アイフルの返済方法は様々な方法があり、ニーズに合わせて選択することができます。返済を忘れそうな場合には自動引き落としの口座振替やコンビニATMでも返済可能です。セブンイレブンやローソンATMでも返済できます。

アイフルの返済額

アイフルでの返済額については公式サイトでシュミレーションを行い、その目安を知ることができます。特に月の返済額を指定してのシュミレーションが出来るので、返済できそうな金額を入力してシュミレーションを行うと良いと思います。また借り入れ後に一括返済もできます。早期一括返済のメリットはその分の利息がかからない点にあります。

アイフル返済方法

アイフルの返済方法は振り込み、アイフル店舗/ATM、口座振替(自動引落)、提携先/ATM、コンビニの5つがあります。振り込みは全国の金融機関の窓口・ATMからの振り込みです。アイフル店舗/ATMは直接店舗での返済です。口座引き落としは口座を指定しそこから引き落とされるやり方です。提携先/ATMはセブンイレブンやイオンなどの提携先のATMから返済する方法です。コンビニからも返済可能です。

アイフルの返済日

約定日制は月の最初から終わりまで、都合の良い一定日を返済日として指定出来ると言う仕組みになっています。返済期間は指定した返済日までの10日間となっており、返済日に返済しなくても大丈夫です。給料日などに設定しておくと良いと思います。サイクル制では返済した翌日から35日後に次回の返済日が来ると言う仕組みになっています。

アイフルの返済日遅れそうなとき

アイフルの返済に遅れそうな場合はアイフルに直接電話連絡を行います。そこで返済についての相談をオペレーターと行い、次回の返済や返済計画を練り直していくことになります。早め早めの対応が大切になってきます。

アイフルの返済まとめ

アイフルでは様々な返済方法を用意しており、自分に合ったやり方を選ぶことが大切だと思います。シュミレーションを行い無理のない返済計画を組むことが大切だと思います。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事