アプリでお金を借りる「プロミスのアプリローン」はどんなサービス

プロミスのアプリローンはプロミスのローンの専用アプリを使います。カードや契約機がなくスマホの専用アプリだけでお金を借りることが出来ます。書類を出すのも手続きも全て専用アプリで行い契約し、セブン銀行ATMを使ってお金を借ります。お金を借りるだけではなくクーポンも一緒についており、クーポンを使いながらお金を借りるという2つ同時のメリットがあります。だから契約機から場所が遠くても今すぐに遠くに出かけられない人でも簡単にプロミスのアプリからお金を借りることが出来て、お金を一時的に使用することが出来ます。

プロミスアプリローンのメリット

プロミスの自動契約機や店頭窓口への来店が不要

プロミスのメリットは先ほども説明した通り、1つは契約機や直接窓口に行かなくても利用出来るメリットがあります。毎日仕事で忙しい人、毎日家庭の家事で忙しい人も少し時間を作るだけで借りることが出来ます。セブンイレブンにはセブン銀行があり目立つATMが置いてあります。このセブン銀行と今ダウンロードした専用アプリを使ってお金の出し入れを行い、お金を借りることが出来ます。セブンイレブンなら田舎に行ってもあるところが多いし、セブン銀行のATMもあるところが多いです。だから田舎から電車で行かなければいけないという悩みはバスを何時間も待つというデメリットはなく、セブン銀行さえあればスムーズにお金の出し入れをすることが出来ます。

即日融資が受けやすくなる

プロミスのアプリローンのメリット2つ目は、即日融資が簡単に出来ることです。理由は保証人や担保人がいらないため、自分の収入が安定していればそれだけで借りることが出来ます。年齢も20歳から69歳、本人確認は運転免許証だけで済みます。本来お金を借りる場合は本人確認は運転免許証だけではなく、必要な書類がいくつかあります。プロミスのアプリローンなら運転免許証だけで済むし、あまり人に知られない状態で借りることが出来ます。実際にセブン銀行の画面を横から見ているのはセブンイレブンのカメラだけだし、親や自分の血が近い人に知られることも少ないです。

カードレスでATM取り引きができる

メリット3つ目は、カードがいらないことです。カードがあるとカード発行料がいるところもあるし、場合によっては大事なカードをなくしてしまうこともあります。カードが最初からなければスマホをなくさずに持っていればいいし、スマホを見ているだけでお金が出し入れ出来る状態だとは誰も思わないため安心して行動が出来ます。

郵送物がいらない

メリット4つ目は、郵送物がいらない点です。郵送物があると向こうに届くのに日にちがかかるし、こちらの手元に届くのにも日にちがかかります。今すぐお金が欲しい人もいるのに、日にちがかかると困ってしまう人も中にはいます。郵送物がいらない分スマホの専用アプリだけで契約がいるし、契約もすぐ出来るからお金をすぐ借りることが出来ます。郵送物があると郵便切手代もいるし、お金がかからないようで意外とかかってしまうのが落とし穴です。

スマホだけで申し込み~借り入れまで完結

メリット5つ目は、スマホだけで全てのことが出来るという点です。お金を出し入れするにはセブン銀行に行かなければいけないし大変だと一瞬感じますが、お金の出し入れ以外はスマホで全て出来ます。審査や契約、本人確認も基本的にスマホで行います。スマホからはQRコードもあり、QRコードを読み取りながら分かりやすくお金を出し入れすることも出来ます。スマホのアプリからはお金の出し入れしたのを三井住友VISAプリペイドにスマホのみでチャージすることも出来ます。このアプリはお金を借りるだけではなく、お金を返すことも出来ます。だから最初から返すところまで店頭に行く必要はなく、全てのことがスマホとセブン銀行を使って行うことが出来ます。

プロミスのアプリローンにはデメリット

プロミスアプリローンはメリットばかりではなく若干デメリットがあります。利子は幅広く金額が大きいと17.8パーセント分余分に返す必要のあるものもあります。利子は安い金額では4.5パーセントですが、返す金額が必ずしも小さいわけではないため、注意が必要です。返すお金に関しては障害年金からも直接差し引きされます。だから働いていないけれど障害年金を貰っている人は、お金がすぐ出ていくので要注意がいります。借りられるかどうか心配な人はプロミスのアプリローンのページにお借入れシュミレーションやご返済シュミレーションがあります。。

