一般社団法人「生活サポート基金」とは?

生活サポート基金はその名の通り、低収入などで生活の困窮している人をサポートするために設立された会社です。

 

主な目的は、金銭問題の解決のための方策を提案してあげることですが、必要によってはお金の貸出しが行われており、それが「生活再生ローン」です。

 

生活再生ローンは

  • 子供の学費が払えない
  • 家賃の未払いが溜まって立退きを要求されている
  • 多重債務をまとめて処理するためのお金が要る家庭

などへ、資金が貸出されます。

生活サポート基金は金利が低く、長期での返済ができます。また、債務整理の経験者でも借入が可能です。

「生活サポート基金」審査が厳しい理由とは?

生活サポート基金は営利目的の貸出をしているわけではないため、はなから借入を申請することはできません。利用者はまずお金の問題や生活の問題などを解決するための相談をし、その結果によって貸出の申込をする形になります。

当然、借入金の使途は限定されており、旅行などの遊興費として使うことはできません。 なお、生活サポート基金も貸金業者に変わりはないため、貸金業法の適用を受けます。なので年収の3分の1を超える借入はできません。

指定信用情報機関の信用情報に基づいた厳格な審査が行われます。いくら生活に困っているからとはいえ、やみくもに貸出をしてもらえるわけではありません。 さらに、生活サポート基金の一番厳しいのが、連帯保証人が必要なことであり、いない場合は借入が認められません。場合によっては、不動産や有価証券などの担保を要求されます。

生活サポート基金の申込み・利用の流れ

生活サポート基金から生活再生ローンの借入を行うには以下の手順を踏みます。

  1. 電話相談及び面談の予約 始めに電話で相談をし、融資の条件を満たしている場合は、面談の予約をします。
  2. 面談の実施 現在の困窮状況の確認と、今後の対策を検討するため、面談を行います。
  3. 生活再生ローンの申請 借入申込書に必要事項を記入し、提出します。
  4. 審査 申込書に基づいて審査が行われ、貸付の可否が決定されます。
  5. 契約 審査に通ると、貸付金額や金利、返済額、返済期間などの契約内容の確認が行われます。
  6. 貸付の実施 貸付が実施されます。

生活サポート基金の返済方法

生活再生ローンの返済方式は、「元利均等」か「元利一括」のどちらかとなります。

元利均等

元利均等方式 毎月、同一の金額を返済していきます。返済額の中に、元金と利息が含まれています。返済額が同額であるため、始めのうちは返済額に占める利息の割合が高く、回数を経るによって利息の割合が減っていきます。

元利均等方式は常に一定の金額を返済する形になるため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

元利一括

元利一括方式 生活再生ローン独特の返済方式であり、返済期限の最終日に元金と利息を一括で支払います。月々の返済が無いため、当座の金銭的負担はありませんが、期日にまとまった金額を返済できる見込みのあることが前提になります。

返済期間は1ヶ月(1回)から、最大120ヶ月(120回)となっています。

生活サポート基金、利用者の口コミ

生活再生ローンを利用した人の口コミには以下などのものがあります。

生活再生ローンの口コミ50代男性A

不動産詐欺に遭い自己破産をしたが、その翌年に息子が大学に合格。入学金や前期の授業料等の入学前納入を用意できなかった。しかし生活再生ローンからお金を借り入れることができ、無事納入することができた。

生活再生ローンの口コミ 50代男性B

ある病気が発覚して仕事を続けるのが困難になったが、生活再生ローンを利用して独立する子供たちの引っ越し費用を借りることができ、自分たちは生活保護を受けることができた。

生活再生ローンの口コミ 40代男性C

友人の保証人となって債務をかぶってしまったため自己破産。仕事は続けることができ毎月の収入はあるが、子供の進学費用を借り入れることはできなかった。しかし生活再生ローンは借りることができ、授業料や入学に掛かる費用を支払うことができた。

個人事業主のお金の借り方まとめ

生活サポート基金はあくまでも個人の生活を守るためのものであり、事業に利用することはできません。事業資金を兼ねてお金を借りたい個人事業主は、日本政策金融公庫を利用する方法があります。

日本政策金融公庫なら低金利で、生活費や事業の運転資金のお金を借りられる可能性があります。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事