの申し込みは、どんなに属性がよくても契約することができません。注意しなくてはならないのが、県境に住んでいる人でしょう。ぎりぎり外れてしまっている人が少しくらい大丈夫だと思って申し込んでしまうこともありますが、エリアが決められている以上、そのラインは絶対条件となります。神奈川県ではどんなに近くても川崎市や横浜市から外れたエリアからの申し込みはアウトとなります。

他の金融機関の条件でも重要視されるのが収入とその安定性です。安定した収入がない人はカードローンやクレジットカードを持つことはできません。専業主婦の場合は例外として配偶者の収入をプラスして審査してくれるところもあります。また貸金業者でも総量規制の対象外となる「配偶者貸付」という制度があります。申込書には職業を書く欄がありますが、「無職」と書いたら契約はできないものだと思っておきましょう。反対に学生やフリーターでも安定した収入があれば、千葉銀行カードローンの契約は可能です。ここでいう「安定した収入」とは、1か月に1度以上、決まった日に収入があることを指します。金額は多ければ多いほど良いのですが、少額でも安定した収入であれば、それは収入として認められます。ギャンブルによる収入は不安定ですし、マイナスになる危険性がありますので、収入としては認められません。同様に株式投資やFXなどの金融商品の利益も、安定した収入としては認められません。投資で安定した収入となるのは、不動産投資の毎月の家賃収入や配当などです。

他社に複数の借り入れがあり、収入に見合わない負債があるケースも審査に落ちてしまいます。ただし借換え目的であれば契約が可能になる場合もあります。ただし中には契約した結果、借り換えずに新たな借金としてしまう人もいます。借金の合計が増えてしまえばそれだけ負担も大きくなりますので、借換え目的で契約をしたら他社の借金の返済に充てるようにしましょう。銀行系カードローンは消費者金融と比較すると金利も低いので、ただ借り換えるだけでも毎月の負担を減らすことができます。千葉銀行では500万円までは収入証明書が不要となっていますので、借換え先としても有望な金融機関です。

本審査で書類に不備があることが分かった場合も契約ができません。在籍確認も取れるように、職場の連絡先は正確なものを記入しましょう。特に大きな会社に勤めていると代表番号を記入してしまう人もいますが、自分に最も近い電話番号を書くのが安全です。

まとめ

千葉銀行のカードローンは銀行系カードローンとしては、スペックも審査基準も平均的です。特段難しいカードローンというわけではありませんので、千葉県に住んでいる人や近辺に住んでいて愛着のある人は検討してみると良いでしょう。審査に通過するためにはある程度のコツがあります。特徴を理解することによって審査通過率を上げることもできますので、申し込み前にできることをこなし、無駄な申込にならないようにしましょう。専業主婦でも利用できるのは大きなメリットです。

千葉銀行のカードローンは銀行系カードローンには珍しく、即日審査、即日融資に対応しています。急な出費があったときでもすぐに借りることができます。申し込みをするのであれば午前中に行わなくてはなりません。即日融資を実現するための条件も決まっています。

カードローンですのでおまとめローンではありませんが、複数の借り入れをまとめるだけのスペックがあります。契約額が大きくなればなるほど金利が低くなりますので、複数の借り入れがある人は借換え先として利用するのも良いでしょう。また、1つの会社で大きな契約があると、他にさらに有利な借入先を見つけた時にも審査でプラスになることがあります。なぜなら同じ金額でも、さまざまな会社から借り入れをしている人より、1つの会社から借り入れをしている人のほうが信用力が高くなるからです。借入先は少なく、契約額を大きくすることで、自分の信用力を上げることができます。

千葉銀行カードローン

 

実質年率1.7%~14.8%
借入限度額800万円
審査時間最短即日
即日融資最短即日
月々の返済2,000円〜
保証人の有無不要
在籍確認電話
千葉銀行カードローン おすすめポイント

  • 実質年率1.7〜14.8%と低金利
  • 月々の返済が2,000円からと低い
  • 専業主婦でも利用OK

この記事がお役にたちましたらシェアお願いします!

レイク審査甘い

じぶん銀行カードローン審査甘い

バンクイック審査甘い

アコム審査甘い

プロミス審査甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)