キャッシングをしようとした際にどこでお金を借りるか悩みますよね。

審査に通過できるか不安な人は、どうせなら審査の通過しやすいカードローンで借りたいと思っているかもしれません。

この記事では、審査が甘いキャッシング会社について詳しく見ていきたいと思います。

審査が甘いキャッシングにはご注意を

キャッシングやカードローンを利用したいと思っている方の中には、審査に通過することをより重視しており、審査が甘いと言われている金融機関を探していることでしょう。

しかし、堅実な会社の審査を実際に受けてみると、審査はそこまで甘くはないことはよく分かるかと思います。

大手の消費者金融や、信販系、銀行カードローンなどで取り扱われている借入は基本的には厳しい審査基準を設けており、それらを通過できなければお金を借りることはできません。

しかし、これは自分たちの会社を守るためでもありますが、逆に言えば私たち利用者を守ることにも繋がります。

審査に落ちる、ということは要するにあなたには返済能力が無いと伝えてくれていることでもありますので、審査に落ちるのであればその原因を究明するか、借入自体を諦めた方がいいです。

逆に、審査が甘いと言われている金融機関ならば、審査に通過できるかもしれないとそのような金融機関を探していると、

「審査が甘い」

と謳っている悪徳業者にいずれ捕まってしまうこともあります。

つまりは、審査に甘い金融機関などは存在しないのです。

あっても、それはただ単にだますつもりで書いている看板のようなものですので、そのようなキャッシング会社などには十分に注意を払わなければなりません。

信用情報に傷がある人はまず通過しない

そもそも、審査に落ちている理由はいったい何なのでしょうか。

個々人によって様々な事情があるかと思いますが、何度も何度も審査を申し込んでいるのに、一度たりとも審査に通過したことが無いと言う方ならば、信用情報に傷がついている可能性が考えられます。

信用情報はCICやJICCと言った信用情報機関が管理している、キャッシングやクレジットカードに関する個人情報のことを指します。

キャッシングの審査の際にはこの信用情報を必ず確認し、その人の信用情報の中から、事故情報を調べます。

この事故情報に当たるのは、自己破産などの債務整理や、3ヶ月以上の長期延滞で保証会社の保証履行を受けていることなどが該当します。

もしも、この事故情報が記載されているのであれば、確実に審査に通過することはありません。

信用情報は千円ほどの手数料で、CICやJICCなどから取り寄せることができますが、そちらを見てみると、過去に債務整理などの金融事故を起こしていると、返済状況の欄に移動情報が記入されてしまいます。

もしも、記載されていれば、たとえ身に覚えが無くとも、あなたは過去に金融事故を起こしてしまっており、そのために借り入れができなくなっている可能性があります。

なお、アルファベット一文字でPやAなどと書かれていると、それは入金トラブルがあることを記載していることになります。

そちらも審査に影響を与える情報になりますので、審査に通り辛くなります。

事故情報については一定期間が経過すれば、信用情報から消されます。

ですので、お金を借りるためには、その期間が経過してからでないと、借入はできないと思っておいてください。

なお、もしも事故情報が記載されているのにも関わらず、お金を貸してくれるようなところがありましたら、そこは闇金などの可能性もありますので、十分に警戒をした方がいいでしょう。

審査が甘い消費者金融は中小消費者金融

審査が甘いキャッシング会社で借りたければ中小消費者金融がおすすめです。大手消費者金融や銀行と比べると

できるだけ審査が甘いキャッシング会社を利用したいなら、中小消費者金融を選びましょう。銀行や大手消費者金融と比較すると審査は甘いと言えるのではないでしょうか。審査が甘いと言っても、審査はしっかり行われます。また審査には通りやすい代わりに、利用限度額が低く、金利が高いケースが多いので覚えておきましょう。審査に通る可能性は高くても、もちろんいくらでも貸付してくれるわけではありません。審査で現在の借入状況や信用情報を見て、利用限度額を決定します。

審査通過率から分かるカードローンの審査難易度

銀行カードローンの審査通過率

実は銀行カードローンの審査は、銀行が行わず、代わりに保証会社を務める消費者金融や信販会社が行っています

 

銀行が保証会社に審査を依頼する理由

銀行は法人融資といった高額融資の知見はありますが、個人向け少額融資の知見はありません。個人向け無担保融資の知見を持っている消費者金融やクレジット会社と提携することで銀行カードローンの審査を行っています。

 

銀行カードローンの審査は保証会社が行っているので、審査基準は保証会社の基準に近いと推察されます。

 

もちろん、消費者金融やクレジットカード会社の審査基準も非公開ですので、厳密な審査難易度を比べることはできませんが、各社の公表している自社カードローン商品の審査通過率(成約率)から、銀行カードローンの審査難易度を予想することが可能です。

保証会社の審査通過率

以下、主要な保証業務を行っている消費者金融が提供している自社カードローン商品の審査通過率をまとめた表です。

保証会社名 審査通過率 主な提携銀行カードローン
アコム 約48% 三菱UFJ銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
アイフル 約45% 愛媛銀行カードローン
プロミス 約43% 三井住友銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン
新生フィナンシャル株式会社 約38% (※1) 新生銀行カードローン「レイク」
オリックス銀行カードローン

