横浜銀行カードローンのキャッシングはインターネット申し込みでスピード開設できますが、金利は返済時まで考えない人も珍しくないようです。

たしかに審査に通過するかすらわからない状況で返済時の金利を考えている余裕はないかもしれませんが、キャッシングは最終的に返済を逃れることはできません。

とはいえ横浜銀行カードローンのキャッシングの金利は特に難しいポイントはなく、要点さえ押さえておけば簡単に理解できます。

これから横浜銀行のキャッシングを利用する予定の人は是非この記事を最後まで読んでいってください。

横浜銀行カードローンのキャッシングの金利は何%なの?

shutterstock_76644934

横浜銀行カードローンのキャッシングの

 限度額は最大1000万円まで

で、金利はキャッシングした金額に応じて変わってきます。

金利は

年1.9%〜14.6%

の範囲内で決められ、単純に言えば借りる金額が増えれば増えるほど金利は低くなります。

金利をシュミレーションをすると?

例を示せば、10,000円の借入金額で金利1.9%を受けることはできませんし、逆に1000万円の借入金額で金利14.6%を課せられることはありません。

ただし毎月の返済額は借入金額が増えるに応じて増えてしまいますし、審査の際に収入証明書類の提出等も必要になる場合がありますので、借入金額はよく検討するべきでしょう。

横浜銀行カードローンのキャッシングの金利は金額で区切られるの?

アイフル金利

上記に横浜銀行カードローンのキャッシングの金利の一例を示しましたが、ここでは更に詳細に述べていきます。

自身の借入予定金額の金利のみ覚えておけば問題ありません。

横浜銀行カードローンのキャッシングの金利の区切りは下記の表の通りです。

100万円以下 年14.6%
100万円以上200万円未満 年11.8%
200万円以上300万円未満 年8.8%
300万円以上400万円未満 年6.8%
400万円以上500万円未満 年4.8%
500万円以上600万円未満 年4.5%
600万円以上700万円未満 年4.0%
700万円以上800万円未満 年3.5%
800万円以上900万円未満 年3.0%
900万円以上1000万円未満 年2.5%

どうやら横浜銀行カードローンのキャッシングは、100万円ごとの区切りで金利が変わっているようです。

横浜銀行カードローンのキャッシングの遅延損害金はどうなの?

横浜銀行カードローンのキャッシングの金利はおおよそ把握してくれたはずですが、遅延損害金は最大金利14.6%を遥かに越えます。

 横浜銀行のキャッシングの遅延損害金は年18.0%

になります。

この金利は大手消費者金融とほぼ同一の金利になり、これでは金利の低い横浜銀行カードローンでキャッシングをした意味がなくなると言っても過言ではありません。

とはいえ遅延損害金は契約した返済期日に間に合わなかった場合のみで、普通に毎月返済をしていればまったく問題はありません。

横浜銀行カードローンのキャッシングの金利のまとめ

shutterstock_242752531

以上のように横浜銀行カードローンのキャッシングの金利について解説してきました。

数字ばかりを見ているととても細かいように思えてきますが、自身の借入金額に応じた部分のみ理解しておけば問題ありません。

横浜銀行カードローンのキャッシングは最大限度額も非常に高いですし、金利の低さも相まってとてもメリットがあります。

ただ唯一気を付けて欲しいことは、返済期日に間に合わなかった場合の遅延損害金です。

自身の返済能力に応じた金額のみをキャッシングするように常々注意しておくべきでしょう。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事