利用できるATMがセブンイレブンATM

プロミスのアプリローンには他にもデメリットがあり、最大の難関がセブンイレブンに行かないといけないということです。確かに都会や田舎にはセブンイレブンが出来始めていますが、田舎だとようやく出来たところがセブンイレブン1店舗目だとすると、この1店舗が潰れてしまうとセブンイレブンに行くのが遠くなります。セブンイレブンを利用するのが便利だからと思っていてもセブンイレブンのセブン銀行がなければお金の出し入れも難しくなります。どこにでもありそうなセブンイレブンですが、セブンイレブンがないところはプロミスアプリローンを利用するのも交通費などに負担が増す一方になります。契約するときは自分の近くのセブンイレブンがあるかどうか、これからも潰れないかどうか確認してから専用アプリを利用する必要があります。

メンテナンスの時間もある

プロミスのアプリローンにはメンテナンスの時間があります。インターネットの銀行と同じことが言えますが、メンテナンスがあるとセブン銀行は使えず、メンテナンス時間はお金がおろせない状態になります。例えば手数料が変わる理由のメンテナンス、変更する箇所が多いメンテナンスの場合、1日だけではなく3日程度メンテナンスを行う可能性もあります。いつでもお金は出し入れすることが出来ますが、唯一出来ない時間がメンテナンスをしている間になります。

アプリローンを利用するための条件

アプリローンの条件はプロミスのカードローンと同じように、24時間いつでも借りることが出来ます。カードローンと同じところは他にもあり、インターネットを使って出し入れすることが出来ます。アプリローンの場合はインターネットの代わりにアプリになり、これとセブン銀行ATMが加わります。利子率も全く同じで4.5パーセントから17.8パーセントの間になります。カードローンと同じように申し込みには本人確認として運転免許証のみが必要になり、運転免許証があれば基本は他の証明書は必要ありません。保証人や担保がいらないところも全く同じです。

スマホ端末とメールアドレスが必須

アプリローンを利用するにはもう1ついるものがあります。スマホももちろん必要ですが、もっと肝心なものはメールアドレスです。インターネットやスマホがある人は基本メールアドレスを持っている人が多いです。ただし大事な内容も含まれているためセキュリティのあるメールアドレスや信頼性のあるメールアドレスをおすすめします。セキュリティがないともし番号や大事なことが書かれたメールが来ると悪用される場合があります。電子メールアドレスもいいですが、自分にとって不安のないもの、セキュリティとしても安全なメールアドレスを使用するのがいいです。

アプリローンの審査申し込み流れ

アプリローンは最初は申込シュミレーションや審査シュミレーションを行い、次は審査契約をします。審査の前にはフォームに入力し本人確認をします。審査の後はスマホを見てセブン銀行にも行き、お金の出し入れを行います。これが1番簡単な方法ですが、セブン銀行がまず自宅の近くにあるかどうかチェックしてから行くことをおすすめします。セブン銀行やセブンイレブンがない場合はどうするかどうか考えてから申し込むようにします。

審査結果のシミュレーション

先ほども説明したように審査結果のシュミレーションが公式サイトにあります。公式サイトの審査結果シュミレーションを行うと自分はどれだけ借りたらいいか判断の材料になります。ここで借りることが難しいと思えば諦める方がいいし、出来ると思えば次のことに進みます。無理をするとお金を返すのに大変になるため、慌てずよく考える必要があります。

借入診断結果の画面から申込方法を選択

審査結果のシュミレーションから借入診断結果の画面から申込方法を選択します。普通に申し込むよりは結果と照らし合わせながら作業をした方が分かりやすくなります。自分にあった申し込み方法はあるか、どの金額を借りればいいのかよく考えます。考えたら次の作業に進み、書類提出や本人確認、審査をします。審査をする前のシュミレーションも意外と重要なものになります。

借入申し込みの受付・審査の開始

アプリローン審査をするにはまず契約する前に本人確認を行います。専用アプリをダウンロードし、書類を提出します。書類を提出する前に新規お申込みをします。審査に関しては少し時間がかかり、早くて1時間かかります。遅い場合はもう少し時間がかかり、審査の時間を見る必要があります。審査が終わると審査完了通知が届きます。基本的に収入がある人が行うため、収入が安定しない人は審査から外れる場合もあります。絶対返してくれるということが分かれば審査に通ります。

