長く不景気が続いてきた日本では、日々の生活や事業のためにお金を借りたいという方が増えています。障害者の方は特に生活が苦しいことが多く、お金を借りる必要性に迫られるケースも増えています。しかし障害者の方がお金を借りるには、返済能力を証明する等のハードルが高くなっているのが現状です。

障害者がお金を借りにくい理由

お金をレイクのような金融業者から借りる場合には、誰でもまずは審査を受けて通らないといけません。お金を貸す業者は当然返済してもらえることを前提として貸しているので、お金を貸す相手に返済能力がどれだけあるかということを審査では重視しています。障害者の方の場合は、国からもらえる障害基礎年金が主な収入源となっている場合が多くあります。しかしこの障害基礎年金だけだと低収入となってしまい、返済能力が低く見られるためにお金を借りにくくなってしまいます。障害者の方の中には働きたくても働けないといった事情を抱えている方も多く、こういった方々が低収入でなおかつお金を借りにくいという現状は、なかなか改善されていないのが現状です。

障害者がお金を借りることができる

金融機関相手に返済能力がしっかりあることさえ確認できれば、誰にでもお金を貸してくれます。それは障害者の方にとっても同じことで、安定的な収入があることを示すことができれば障害者の方でもお金をぐっと借りやすくなります。障害者の方の場合は働いた賃金が低くおさえられてしまうこともありますが、障害基礎年金と合わせて安定的な収入が一定額あれば、お金を借りることができるようになります。また障害者の方には障害基礎年金の他にも色々な補助金が認められることも多いので、こういった補助金の制度もしっかりと活用していくことが大切です。

 障害者がお金を借りれる条件

安定した収入がある

障害者の方がお金を借りられる条件としては、「安定した収入がある」ことが第一の条件です。この安定した収入は、まずは障害基礎年金が考えられます。あとは低額でもよいので働いて賃金が得られるような生活を続けているなら、お金を借りる際の信用度も高まります。

友人知人から借りる

障害者の方がお金を借りる方法として手障害者の方がお金を借りる方法として手軽なのは、友人や知人から借りるという方法です。友人知人なら金融機関のような審査はありませんし、お金を借りられる場合も多いでしょう。ただし友人知人だからといって返済を曖昧すると信用を失ってしまうので注意しましょう。軽なのは、友人や知人から借りるという方法です。友人知人なら金融機関のような審査はありませんし、お金を借りられる場合も多いでしょう。ただし友人知人だからといって返済を曖昧すると信用を失ってしまいます。

障害者がお金を借りる方法

生活福祉資金貸付制度

全国の社会福祉協議会では、「生活福祉資金貸付制度」と呼ばれる貸付けを受け付けています。障害者の方に向けた貸付けの条件は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方が属する世帯、となっていることがほとんどです。また他には低所得だったり高齢世帯だったりといった条件もあり、条件によって貸付額も変わってきます。これらの条件に複数に当てはまるようになったら、変更の申し込みをしてみるとよいでしょう。申し込み場所は、住んでいる地域の社会福祉協議会です。窓口に直接行っても良いですし、障害で直接出向くことが難しい場合にはまず電話で相談すれば、自宅まで職員の方が来てくれるように申請することも可能です。

独立行政法人福祉医療機構

独立行政法人福祉医療機構では、年金を担保としてお金を貸付ける事業を行っています。年金が担保なので信用力はとても高いのがメリットです。借りたお金の返済方法は、担保として登録された年金から直接差し引かれることによって行われます。独立行政法人福祉医療機構が、年金の支給期間から直接返済金を受け取る仕組みになっています。年金の支給は一般的には偶数月に行われるので、この時にあらかじめ決めておいた金額が、自動的に返済として差し引かれることになります。返済額の上限は年金の支給額の3分の1(下限は1万円)となっていて、多額の金額が差し引かれるわけではないので心配は要りません。無理のない範囲での返済ができるのがこの制度のメリットです。

 障害者が金融機関で借りれる条件

安定収入

障害者の方が金融機関からお金を借りる時の条件としては、やはり安定的な収入がどれだけあるかということです。障害があっても安定した収入があればあるほど金融機関からの借入がしやすくなるので、働く環境が整っているなら金融機関に審査を申し込むのも良い方法です。

契約内容を把握できる

レイクのような金融機関でお金を借りる場合は、本人が契約内容をしっかりと把握できることが必要です。 公共団体の貸付制度では障害者ご本人の契約が難しい場合でも、ご家族のサポートがしっかりあればお金を借りられるケースが多くあります。しかし一般の金融機関の場合は障害者ご本人の契約が必須なので、障害が重く意思疎通が難しい場合はハードルはかなり高くなっているといえます。自分で契約ができ安定収入が一定以上あるなら、金融機関での借入もスムーズに行えるでしょう。

家族と一緒に暮らしていて連絡が取れる

障害者の方がレイクのような金融機関でお金を借りる場合は、「家族と一緒に暮らしていて連絡が取れる」という点も重視されます。障害者の方はその症状が変化していくことも多く、ご本人に急に連絡が取れなくなってしまうというケースもあり得ます。こういった場合に備えて、金融機関では代わりに連絡が取れる家族と同居しているかどうかを、重要な審査条件としているケースが多くあります。逆に言えば家族と同居していれば、お金を借りやすくなるとも言えます。一般の方の場合でも同居家族がいると信用力が上がる傾向にありますが、障害者の方の場合は更に重要視されているのが現状です。

まとめ

障害者の方がお金を借りるとなると、一般の方よりも条件が多くなってしまいます。条件の中でも安定的な収入が本人にどれくらいあるのかというのが、障害者の方にとってはかなり難しい問題です。お金を借りられるのは金融機関だけではなく公共団体でも色々と受け付けているので、そういった制度も忘れずに上手く活用していきましょう。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事