※1 新生フィナンシャル株式会社は自社のカードローン商品を持っていないので、代わりにレイクの成約率を載せています。

上記の表の中で、審査通過率が高いのはアコムです。審査通過率が高いということは、新規利用者の貸付に積極的と判断できるので、返済能力に問題がなければ審査通過の可能性が高いと予想できます。

金利と保証会社からメガバンクのカードローンの審査難易度を比較

実際に、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

の3大都市銀行(メガバンク)保証会社から、審査難易度を比較します。

金融商品・会社名 金利 保証会社
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% アコム株式会社
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% オリエントコーポレーション(オリコ)

※みずほ銀行カードローン:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

3社の中では、審査通過率の高いアコムが保証会社を務める三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」が、新規利用者との契約に積極的と予想できます。

三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)なので、審査難易度はちょうど中間と予想されます。

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーションです。オリコカードの審査通過率は公表されていないため数字上では比べられませんが、クレジットカード会社の保証審査は高所得者向けであるため、3社の中では一番審査が厳しいことが予想されます。

ちょうど3社の予想難易度で、易しい方のカードローン商品は上限金利が高く設定されており、難しい方のカードローン商品は上限金利が低く設定されています。

ここであげた審査難易度の比較は、あくまでも1つの参考に留めておいてください。

大手消費者金融の審査通過率

 

大手消費者金融としては、

 

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • ノーローン

 

などが挙げられます。

他には、かつては消費者金融であった、現在では新生銀行に吸収された新生銀行カードローンレイクも、サービス内容はほとんど消費者金融のものと同じになっています。

唯一違うのは、銀行法が適用されていることでしょう。こちらも比較的有名なキャッシング会社ですね。

どれも多くの方々が利用されているかと思いますが、これらの消費者金融について、よく審査に通過し易いと言われています。

しかし、上述の通り、消費者金融であっても、審査には厳しい条件が儲けられており、決して審査が甘いと言う訳ではありません。

では、なぜこれらの大手の消費者金融は審査に通過し易いと言われているのでしょうか。

銀行に比べると通過し易い

ではなぜ、消費者金融は審査に通過し易いと言われているのか、その理由を端的に述べると

「銀行と比較すると」審査に通過し易い

からです。

私たちがお金を借りる際は、ほとんど消費者金融か銀行のどちらかになるかと思いますが、消費者金融はパートやアルバイトなどであっても、安定した収入があれば申し込むことができ、申込み基準が確かに緩くなっています。

さらに言えば、銀行よりも融通が利くようになっており、融資に関してもほとんど30万円以下の小口融資が主流となっていますので、非常にお金を貸しやすいのです。

その上、長年個人に対して無担保融資を行ってきた大手消費者金融は、ノウハウとデータをかなり積み上げているために、審査にかかる時間も短く、しかもある程度は正確にどの程度まで貸し出しをすることができるかもすぐに判断することができるのです。

そのため、人によっては希望する借入限度額を得ることができないこともありますが、決して借り入れができないというわけではなく、そのこともあって審査に通過し易いとされるのです。

逆に、銀行カードローンだと金利が低く設定されており、さらに総量規制の対象とならないために、借入金額が多額になりますので、審査基準は厳しく設定されています。

なお、

  • 200万円以上の年収がある正社員の

であれば銀行カードローンに通過する可能性は高くなります。

逆に低くなると、銀行カードローンは難しく、消費者金融の方が審査に通過し易いので、そのような方は、消費者金融を利用すると良いでしょう。

保証会社と消費者金融は別物

銀行カードローンの中には、保証会社として消費者金融がついている場合があります。

その際には保証会社が審査を行うのですが、審査基準は消費者金融のものではありません。

あくまでも審査などのノウハウやデータを利用することによって、より審査を効率よく行うためのものであり、保証会社の審査基準で審査がされるわけではありませんので、勘違いしないように注意しましょう。

ちなみに、保証会社になる代わりに、消費者金融は資金を得ています。

消費者金融ならば、即日融資が可能

なお、大手消費者金融はほとんどすべて、審査が

最短30分

で済むようになっており、即日融資が行えるようになっています。

銀行カードローンは審査に時間がかかるところも多いので、もしも早くお金を借りたいのであれば、消費者金融を利用してもいいかもしれません。

なお、審査が早いのも、これまでのノウハウやで蓄積されたデータが理由となっています。

なお、大手消費者金融で即日融資をしたいのであれば、平日の15時以前であれば、振込によってお金を借りることができ、15時以降や土日などの銀行が営業していない時間であっても、自動契約機でカードを発行して、ATMにて借入をすることが可能です。

さらに、ネットからも申し込みを行っており、事前にネット申し込みをしておくと、借入までの時間をかなり短縮できるようになりますので、急いでお金を借りたいのであれば、検討してみることをおすすめします。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事