個人事業主でカードローン申し込みしたい

個人事業主がカードローンでお金を借りるには、一般的な会社員よりもハードルが高い場合があります。個人事業主は安定した収入が得られない可能性があると判断され、審査に通りにくくなってしまうのです。しかし、絶対にお金が借りられないということではないので、審査に通りやすいカードローンを選んで申し込みしてみると良いでしょう。一度に何社も申し込んでしまうと、お金に困っているのではないかと疑われて審査に落ちてしまうこともあるので、一度にたくさんのカードローンに申し込むのはやめておいた方がいいです。生活費などではなく、事業資金を借りたい場合は日本政策金融公庫など事業資金を融資してくれる団体もあるので、カードローンやキャッシングでは借りられなかった人も一度調べてみてくださいね。

個人事業主が融資が受けづらい理由とは?

カードローン申込みの際には収入証明書を求められる場合があります。個人事業主は節税の関係であまり所得を上げないようにしている人も多いかと思いますが、そうすると収入があまりないということになり、カードローンやキャッシングの申込みをする際にはとても不利です。50万円以下の借入の場合は収入証明書が不要なカードローンが多いので、年収があまりない場合や勤続年数が短い場合などは30〜50万円以下で申込みをすると審査に通る可能性が上がります。返済期間は長めの方が毎月の支払いは抑えられますが、利息を払い続けなければいけないことを考えると、個人事業主で収入がいつまで安定しているのかわからないというリスクもあるため、あまり長期間に渡っての返済計画は危険です。他社で借入がある場合はその返済のこともしっかり考えて、他社で借入があることを申込みの際に正直に申告することも大切です。

個人事業主が融資が受けづらい理由とは?

個人事業主は会社員と比べるとお金は借りにくいですし、お金を借りるために必要な書類も多いです。会社員は会社が倒産しない限りは毎月固定給で収入を得ることができますし、ボーナスも貰えることが多いので、お金を貸す側からしても返済が滞るリスクが低いため、カードローンやキャッシングの審査にも通りやすいです。

個人事業主は働いた分しか収入につながらないですし、毎月定額で給料が入るわけではないので、いくら年収が多くてもそれがいつまで持続するかわからないという懸念があり、審査に通りにくくなってしまいます。

個人事業主が事業資金以外で今日でも借りれるカードローンとは?

事業資金以外で借りるのであれば、個人事業主も会社員も手続きはほぼ変わりません。銀行系のカードローンは審査が厳しい場合が多いので、個人事業主が審査を通過するのは難しいことが多いですが、1社くらいはチャレンジしてみても良いかもしれません。銀行系のカードローンは金利が低いので、返済はかなり楽になります。消費者金融のカードローンは、審査は緩い傾向にありますが、金利が高いので計画的に本当に返せる金額を申込みしないと返済できなくなってしまうかもしれません。カードローンやキャッシングを何社も同時に申し込むと、申し込んだ記録が残るので、何社も同時に申し込んでいるなんてお金に困っているのではないかと疑われて審査に通らないという結果になることもあるので、申込みは銀行系1社と消費者金融1社くらいに絞るといいですね。

日本政策金融公庫の説明をお願いします。

日本政策金融公庫とは、新規事業を立ち上げる資金や、伝統工芸などを継承していくための資金などを融資してくれる国が設置した会社です。赤字でも借入ができる場合があるので、事業を立て直したいと考えている人にも融資の可能性があります。

これから事業を立ち上げたいという人も、しっかり経営計画を立てていれば現在の収入だけで判断されるということがないのでお金が借りやすいと言えます。事業資金の借入は総量規制の対象外なので、現在の年収にかかわらず、希望額を融資してもらえることもありますが、必ず返済ができる範囲内で、返済計画もしっかり立てていないと融資が受けられないので注意が必要です。現在の収入では銀行での借入が難しい人は日本政策金融公庫を利用してみると良いかもしれません。

個人事業主のお金の借り方まとめ

個人事業主は会社員よりもお金を借りることが難しいですが、絶対に借りられないということはありません。生活費にしたいのか、事業資金なのかで借りる先は様々ですが、どこでお金を借りるにしても収入が大幅に減っても返せる金額かどうかをよく検討する必要があります。申込みの際によく考えて、身の丈に合った金額を借りるようにしてください。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事