パート・アルバイトでも借りる

パートやアルバイトの方でも急な金策のためにカードローンを利用できると心強いですよね。 意外かもしれませんが、パートなどの非正規でもカードローンの審査を通過できるのです。 審査に合格するポイントは「毎年安定した収入があること」と「勤続年数」、つまり普通にパートをしていれば借りれます。 この記事ではパートやアルバイトの方がカードローンに申し込む際に知っておきたいことを解説しています。 具体的な内容は次のとおりです。 ・パートやアルバイトはいくらまで借りれるのか? ・パートやアルバイトが審査を通過するために気をつけること ・審査の合否を分けるポイント ・パートやアルバイトでカードローンを利用している人の口コミ

パートやアルバイトはどのくらいのお金を借り入れできるか?

パートやアルバイトだと借入限度額が特別少ないようなイメージがありますが、消費者金融を利用して借入をする場合は職業によらず借入限度額は年収の3分の1と決められています。 例えば前年の収入が90万円だったなら、借入額の合計は最大でも30万円までです。

しかしこれは法律で定められた上限額であり、消費者金融で実際に借入できる額はこれより少なくなる傾向があります。 特にアルバイトなどの非正規社員の場合は借入上限が30万円であっても、最初は5万~10万円までしか借りれないのが一般的です。 また、消費者金融の審査では勤務年数が重要視されます。勤めて間もない方であれば勤務実績が無いので審査には相当不利になります。せめて勤務期間が半年を過ぎるまで待ってから申請してください。

パートやアルバイトが審査を通過するポイントとは?

パートやアルバイトというだけでカードローンの審査に落ちるということはありません。 しかし、いくつかのポイントを押さえておくと審査を通過しやすくなります。 まずカードローンの申し込み用紙に記入する借入希望額は10万円以下にしてください。 信販会社の信頼を得るまでは多額の借入は難しいので借入額を低くして申請することで審査にパスしやすくなるのです。

次に重要なのは他に契約しているカードローンが無いということです。 いくつものカードローンを利用している方は審査をパスしにくい傾向があります。 これは多重債務のリスクを抱えていると判断されるためです。 利用していないカードローンがあるなら事前に解約することをおすすめします。

パート・アルバイトの人が審査に通る場合と、通らない場合の違いとは?

同じ勤務先でアルバイトをしているのにカードローンの審査に通る人と通らない人がいます。 落ちた方は納得いかないでしょうが、様々な原因が考えられます。 まず、同じ勤務先でも勤続年数が短いと審査に落ちやすくなります。 その他には複数のカードローンを利用していたり、契約の際に年収や家族構成に虚偽があると審査をパスするのが難しくなります。 過去に使っていた消費者金融で支払いの滞納などの金融事故を起こした経験がある場合は、まず審査を通過するのは無理です。 逆にカードローンの利用が初めてだと審査に通りやすいです。

バイトやアルバイトでカードローンを利用した人の口コミ

口コミその1

アルバイトでも対応は同じです 電話での借入でしたが対応してくれた男性は大変丁寧に対応してくれました。アルバイト相手だと横柄な態度になるかなと思ったのですが、そんなことはありませんでした。シフトがバラバラなバイトですがコンビニで返済できるので助かります。

口コミその2

・最初の借入額はやはり少なめ 年収から考えたら40万円まで借りれる計算なんですが、実際は10万円しか借りれませんでした。 アルバイトの給料だと借入額はあまり期待できませんね。年収が増えたら増額を申請してみたいです。

口コミその3

・大手でもアルバイトに貸してくれる 病気の通院費用が足りなくなったので急遽利用しました。年収は60万円ほどでしたが8万円借りることができ、問題なく支払いを済ませることができ安心しています。アルバイトだから金利が高くなることもなく、毎月2千円を返済すれば問題ないそうなので、アルバイトの私にも問題なく返していけそうです。夫に迷惑をかけることなく済みそうで良かったです。

パート・アルバイトのお金の借り方まとめ

パートやアルバイトでも年収と勤続年数さえ問題なければ、カードローンを利用することができます。 年収が50万円以上あり、勤続年数が半年以上あれば5万円までは借りられるでしょう。 さらに借入額を増やしたい場合は年収を上げて、借入額をしっかり払い終えることが重要です。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事