審査結果の連絡

審査結果はどうしても少しは時間かかるため、慌てず待つことが大切です。審査結果は当たっても外れても通知は来ます。通知が来たら確認して結果を見ます。結果を見て当たった場合はすぐセブン銀行に行くことが出来るし外れたらお金の借り入れに関してはセブン銀行を利用することが出来ません。セブン銀行が遠い人は結果をよく確認するようにします。

Webで契約手続き(書類提出)

申し込みはアプリだけではなくインターネットから行うことが出来ます。パソコンからも申し込みすることが出来て、アプリローンのサイトの右上から新規申し込みをして申し込むことが出来ます。簡単入力とフル入力のどちらかを選び、次に進みます。フォームに入力して書類の手続きを行う方法で、普段インターネットをする人はこちらの方が簡単な場合もあります。

Webで契約手続き(在籍確認)

インターネットから契約する場合は在籍確認がいるものもあります。フル入力は全く在籍確認が必要ありませんが、簡単入力をした場合は在籍確認が必要です。簡単入力で入力した電話番号にすぐ出れば在籍していることになるし、すぐ出なければ対象外にされることもあります。すぐ出られるようにスマホや携帯電話の番号にするのがおすすめです。

アプリローンによる借り入れ

アプリローンは上記で解説した通り、セブン銀行を使います。アプリにある緑のボタンのスマホATM取引をクリックし、次にスマートフォンでの取引をクリックします。次は入金なのか出金なのか選び、先ほど表示されたQRコードを読み込みます。読み取ると番号が書かれているから、番号をセブン銀行に入力して先に進めます。

プロミスのアプリローンで借りたお金を返済する方法

返済する場所や方法はいくつかあります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、コンビニ等で出来ます。他にも銀行振込をすることも出来て直接返済することも出来ます。返済をするにはインターネットに接続し、会員ログインのボタンからログインして返済をクリックします。返済はきちんと期日があるので守って返す必要があります。期日を守らないとお金は借り入れすることが出来なくなるし、信用性にも欠けてしまいます。

プロミス公式アプリには借り入れ以外の機能

提示するだけで使える「アプリdeクーポン」

アプリdeクーポンとはアプリローンの専用アプリにある独特のクーポンです。アプリdeクーポンをすると会員向けの優待サービスや割引サービスがあります。例えば施設が割引になったり、食事場所が割引になったり旅行が若干安くなったりします。もちろんクーポン目当てで登録するのはいいですが、返済することも忘れないようにするのも大切です。

借入残高、返済金額などを簡単照会

プロミスのアプリにはお金を借りるだけのシンプルな機能だけではなく、借入残高、返済金額などを簡単に分かるように表示出来るボタンもあります。公式サイトやインターネットにログインするのもいいですが、インターネットにはなくアプリ独自の機能も様々あります。返済金額が簡単に分かると後どれだけ返せばいいか忘れずに済みます。

店舗・ATMを検索

プリミスは店舗やATMを検索することが出来ます。だからアプリを利用している人で出かけ先でお金が欲しい人にとっては便利です。店舗かATMがあれば借りることが出来るし、違う場所に行ったときも同じように検索出来るところが便利です。アプリだから簡単に起動出来て欲しい情報がすぐに探せるところが便利な機能の1つです。

プロミスの返済シミュレーション

プロミスには申し込みシュミレーションではなく、アプリには返済シュミレーションがあります。返済シュミレーションを使うとこれからどういうふうに効率よくお金を返していけばいいかすぐに分かります。今お金や生活が若干安定していないときに返済シュミレーションを使うと便利です。返済がシュミレーション通りに出来ればいい機能になります。

三井住友VISAプリペイドへ振込キャッシングでチャージ

先ほど若干説明もしましたが、アプリは三井住友VISAプリペイドへ振込キャッシングでチャージすることが出来ます。この方法はスマホだけで出来ます。だから今手元にお金がないしセブンセブンイレブンも遠くて困っている場合、このチャージの方法が使えます。セブンイレブンが近くにある人は特に何もない機能かもしれませんが、人によってはとても便利な機能になります。

まとめ

お金がないと生活するのも大変です。だからといって食費もなく生活が苦しいのも大変だし仕事をしていても収入が今安定していないのも大変です。収入が安定していると借りられやすいですが、アプリローンで診断してみる方法も1つはあります。

jibunn-ginko

puromis

banquik

acom-2

 

おすすめの記事